台湾地震2019の被害状況(死者)速報!花蓮の場所や震源地は?余震や津波は?

地震・震災

2019年4月18日午後1時1分ごろ、台湾花蓮で震度級(M6.1)大地震が発生しました。

余震や津波などが心配されますので、最新の被害状況(死者・けが人)を集計し、TwitterなどSNSの情報もまとめていきます。

ここでは台湾地震2019の、

  • 台湾地震2019速報!被害状況(死者)
  • 台湾地震2019のSNSリアルタイム情報
  • 台湾地震2019の被災地・花蓮の場所はどこ?
  • 台湾地震2019の震源地はどこ?
  • 台湾地震2019の本震と余震

についてお伝えしていきます。

 


スポンサーリンク


 

台湾地震2019速報!被害状況(死者)

今回(2019年4月18日)の台湾地震における被害状況をまとめていきます。

2019.4.18 16時30分現在
・台北市内の地下鉄で一時運転を見合わせた
・台北市内中心部でもビルの傾斜や道路の地割れが見つかっています
・落石で2人が怪我をした
・台北市内の地下鉄は全線で運転を見合わせている

2019.4.18 17時9分現在
・フジテレビのLive News it!で落石により死者1名とけが人1名が出たと報道

 

台湾地震2019のSNSリアルタイム情報


震度7級を記録した花蓮の揺れの激しさが分かります。

場所によってはひび割れに見えても、実際は道路が濡れているだけでそう見えた、という情報も入っています。

かなり高い山からがけ崩れが起きている様子が映し出されています。

台湾北部の基隆市行きの電車は通常運転。
台北市内のMRT(地下鉄)は、確認のため一時停止していた模様です。
台北より花蓮の揺れが大きかったようです。

台湾の最北端にある瑞芳駅でも、駅の柱のタイルが剥がれ落ちるなどの被害が出ています。

台湾の北東部走る蘇花道路でも道路が封鎖されるほどの崖崩れの被害が出ています。

 


スポンサーリンク


 

台湾地震2019の被災地・花蓮の場所はどこ?

2019年4月18日に起きた台湾地震で最も大きな震度7級を記録した被災地・花蓮の場所はこちらです。

※花蓮は台湾の北東部に位置します
※台北駅から花蓮駅までは、電車で約2時間30分、自動車で約3時間の距離にあります。

地図をご覧いただけると分かるように、台湾は日本の与那国島や西表島、石垣島からも非常に近い位置にあり、与那国島では震度を、西表島などの先島諸島では震度を記録しました。

先島諸島とはどこ?地図の位置や台風進路を調査!空港や観光情報も!

2018.07.09

津波については、多少の潮位の変化はあるものの、被害が出る程ではないとNHKニュースが報じています。

 


スポンサーリンク


 

台湾地震2019の震源地はどこ?

2019年4月18日に起きた台湾地震の震源地は台湾北東部花蓮で、震度マグニチュード6.1震源の深さは20kmと発表されました。

震源地については速報情報となり、今後の調査によって正確な震源地が発表されます。

続報は随時追記していきます。

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!