中学聖日記(ドラマ)最終回のネタバレ感想!5年後のハッピーエンド!

中学聖日記

アロハ~ハワイ移住計画中のラニです♪

火曜夜10時放送のTBSドラマ
『中学聖日記』最終回(11話)です!

10話では、母親の愛子(夏川結衣)
認めてもらえるよう、進学先を決めた
晶(岡田健史)

しかし聖(有村架純)と一緒にいること
がばれて、警察に通報されてしまい…。

まちに待った11です^^

 


スポンサーリンク


 

中学聖日記(ドラマ)最終回ネタバレ感想

一生会えない二人

警察で取り調べを受ける聖(有村架純)
晶(岡田健史)

晶が聖の手を引っ張って、走っていく姿
を見ていた愛子(夏川結衣)

警察にすぐに通報しました。

晶は必死で聖をかばいます。

そしてやっと警察から出てきた晶の携帯
を取り上げる愛子。

聖のアドレスをすぐに削除。

晶は怒って家に帰ります。

しばらくして釈放された聖に、愛子は
「明日ここに来てほしい」と紙を渡します。

聖が家に帰ると、愛子から連絡を受けた
母親が訪ねてきました。

警察の世話になった聖を「もう信じられ
ない」と突き放します。

そして「これからは一人で生きていきな
さい!」と言って帰る母親。

聖は母親に見放され、一人きりです。

 

聖は次の日、愛子に呼び出された場所に
行くと弁護士が待っていました。

愛子の代理人としてきた弁護士。

誓約書にサインをしてほしいと言われます。

「晶とは今後一切接触をしない」と書か
れた誓約書。

もし破れば、500万円を支払うことに
なります。

愛子と直接話をしたいと頼みますが、
愛子は接触を拒否。

その頃何も知らない晶は、愛子に受験に
専念すると約束します。

愛子も、聖のことは受験が終わってから
と約束。

一人になった聖は、どうすればいいのか
悩みます。

そして家に帰ると、家の前に丹羽千鶴
(友近)
が待っていました。

「自業自得!」と言って聖を抱きしめる
丹羽。

どこまでもこの人は姉御肌です。

聖はホッとして、泣いてしまいました。

 

夜、聖は今後どうすればいいか悩みます。

一方、勝太郎(町田啓太)から聖が愛子
ともめていることを知った原口(吉田羊)

聖を心配して連絡します。

後日、二人はカフェで会いました。

聖に謝る原口。

自分が聖を無理やり、晶に会わせて
しまったからだと反省。

晶と一切会わないよう迫られていると、
聖は相談します。

これからは、自分の気持ちに嘘はつか
ないと決めた聖。

しかし誰のために、どうすればいいのか
わかりません。

すると突然立ち上がり、トイレに向かう
原口。

途中で倒れてしまいます。

病院へ搬送される原口。

保健証を探すために、聖は原口のカバン
の中を見ます。

すると母子手帳が出てきました。

驚く聖。

 


スポンサーリンク


 

誓約書にサイン

病院へ駆けつけた勝太郎。

聖から母子手帳を見せられ、原口が妊娠
3か月だと知ります

驚きを隠せない勝太郎。

数日間入院することになった原口。

しかし次の日聖がお見舞いに行くと、
原口は仕事に出かけようとしています。

「子供と仕事のどちらが大事」と、聖は
必死で止めます。

原口は素直に病室に戻り、一人で子供を
産んで母親になる決心を固めます。

「勝太郎とはこれからどうするの?」
聞く聖。

原口は「どうすればいいのかわからない
から、一人で考えて進む」と言います。

それを聞いた聖も、一人で進むことを決心。

 

聖は家の近くの花屋で、さっそく働き
始めました。

そして弁護士から受け取った誓約書を
提出する期限が近づいています。

しかし聖はまだ答えを出せていません。

その頃、弁護士と愛子が誓約書の話を
するのを聞いた晶。

何も知らない晶は、受験が終れば聖に
会えると思っていました。

怒って家を飛び出す晶。

必死で自転車をこいで、聖のもとに向か
います。

その頃家で、誓約書にサインすべきか
悩む聖。

そこへ晶がやって来ました。

ドア越しに、晶は聖に必死で会いたいと
頼みます。

「会いたい、声が聞きたい…」と晶。

なんだか切ないです…。

聖はドアを開けません。

しばらくすると晶は諦めて帰ってしまい
ました。

翌日、愛子に誓約書を渡す聖。

晶が前日にやって来たことを話します。

晶にとって大事なのは未来。

本当に晶を思うなら、時間や距離を与え
るべきだったと反省する聖。

愛子に頭を下げて謝罪。

そしてもう会うことはないと約束し、聖
は席を立ちました

 

家に帰った愛子は、晶に聖が誓約書に
サインしたことを伝えます。

「今後一切連絡を取らない」と書か
れた誓約書。

聖のサインを見て落ち込みます。

しかし今はとにかく受験を頑張るしか
ないと必死で前を向く晶。

泣きながらご飯を口に運びます。

晶もかわいそうですが、愛子の親心も
痛いほどよくわかります。

今はとにかく、大学に行くことを考えて
ほしいです。

家で聖の誓約書をながめる愛子。

すると小星中学で教頭をしていた塩谷
三千代(夏木マリ)
がやって来ました。

聖と晶のことを知っていた教頭。

愛子は「聖のことで、晶から恨まれて
いると思うとくじけそう」と相談します。

「間違えているのは聖で、あなたは間違
えていない」と教頭は励まします。

それを聞いてほっとする愛子。

涙目です。

愛子も晶を思ってする行動が、本当に
正しいのかを悩んでいました。

でも親なら当然の行動です。

愛子は金庫に誓約書を入れました。

 


スポンサーリンク


 

最後の別れ

勉強机に座る晶。

中学の時に聖を思って書いた日記を読み
返します。

翌日、晶は聖が働く花屋の前まで行きま
した。

しかし聖に声をかけずにそのまま帰ります。

もしまた会ったことがばれると、大変な
ことになります。

 

家にいた聖は、勝太郎から連絡を受けました。

そして勝太郎と観覧車の下に向かいます。

なぜか一人で観覧車に乗らされる聖。

乗り込んだらすぐに、原口から電話が
かかってきました。

そして下を見ると、晶が立っています。

晶と電話で話す聖。

「最後に会って、どうしても伝えた
かった…」と観覧車を見上げる晶。

聖に「幸せになってほしい」と伝えます。

それを聞いた聖は、日本を離れて海外で
働く決心をしたことを伝えます。

「さよなら…」と言う聖。

晶は大声で観覧車に向かって「ガンバレ
ー!」と叫びます。

帰る晶を観覧車から見送る聖。

二人の様子を見ていた勝太郎は、これ
からも原口のそばにいることを宣言します。

しかし海外赴任が決まっている勝太郎。

「待ってるから、一人前になって帰って
こい」と原口。

どこまでも原口は男前です。

海外で教師をする聖

観覧車を降りた聖に、勝太郎は晶の日記
を渡しました。

一人になった聖は、晶が15歳の時に
書いた日記を読みます。

昔を思い出す聖。

日記には続きがありました。

「2018年12月 幸せになってくだ
さい」と書かれていました。

聖が海外に旅立つ日、晶は大学受験
です。

家を出る晶は、愛子に「ありがとう」
言って家を出ました。

それを聞いて泣く愛子。

自分が晶と聖にしたことは、間違いでは
なかったと確信できたんだと思います。

聖は外国に旅立つ前に、母親に連絡しま
す。

海外へ行って、日本語教師として頑張る
ことを伝えました。

これからは一人で頑張るよう話す母親。

「でも、もし辛かったらいつでも帰って
きなさい」と言いました。

聖の母親も本当にやさしい人です。

 

5年後…

タイで日本語教師として、子供たちと
楽しそうに過ごす聖。

そして聖のもとに、スーツを着た晶が
やってきます。

笑顔で対面する二人。

ここでドラマは終了です。

まとめ

月日は流れて5年後、晶23歳。

晶が聖を迎えに来て、最後はハッピー
エンドで終わることができました。

色々あった二人ですが、末永くお幸せに^^

最後まで読んでいただきありがとうござ
いました。

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!