アシガールスペシャルSP2018のネタバレと結末!原作あらすじの見どころは?

アシガールSP

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです♪

天皇誕生日の振替休日にあたる2018年12月24日(月・祝)にNHK総合とBS4Kで放送される事が決まったスペシャルドラマ『アシガールSP』を大特集!

2017年秋クールにNHK総合の土曜時代劇ドラマ枠で放送され、時代劇×ラブコメという奇抜な組み合わせが大きな話題になった『アシガール』の続編となる『アシガールSP』はどのような作品になるでしょう?

ここでは、スペシャルドラマ『アシガールSP』の原作あらすじ見どころ結末など、気になる情報を一気にご紹介しながら、作品の魅力をとことん深掘りしていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

アシガールSP(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『アシガールSP』の原作あらすじをご紹介します。

学業優秀な弟が制作したタイムマシンに乗り、全国各地で争乱が起きている群雄割拠の戦国時代へとタイムスリップした俊足の女子高生・速川唯(黒島結菜)

現代と戦国時代とのギャップを感じながらも、持ち前のポジティブさを全面に出す事で様々な困難を乗り越えていく最中、若き武将・羽木忠清(伊藤健太郎)に一目惚れした速川唯は、足軽として活躍しながら、羽木忠清との仲を深めていきます。

紆余曲折ありながらも、羽木忠清と婚約する事になり、ウキウキした気持ちを隠し切れないでいる速川唯でしたが、羽木家と深い因縁の高山宗鶴(村田雄浩)相賀一成(西村まさ彦)の命で速川唯たちの目の前に現れ、戦を仕掛けてくるのでした…。
 

アシガールSP(ドラマ)見どころ

ドラマ『アシガールSP』の見どころをチェックしていきましょう。

連ドラ時代の最終回で結婚間近という雰囲気になった速川唯と羽木忠清でしたが、あらすじのコーナーでご紹介した通り、新たに登場する敵役・相賀一成の出現により、2人は再び激しい争乱に巻き込まれてしまいます。

原作の内容を確認してみたところ、速川唯は現代と戦国時代を行き来する中、タイムマシンが壊れてしまって戦国時代に戻れなくなったり、恋仲になった羽木忠清の寿命が判明したり、と様々なトラブルに遭遇する事になっています。

連ドラ時代よりも厳しい試練に立ち向かう事を強いられながら、厳しい試練を乗り越える事で速川唯と羽木忠清の関係性がより強まっていく、というラブコメ作品の王道をいくような展開を見せるところが大きな見どころですので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

アシガールSP(ドラマ)結末

ドラマ『アシガールSP』の結末はどのような展開になるのでしょう?

『アシガールSP』の原作漫画がまだ完結していない状況ですけど、連ドラ時代の最終回と同様に、速川唯と羽木忠清の距離感が近くなったところでクライマックスを迎える、という続編制作を想起させるような結末を描くのでは?と予想しています。

ストーリーのクライマックスで「続編制作決定!」という嬉しい情報が出てくる可能性も十分ありますから、固唾を呑みながらストーリーの行方を見守っていきたいところです。
 

アシガールSP(ドラマ)原作・脚本

ドラマ『アシガールSP』の原作者脚本家をご紹介します。

原作者:森本梢子

仲間由紀恵さん主演で連ドラ化された『ごくせん』や、綾瀬はるかさん主演で実写映画化された『高台家の人々』など、大ヒット作を次々に生み出している森本梢子さん。

今回ご紹介しているドラマ『アシガールSP』の原作漫画は、月刊漫画雑誌・ココハナの代表作として好評連載中なので、『アシガールSP』以降の原作漫画の展開にも注目が集まりますね。


アシガール Blu-ray BOX(特製ポストカードセット+オリジナルA4クリアファイル付き)

【主な原作作品】

  • 研修医なな子(1994年~1995年)
  • ごくせん(2000年~2007年)
  • 必殺動物部(2007年)
  • デカワンコ(2008年~)
  • 高台家の人々(2013年~2017年)

 

脚本:宮村優子

速川唯役・黒島結菜さんがブレイクするきっかけとなった大河ドラマ『花燃ゆ』など、数多くの人気作を手掛けている宮村優子さんが、連ドラ時代に引き続いて『アシガールSP』のメイン脚本を担当します。

【主な脚本作品】

  • 君の名は(1991年4月~1992年4月)
  • ぴあの(1994年4月~10月)
  • 春よ、来い(1994年10月~1995年9月)
  • 花燃ゆ(2015年1月~12月)
  • 相棒シリーズ14・15(2016年)

 

初めましての方も、お久しぶりの方も。ようこそアシガールの世界へ!

視聴者の皆さまの熱い声援に支えられ、走りだけが取り柄の平成の女子高生唯と、戦国時代を生きる若君忠清さまの時空を超えたラブストーリー、再びお目見えとなりました。

スタッフのひとり、そしてアシラバ(アシガールラバーズ!)のひとりとして厚く御礼申し上げます。また、連載で未完の物語を脚本執筆するにあたっては、原作者・森本梢子氏からいただいた何枚にもわたるイラスト入りの詳細なメモにも大感動。

ドラマの唯や若君とともに、このチャーミングな世界をできるだけ「真空パック」できるよう、新旧スタッフ一同、一丸となって「励め」とばかりに気合い入れてみましたっ。

歴史の教科書には載っていなくても、唯も若君も、じいも、お袋さまも、兄上さんも、高山の熊も足軽軍団も、みんなみんな生きております。皆さまにお目にかかるのを心から楽しみにしております。

前にも増してふたりを愛しく思っていただけたら。それではクリスマスの夜に。しゃっ。

引用:アシガールSP | NHK 特集ドラマ

 


スポンサーリンク


 

アシガールSP(ドラマ)基本情報

アシガールSP〜超時空ラブコメ再び〜
2018年12月24日(月)放送
NHK総合 午後9時~午後10時30分
NHK-BS4K 午後5時~午後6時40分

原作 :森本梢子『アシガール(集英社ココハナにて連載中)』
脚本 :宮村優子(大河ドラマ『花燃ゆ』『相棒』)
音楽 :冬野ユミ(ドラマ『徒歩7分』『中学生日記』)
演出 :伊勢田雅也(朝ドラ『ちりとてちん』大河ドラマ『江~姫たちの戦国』)
制作統括:陸田元一(ドラマ『あなたにドロップキックを』『そろばん侍』)
土屋勝裕(ドラマ『フェイクニュース』『スニッファー 嗅覚捜査官SP』)

NHK総合よりも10分ほど放送時間が長いNHK-BS4K版では、NHK-BS4Kでしか見られないスペシャルコンテンツを放送する事になっていますので、NHK-BS4K版での視聴をおすすめします

また、『アシガールSP』放送前日にあたる2018年12月23日(日)には、『唯&若君 時空を超えた恋のキセキ!(午後4時30分~午後5時55分)』という振り返り特番の放送も決定していますので、どうぞご期待ください!

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!