福井照大臣のスキャンダル・失言経歴!派閥は?結婚した嫁と子供はいる?

男性

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

福井照衆議院議員が、沖縄・北方担当
大臣に就任したことで、過去のスキャン
ダルや失言
の黒歴史が週刊文春や新潮
などで取り上げられていますね。

ここでは、福井照新大臣の、

  • WIKIプロフィール
  • 福井照の派閥はどこ?
  • 福井照の経歴
  • 福井照のスキャンダル・失言まとめ
  • 結婚した嫁(妻)や子供は?

などについて、お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク


 

福井照のWIKIプロフィール

  • 本名 福井照(ふくい てる)
  • 出身地 大阪府大阪市阿倍野区
  • 生年月日 1953年12月14日
  • 年齢 64歳(2018年3月現在)
  • 出身高校 灘高等学校
  • 出身大学 東京大学工学部土木工学科
  • 当選回数 7回
  • 在任期間 2000年6月26日~
        (衆議院議員)

 

関西の名門校、灘高等学校から東京大学
工学部土木工学科
を卒業し、建設省
現在の国土交通省)に入省していて、
まさにエリートを絵にかいたような
経歴の持ち主ですね。

福井照新大臣の経歴については、
非常に興味があるところなので、
この後で詳しくお伝えしますね^^
 

福井照の派閥はどこ?

福井照衆議院議員の派閥は、もともとは
岸田派でした。


岸田文雄自民党政調会長
個人的に岸田さん好きですね!
話し方や立ち居振る舞いから誠実さが
にじみ出ていますし、信頼したくなる
雰囲気を醸し出している方です^^
 
そして、福井照新大臣の現在の派閥は、
二階派です。


二階俊博自民党幹事長
こちらも自民党の重鎮中の重鎮ですね。

自民党一筋の岸田政調会長と違い、
二階幹事長は、自民党、新生党、新進党
自由党、保守党、保守新党と渡り歩き、
現在の要職に就いています。

岸田政調会長が政界のプリンスなら、
二階幹事長は武闘派といった印象です。

そういった意味で、福井照新大臣は、
自民党の中でも、有力者の派閥に
所属してきたと言えるでしょう。

現在は、二階派で二階幹事長の右腕
として、二階派を盛り上げています。

 


スポンサーリンク


 

福井照の経歴

父親の職業
福井照衆議院議員の経歴が凄いので、
ご紹介していきます!

  • 出身高校 灘高等学校
  • 出身大学 東京大学工学部土木工学科

1976年
建設省(現在の国土交通省)入省
マレーシアへ派遣されたり、静岡県の
掛川市役所への出向も経験。

1999年
23年務めた建設省を退官
退官理由は、政治家として出馬するため

2000年
衆議院議員総選挙に自民党公認で、
高知1区から出馬し、初当選

その後、2003年、2005年も当選

2006年
第一次安倍内閣で、農林水産大臣政務官
に任命
される。

2009年
衆議院議員総選挙で4回目の当選

この時は、橋本龍太郎元総理の異母弟
であり、元高知県知事の橋本大二郎さん
と争ったが福井照氏が当選
した。

元高知県知事で知名度抜群の橋本大二郎
さんを破った結果を見ると、高知1区
での福井照氏の地盤の固さは相当なもの
であることが分かりますね。

2012年
衆議院議員総選挙で回目の当選
第二次安倍政権で文部科学副大臣に
任命
されます。

この時はまだ副大臣だったため、
今回のようなスキャンダル報道も
無かったようですね。

大臣と副大臣では、取り上げられ方も
大分違うようです。

2014年
衆議院議員総選挙で6回目の当選
もはや高知1区では敵なしですね。
この年、長年所属していた岸田派から
二階派へ
移ります。

よっぽど浮かれていたのか、二階派の
会合で、

委員会で西川先生の思いを強行採決と
いう形で実現するように頑張る
引用:産経ニュース

と失言し、委員会の理事を辞任する事に
なります。

口は禍の元ですね・・・

2017年
失言騒動にも負けずに、衆議院議員
総選挙で7回目の当選

他に若く優秀な候補者が出てこない
というのも問題な気がしますが・・・

2018年2月27日
健康上の理由で辞任した江崎鉄磨氏の
後任として、福井照氏が内閣府特命
担当大臣
に任命され、初入閣

数多くいる政治家の中でも、福井照氏
ほど順調に出世した議員も少ないのでは

ないでしょうか。

このあと詳しく紹介する、スキャンダル
失言騒動がなければ、将来の総理大臣も
夢ではないような経歴だと思います。
 

福井照のスキャンダル・失言まとめ

ここでは、福井照新大臣のスキャンダル
失言発言
をまとめてみました。

2005年
原発から出る産業廃棄物をアジア諸国に
輸出するビジネスへの出資
に伴い、
都内のホテルで福井照氏自ら、
「中国は上手くいかない。今はベトナム
 やタイ、フィリピンへの輸出を模索
 しています」

と発言し、詐欺に加担する形になって
います。

同年、香港、バンコク、ベトナム、
プーケットへ妻と娘とビジネスクラスで
旅行
した費用も、出資者から募った
出資金で行っていたとされています。

妻と娘と旅行先で別れた後、愛人と合流
する姿が目撃され、報道されています。

架空の事業計画で出資を募っていたのは
後援会幹部の男でしたが、それに加担
する形で、福井照衆議院議員も関わって
いたようです。

裁判の結果は、後援会幹部の男と、
福井照衆議院議員が結託していたとは
認められないとして、賠償責任は免れ
ましたが、事業説明会などで発言して
いた事実は認定
されました。

衆議院議員が直接会場に来て発言すれば
多くの人はその出資話を信用しちゃい
ますよね?

2005年
大阪全日空ホテルでの福井照衆議院議員
のパーティーで、早々に退席した福井氏
について、旅行業者のAさんが訪ねる
と、「上の部屋で女が待っとんねん」
秘書が話していて、事務所公認の不倫
だと伝わっています。

2008年
私立大学医学部への裏口入学の詐欺で
音楽家A氏が逮捕
されたが、福井照氏
とは小学校の同級生
で、福井氏と行った
海外旅行中の買春などの様子を暴露して
います。

福井照氏のキス写真も当局に提出された
とか・・・

2008年4月
初当選から8年。
福井照衆議院議員の後援団体「新アジア
再生連合」
の幹事長を務めていた人物が
架空の事業計画に対して出資金を募り、
その際に、福井照衆議院議員も政策秘書
と出席し、出資を求める発言をした。

2008年8月28日
2005年から2006年までの2年間、
秘書の自宅を事務所として届け、1570
円を事務所費として計上
していた。

2009年
高知県庁近くの15階建ての自宅
マンションで、愛人と密会中に妻が帰宅
し、愛人は部屋に鍵をかけて自殺を
図ろうとし、騒動に
なった。

ハシゴ車が出動し、ベランダから突入し
愛人は無事だった。

この事件は報道されなかった(もみ消し
た?)が、福井照一家は別の場所へ
引っ越しました。

2009年
週刊現代に、有馬温泉への旅行先での
ハレンチ写真がスクープされました。

2016年9月29日
二階派の会合で、TPPの加盟に関して

委員会で西川先生の思いを強行採決と
いう形で実現するように頑張る
引用:産経ニュース

と発言し、騒動となったことから、
自ら特別委員会理事を辞任した。

2018年2月27日
北方領土の担当大臣となった際の
インタビューで、色丹島(しこたんとう)
を「しゃこたんとう」と失言

しゃこたん島ってどんな島だよ!と
笑ってしまいそうになりましたが、
笑いごとじゃないですね^^;

 


スポンサーリンク


 

結婚した嫁(妻)や子供は?

家族
福井照新大臣の結婚した嫁や子供
現在どうしているのでしょうか?

今回の週刊文春の報道でも、
海外旅行に嫁と娘が同行したと
伝えられていますので、結婚した嫁や
娘がいることは事実
の様です。

現在は東京都世田谷区を拠点にして
いますが、奥さんは福井照新大臣が
高知入りをすると女遊びをするので
止めていたと言います。

事務所秘書らも公認の愛人、女遊び、
不倫などが取りざたされているだけに
奥さんの心労は尽きないでしょうね。

今のところ、福井照新大臣と妻との
離婚話は表立っていない
ようです。
 
福井照新大臣以外に、
世間を騒がせた議員さん達の記事は
こちらをご覧下さい。

関連記事

議員カテゴリー

 

まとめ

今回は、内閣府特命担当大臣に就任した
福井照衆議院議員についてお伝えして
きました。

調べてみて分かった事を簡単に
まとめておきます。

  • 大阪府大阪市阿倍野区出身の64歳
  • 衆議院議員当選回数7回
  • 派閥は、岸田派→二階派へ
  • 出身高校は、灘高等学校
  • 出身大学は、東京大学工学部土木工学科
  • 建設省(現在の国土交通省)に入省
  • 大臣就任にあたり過去のスキャンダルや
    失言報道が過熱
  • 結婚した嫁と娘がいる
  • 離婚の報道はない

 
もの凄い学歴と経歴の持ち主ですが、
スキャンダルや失言も多くある方でした。

この騒動がどれほど大きくなるか
分かりませんが、最悪の場合は
大臣就任1カ月で辞任?なんて事にも
なりかねませんね。

今後の報道に注目していきたいと
思います!

マハロ!

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!