僕の初恋をキミに捧ぐ1話のあらすじネタバレと感想!野村周平と桜井日奈子の純愛ラブストーリー

僕の初恋をキミに捧ぐ

アロハ〜ハワイ移住を計画中のラニです♪

土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日)1が1月19日に放送されました。

主人公は2人の高校生。垣野内逞(かきのうちたくま・野村周平)種田繭(たねだまゆ・桜井日奈子)

同じ高校に通う幼なじみの2人。逞のことが大好きだと追いかける繭に対し、本当は好きだけど繭に冷たく当たる逞。

逞が繭を避ける理由は、逞が子どもの頃から持つ心臓の病気だった・・!

一途で真っ直ぐな2人、野村周平と桜井日奈子の切ないスクールラブストーリーが始まる!

今回はそんな『僕の初恋をキミに捧ぐ』第1あらすじネタバレと、感想・考察について紹介します。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』を見逃してしまった場合は、
ビデオパスの無料視聴をご利用ください。


動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

僕の初恋をキミに捧ぐ1話のあらすじ

18歳の垣野内逞(野村周平)は、写真館に来ていた。カメラを向ける店主に写真の用途を聞かれるが「何となく」と応え、満面の笑みでピースサインを出した――。

時は遡り、逞が8歳の頃。病院に入院している逞のそばにはいつも、同じ年の女の子・繭(桜井日奈子)がいた。ある日、病室を抜け出して訪れた夜の公園で、逞と繭は夜空を仰ぎながら結婚の約束を交わす。自分たちには未来があると信じて、疑わずに…。

それから7年後。15歳になった逞は、名門・私立紫堂高校に入学。新入生たちに向かって「学園生活をエンジョイしようぜ!」と叫ぶ生徒会長・鈴谷昂(宮沢氷魚)の挨拶に驚く逞だったが、次に新入生代表の挨拶で壇に上がった女子生徒の顔を見て、さらに驚がくする。なんとその女子生徒は、かつて星空の下で結婚の約束をした、幼なじみの繭だったのだ! 全校生徒を前に壇上から大声で「この私から逃げようなんて百万年早いのよ!ぜっっったいに、逃さないからね!」と逞へ向け宣言する彼女は…誰よりも会うのを避けていた大切な初恋の人物なのだった。

隠れて猛勉強してまで自分を追いかけてきた繭に対し、逞は戸惑いを隠せない。泣かせたくない大事な女の子との関係を「せっかく終わりにするって決めたのに」。小さい頃に偶然聞いてしまった自分の命のタイムリミットについての記憶が、逞の頭の中でまたよみがえるが…。
引用:僕の初恋をキミに捧ぐ1話あらすじ

 


スポンサーリンク


 

僕の初恋をキミに捧ぐ1話のネタバレと感想・考察

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』第1ネタバレ感想・考察をご紹介していきます!

入学式の壇上で叫ぶ美少女、種田繭

主人公のひとり、垣野内逞(野村周平)
今日は、逞が入学する私立紫堂高等学校の入学式だ。

最初に隣に座った奴と友だちになる、そう決めて空いている席を探す逞。

偶然空いていた席を見つけ、着席。

隣に座っていたのはメガネをかけ、おとなしそうな男子高校生・鈴谷律(すずやりつ・佐藤寛太)

話しかけてみたら優しそうな青年で、逞と律は友達になることができた。

入学式が始まり、校長先生の固いお話しが終わる。
次は在校生代表として生徒会長・鈴谷昂(すずやこう・宮沢氷魚)の挨拶だ。

「新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。」

生徒会長らしい挨拶が始まるかと思いきや、鈴谷昂は制服のジャケットを脱ぎ、ヒョウ柄のコートを着直して叫ぶ。

「学園生活をエンジョイしようぜ!」

体育館の外からは、ファンクラブのような女子高生達の黄色い声が。

言葉を失っていた垣野内逞だったが、この生徒会長・鈴谷昂は、隣に座る鈴谷律の兄だと知る。

「すごいお兄さんだね。」

続いて、新入生代表挨拶。

壇上したのは種田繭(桜井日奈子)

逞の幼なじみだった。

「え・・・?何で繭が・・・?」

壇上の繭が真剣な挨拶をしていた・・
と思ったら突然!

「そこの垣野内逞くん!いや、バカ逞!」

逞の方を指差し、大声で叫んだ。
会場はざわめく。

逞はあきれ顔だ。

「まんまと逃げたつもりかもしれないけど、このあたしから逃げようなんて百万年早いんだから!覚悟しておきなさい!ぜっっったいに、逃がさないからね!」

体育館から立ち去る垣野内逞。

「待ちなさい!」

種田繭も追いかけ、二人は体育館の外へ。

逞は幼なじみの繭とは離れるために、家からも遠く、そして繭の成績では入学できないこの学校を選んで進学していた。

中学時代にその事実を逞の母・垣野内えみ(石田ひかり)から聞いた繭。

逞を追いかけるため、猛勉強をしてこの学校に入学したのだ。

「何でそこまで・・。」繭に冷たく当たる逞。

「だってあたしたちは、」
と言いかける繭の言葉も遮り、

「俺たちは、なんだよ!!・・いい加減にしろよ。」
と逞は繭に怒鳴りつける。

その様子を見ていた律がやってきた。

「あの、垣野内くんが彼女に追われてるのはわかったんだけど、なんで?ストーカー?」

冗談半分の律に対して逞は、

「そんなとこかな。」と答えた。

繭は必死に否定するが、それでも逞は冷たく、そのまま立ち去ってしまった。

立ち去る逞の背中を見つめながら繭は思う。

(今日から3年間、逞と一緒。3年で私に何が出来るだろう・・。)

立ち去る逞も思う。

(繭と3年間一緒か・・・。せっかく終わりにするって決めたのに。)

今、垣野内逞と種田繭の新しい学校生活が始まる。

 


スポンサーリンク


 

逞と繭の想い、そして過去の思い出

入学式から帰宅し、両親と3人で夕食をとる。

今日の入学式の話、学校が楽しそうな話、繭と同じ学校だった話・・。
笑顔溢れる家族の団らんだ。

「お母さん、繭ちゃんのこと嫌い。」
中学時代、逞の母・えみは逞にこうこぼしていたことがあった。

繭と同じ学校、と伝えても、えみからは何の反応もなかった。

対する繭の自宅は、父親は医者、母親はイタリアへ出張など共働きで忙しく、この日も繭は一人でカップ麺を食べていた。

「来週には出張から帰るから」と言う母と電話で話し、自分の部屋へ。

部屋の窓から見える星空。
ある思い出を思い出す。

小さい頃の繭と逞だ。
逞はパジャマ姿のままである。

二人で星空を見上げ流れ星に願い事をしよう、と遊んでいたが途中で逞は胸を押さえ、倒れ込んでしまう。

逞は生まれつき病気を持っていた。
元気に遊んだり、普通の生活を送ったりすることはできない幼少期だった。

同じ頃、逞は自分の胸にある大きな傷を見て考えていた。

(この傷は、いつも1つのことを教えてくれる。

俺がいると繭が泣く。俺は繭のそばにいちゃいけないんだ。)

 

生徒会長・鈴谷昂が繭の彼氏に立候補!

翌日学校は、部活動の勧誘で賑わっていた。
壁にはいろんな部のポスター。

天文科学部のポスターに足を止める逞に一緒にいた律が
「星、好きなの?」と訪ねる。

すると後ろから繭が現れ、「そう、逞は星が好きなの。」と得意げに答える。

しかし逞は「別に」と行ってしまう・・・。
逞の嘘つき!

かと思えば、数学の授業中、先生から問題の解答を求められる繭。

よそ見をしていて「わかりません・・。」となってしまった。

「こんな簡単な問題、わからなくてどうする!」と怒られてしまった。

そこで先生は、入試で数学トップだった逞に「君ならわかるだろう」と解答を求める。

逞はあえてなのか、本当なのか

「わかりません。」

と答えた。

繭のこと、助けてくれた・・?

結局、逞は数学クラブ、繭は中学からやっていた弓道部に入部。

繭は「バカ逞~~!」と叫びながらも3本打てば3本命中。腕は良い。

そこへ生徒会長の鈴谷昂が現れた。

「俺、鈴谷昂は、ただいま正式に姫の彼氏に立候補する。入学式のとき、壇上で輝く君に惚れた。俺たち、輝かしい未来に向けて共に歩んでいこう。」

繭の肩に触れた鈴谷昂の手を振り払いながら言う。

「何言ってるんですか。私には決まった人がいるんです。」

偶然通りかかった垣野内逞は思わず隠れた。

「垣野内逞くんだっけ?向こうには嫌われてるみたいだけど?」

昂の挑発的な質問に対しても繭は強気で返す。

「ご心配なく。私たちは運命で結ばれているので。」

 


スポンサーリンク


 

明らかになる塚串の過去の罪

放課後、種田繭は新しく出来た部活の友人、田村結子(矢作穗香)野村聡美(福本莉子)と駅前にパンケーキを食べに。

垣野内逞は鈴谷律と一緒に歩いて帰り、将来の夢の話をする。

それぞれ順調な学校生活のスタートだ。

逞が駅の近くに着いたとき、お店の中で友だちと楽しそうにしている繭の姿を見つけた。

(他の女の子と楽しそうにしている繭を見て、ちょっと安心した。繭はやっぱり笑顔が良い。)

繭の様子を見て、逞はつい笑みがこぼれる。

 

種田繭の大切なものが盗まれる!

体育の授業中、垣野内逞は制服のまま見学し種田繭が走る姿を見つめる。

そんな逞のところに、突然女子生徒がやってきた。

「どーも!」

3年生の五十嵐優実(松井愛莉)がやってきた。

初対面にも関わらず五十嵐は逞に対して
「君のこと気になっちゃって。」などと言ってくる。

逞は正直わけがわからない。

そうしていると、空から何かが書かれた紙が大量に降ってきた。

その紙には
「1年A組 種田繭さんの大事なものを本日いただきに参上します。鈴谷昂」
と書かれていた。

繭もそれを拾い上げてその言葉を見るが、からかわれているだけだ、と特に気にしていない。

その日の部活の後、繭がシャワーを浴びてロッカーに戻ると、繭の荷物が全てもなくなっている・・。

空っぽのロッカーの中には1枚の手紙が。

開くと、「大事なもの、いただきました!!」の文字が。

「やられた〜っ!!」

すると、外から騒がしい声がする。
着替えを盗んだ犯人はまだ近くにいるかも!

繭はバスタオル一枚の姿で、盗まれた荷物を追いかけて校舎中を走り回る。

辿り着いたのは屋内プール。

プールには繭のお気に入りのパンツが浮かんでいた。

集まってきた野次馬たちの冷やかす声に恥ずかしくなった繭はプールに飛び込むが、身体に巻いていたタオルがとれてしまう。

周囲が一層騒がしくなる中、繭を助けようと逞が飛び込んだ。

「久しぶりに泳ぎたくなった。」

と笑って言いながら、繭を守ってくれた。

しかし逞がプールから出ようとしたとき、逞は心臓を抑えてプールサイドで倒れる。

発作を起こして救急者で運ばれてしまうのであった。

 

限りある逞の命。繭は逞の病気を治すと誓う。

病院に運ばれた逞を治療しているのは繭の父・種田穣(生瀬勝久)だった。

「お父さん、逞を助けて!」
繭の父と逞は救急治療室へ入っていった。

救急治療室の前で待つ繭。

また、小さい頃の思い出を思い出す。

繭と逞の2人で病院の中をかくれんぼしていたときのこと。

逞の担当医である繭の父・種田譲と、逞の両親が話している内容を偶然聞いてしまった。

3人の話は、逞は二十歳まで生きるのは難しい、という話だった。

その話を聞いてから繭は「嫌われてもいい。私が逞の病気を治すんだ。」と心に決めている。

その日は逞の容体は落ち着いて、無事に帰宅した。

翌日、鈴谷律が垣野内逞の体の心配をしながらも、逞の病気は自分の父親と同じ病気だと伝えた。

律のお父さんも、律が小さい時に亡くなっているということだった。

2人の友情も少しずつ近づいていく。

 

一方、昨日の種田繭の制服を盗んだ騒ぎは、生徒会長・鈴谷昂本人ではなく、その友人たちの仕業だということがわかった。

しかもそれを指示したのは、逞に話しかけていたあの五十嵐優実だった。

五十嵐は何かを企んでいるような様子だ・・。

 

垣野内逞、種田繭、2人の本心

繭が逞に、話があると屋上に呼び出した。

屋上に来た逞が言う。

「ちょうど良かった。俺も話があったからさ。」

「なに?」

「最近のお前、どう見ても危ない女だぞ。」
逞は半分呆れている。

繭は必死に返す。
「人にどう思われようと関係ないもん。」

「俺まで変に思われるんだよ。」

「迷惑?」

「迷惑だね。」
繭に冷たく言い放つ逞。

しかし心の中は違った。

(好きだ。だからもう近づくな。)

逞はその言葉を伝えたいけど、言葉にならずに繭を見つめる。

繭も逞を見つめ返して想う。

(好き。離れられない。)

想い合うが伝えられずにいる2人の元へ律が現れて言った。

「だったらさ、二人友だちになれば?全部丸く収まるし、周りも変に気を遣わないし。」

律の提案に2人はひとまず了承し、友だちとして握手をした。

3話へ続く。

 

まさに、清純派の純愛ストーリーでした!

まずは桜井日奈子さんが本当に可愛い&野村周平くんがイケメン!

お互い想い合ってるしそのことも理解してるけど、想うからこそ本心を言えない垣野内逞くんはいい男ですね〜。

でも早く伝えてあげてほしい!という気もする。

今後は五十嵐優実と鈴谷昂の2人が種田繭に対してどんなことをしてくるのか、種田繭と垣野内逞の関係をどう邪魔してくるのか、見モノです。

皆さん、土曜日は野村周平くんと桜井日奈子さんが演じる純愛ドラマで癒されましょう!

 

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』第2話のあらすじ

律(佐藤寛太)の提案で、ギクシャクするくらいなら友達として仲良くするという道を選んだ逞(野村周平)と繭(桜井日奈子)。二人は律や結子(矢作穂香)らと楽しい日々を過ごしつつも、“友達”という関係に複雑な思いを感じ始めていた。
そんな二人の微妙な関係を崩そうとする生徒会長・昂(宮沢氷魚)は、繭を“姫”と呼び、なんとか自分の方を振り向かせようと画策。昂と律の父親は、実は逞と同じ病気で亡くなっており、昂は、繭に自分と同じツライ経験をさせたくないという思いも抱えていたのだった。
数日後、球技大会の日―。心臓に負担をかけないように運動を制限されている逞は、監督役で参加をする事に…。男女混合のバスケットボールで、逞のクラス・1年B組は順調に勝ち進んでいたが、決勝の相手は昂がいる3年A組になってしまう。対戦を前に、昂は繭に賭けをもちかける。「俺たちが勝ったら、姫のくちびるをいただく」と…。受けて立つ繭だが、逞は複雑な気持ちでその様子を見ていた。
そして試合が始まり、3年A組のリードが続くなか、繭が足を痛めてしまう。繭を連れて病院へ向かった逞は、自分と同じ病気で検査入院中の照(馬場ふみか)と、4年ぶりに再会するが…。
引用:僕の初恋をキミに捧ぐ2話あらすじ

第2話では、垣野内逞(野村周平)と同じ病気という女の子・照(馬場ふみか)が登場するようです。

しかも何だか、照は逞に気がありそう・・。

同じ苦しみを共感できる2人にしかわからないものがあるのかもしれません。

でもやっぱり逞には種田繭(桜井日奈子)のことを見続けてほしいです!泣

五十嵐優実(松井愛莉)もいるし、繭の敵は多いけどがんばって〜!!

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!