花のち晴れ(ドラマ)4話ネタバレと感想!音に愛莉の魔の手が忍び寄る!

女子高生・女性

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

前回の「花のち晴れ」第3話で、
江戸川音(杉咲花)は庶民
狩りにあいそうな所を、馳天馬(中川
大志)
によって助けられた。

神楽木晴(平野紫耀)の心を奪った音に、
真矢愛莉(今田美桜)は苛立ちを隠せない
でいた。

今回4話は、突然晴と音の前に姿を
現した愛莉が、音に対して友好的な態度
を取りだす

果たして愛莉の真意はなんなのか?

 


スポンサーリンク


 

ドラマ『花のち晴れ』第4話あらすじとネタバレ

江戸川音(杉咲花)神楽木晴(平野紫耀)
と、バイトの先輩・紺野亜里沙(木南
晴夏)
とその恋人・ミータン(浜野謙太)
とともに居た飲食店に、真矢愛莉(今田
美桜)
が姿を現わす。

一体何を言いに来たのかと驚く音に、
愛莉は頭を下げて、自分が仕組んで音に
いじめのような庶民狩りをしてしまった
事を謝る

音は嘘をついていた自分も悪いと、愛莉
を許すことにする。

すると、愛莉は音に友達になってほしい
と言い出した

 

翌日、英徳学園の昼時、さっそく愛莉は
音と共に昼食を取ろうとする

あまりの愛莉の急な変わりように音も、
そして晴も彼女の態度を怪しく思って
いた。

愛莉の昼食は大量のビタミン剤のみ
だった

愛莉は幼少期おやつのバカ食いをして
いて、デブだったことを音に明かす

愛莉の両親は、子どもがなかなかできず
諦めかけた時に愛莉を授かり、
甘やかしてお姫様のように育てた。

そのためお菓子と玩具さえあれば、
それでいいと思うほど我儘で高慢に
育った愛莉には、友達もいない。

小学校の歩き遠足で、体が重くて行動が
遅く、体力もなく倒れていた愛莉に、
晴が腕を差し出した

高慢な態度の愛莉を負ぶって、目的の
公園まで二時間かけて運んだ晴に
心動かされた愛莉は、おやつのバカ食い
を止めたという。

こうしてできた晴とのつながりを大切に
したいと、愛莉は語った。

愛莉はその黒歴史を晴に口止めして
いたが、自分が心を開かないと音が友達
になってくれないからと、全てを打ち
明けたと音に告げる

愛莉は晴に「音との間を取り持って
あげる」
と言って、愛莉と音のお出かけ
に晴も誘う。
 

音は庶民狩りから自分を救ってくれた上
気持ちを素直に伝えてくれた馳天馬
(中川大志)
に、自分の気持ちを口に
出来なかった事を悩んでいた

愛莉から音との事を問われ、晴は優しい
表情をしてしまう。

その様子に、愛莉は複雑な笑みを浮かべ
「(音を想うと)いい顔をするね」
言った。

そんなやり取りをする晴と愛莉の様子を
目にした晴の父親・神楽木巌(滝藤賢一)
は、音が神楽木家に相応しい人物なのか
と執事の小林孝蔵(志賀廣太郎)に問う。

晴の人付き合いも神楽木家に相応しい
ものでなくてはならないと、巌は厳しい
口調で呟く。

 


スポンサーリンク


 

お出かけの日、晴もやってきたことに
驚く音。

愛莉のお詫びの会だからと、音に薄手の
素敵なワンピースを用意する愛莉。

音のその姿を見た晴は、音と親密に
まるでダンスを踊りながら、音を褒める
自分を妄想する。

もちろん意地っ張りの晴はそんな風に
口には出来ず、ワンピース姿を褒められ
なかった。

晴と音が親しげに会話している姿を、
天馬の継母・馳利恵(高岡早紀)
見ていた。
 

愛莉の父親が経営しているビルの
レストランで、愛莉と晴と音は食事を
取る

貸し切りなのか三人しか客はいない。

そこで愛莉は、晴との思い出の工場が
ある事を話す

しかし晴はそんなところ覚えていないと
答えた。

晴の態度に怒った愛莉はグラスを倒して
しまい、その中の水が音のワンピースを
濡らしてしまった。

愛莉は汚れを拭おうと、音をお手洗いに
誘うふりをして、冷蔵室に音を
閉じ込めてしまう

愛莉は友達になる気など毛頭なく、
婚約者に貢いでもらっておきながら、
晴と仲良くする音を許せないと冷蔵室に
鍵をかける

冷え込む広い冷蔵室の中、出られる場所
や暖の取れる場所を探していた音の前に
なぜか天馬が現れた

天馬は愛莉に誘い込まれて、この冷蔵室
に閉じ込められていたのだ。

薄手のワンピースで冷える音に上着を
渡し、天馬はその音を抱きしめ暖を
取る。
 

晴は一人レストランに帰ってきた愛莉に
「今度は何をした」と迫る。

愛莉は冷凍室の様子を隠し撮りしている
映像を晴に見せた。
 

音は天馬に迷惑ばかりかけていることを
謝った。

天馬は音と二人で居られることが嬉しい
と答える。

音は正直に、初恋の人は天馬だと告げる
が、音の家庭が貧しくなってしまった
日から自分は変わってしまったと話し
だす

何をされてもバイトの時給に換算して、
何も返せない自分が申し訳ないと言う
音を、天馬は強く抱きしめた。

その様子を晴は見つめ続ける。

天馬は母親・馳美代子(堀内敬子)
亡くした日、悲しみに暮れる天馬の傍に
居てくれたのは音だけだった
と告げ、
今も自分が前を向けて生きているのは、
心に音がいるからと天馬は言った

 

晴は愛莉に二人がどこにいるのかキツく
問う。

愛莉は、晴に自分を見ていてほしい、
そのためなら晴や音を傷つけても
いいと、自分の激しい晴への気持ちを
伝える。

晴は「二度とオレの前に現れるな」
言って、音たちの居場所を探しにその場
から去って行く

晴の背を見ながら、笑って涙する愛莉。

晴は火災報知機が鳴る冷凍庫に飛び
込み、音と天馬を見つけ出す。

晴を責めようとする天馬を、音は「悪い
のは全部私」と晴を庇う

天馬に引かれて去って行く音、晴はただ
立ち尽くしていた。

音を送った天馬は、もう音を不安に
させないと誓う。
 

翌日一人昼食を取る音にC5の平海斗
(濱田龍臣)
成宮一茶(鈴木仁)栄美
杉丸(中田圭祐)
が現れ、愛莉の非礼と
その暴走を止められなかった事を
詫びた

晴は愛莉をC5でも幼馴染でもないと
言い放ったことを、音は海斗に教え
られる。

その放課後、音のバイト先に、海斗が
「愛莉がどこにいるか知らないか」
尋ねてくる

愛莉は前日から家に帰っておらず、
騒ぎになっていると言う。

音は、愛莉が晴と行った工場の話を思い
出し、晴なら知っているかもと海斗に
告げる。

海斗とともに音は工場の場所を晴に
尋ねると、天馬との事で拗ねていた
晴は愛莉のことなど構うなと言う

音は一人、工場を探して走った。

古く使われていない工場で、音は愛莉を
見つける。

愛莉を抱きしめ、音は彼女を負ぶって
歩き出す。

その音の姿に、昔の晴との思い出が
かぶる愛莉

少しだけ愛莉に友情を感じていた音は、
もう二度と何も失くしたくないと、
フラフラになりながら愛莉を運んだ。

倒れそうになったところを、晴が現れ
助けてくれる

音を置いて愛莉を運ぶ晴は、愛莉に
「気持ちに応えられなくてごめんな」
謝った。

愛莉は涙ながらに「大好きだったよ」
素直な気持ちを伝えるのだった。
 

翌日、音は微熱で寝込んでいた。
そこに愛莉が訪ねてくる。

音の母親・江戸川由紀恵(菊池桃子)
昼食を誘われ、音と由紀恵に交じって
愛莉が昼食を取る。

日頃はサプリメントしか取らない愛莉
だったが、音の食事を美味しいと
味わった。

愛莉は音と晴の仲を応援すると言い
出した

晴との仲を否定する音に、愛莉はその心
に晴は、少しもいないのかと問う。
音はいないと否定出来なかった

愛莉に連れ出され、大きなパーティに
連れ出された音。

そこにグラビアアイドルの西留めぐみ
(飯豊まりえ)
が現れる。

めぐみは晴に近づき、顔を近づけると
「どこかで会ったことある?」と問い
かけるのだった。

 


スポンサーリンク


 

ドラマ『花のち晴れ』第4話の感想

愛莉ちゃんとても怖い子でしたね
だけど、なんだか憎めなく感じて、音も
同じだったのかな。

女の子の友情も楽しみです。
相変わらず天馬くんがカッコよすぎて、
音になにがダメなんだとお聞きしたい
くらいです

新キャラめぐみと音たちが四角関係
なるようですね。

晴を想う愛莉もかわいくて好き
なんだけどなぁ。
 

まとめ

今回は愛莉の暴走に音が振り回され
てしまいました。

次回は晴を巡って新たなライバル
めぐみに、音がついにヤキモチ
焼いちゃうんでしょうか。

マハロ!

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!