林泰宏の経歴や家族は?元嫁が可愛すぎる!娘(黒木マリナ)の現在は?

男性

元巨人投手で現在は東郷証券取締役を務める林泰宏(57)氏が、一部の顧客に損失補填を行った疑いで立件されることになりそうです。

林泰宏氏は、東郷証券の親会社である橘フェニックスの代表を務めており、東郷証券においても、トップの立場にあります。

正直、元プロ野球選手(読売ジャイアンツのドラ1投手)が証券会社のトップにまで登りつめたことに驚きを隠せません。

さらに、林泰宏氏の元嫁や娘(黒木マリナ)は、美人で芸能活動をしてるというのですから、家族についても気になるところです。

この記事では、

  • 林泰宏が東郷証券で起こした容疑とは何か
  • 林泰宏のWIKIプロフィールと巨人投手時代の成績
  • 林泰宏の経歴
  • 林泰宏の元嫁のかわいい画像
  • 林泰宏の娘・黒木マリナ(タレント)の現在

などについて、お伝えしていきます。

 

林泰宏東郷証券取締役の容疑とは?

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける東郷証券(東京都港区)が顧客に損失補填(ほてん)を行った疑いが強まったとして、東京地検特捜部が、同社の男性取締役(57)を金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で近く立件する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。特捜部はすでにこの取締役らから事情聴取。詰めの捜査を進めているもようだ。

取締役は元プロ野球選手で、昭和54年に投手としてドラフト1位で巨人に入団し、引退後は証券業界に転身。親会社の代表取締役を務めており、特捜部は東郷証券の実質的な経営者で、損失補填を主導したとみている。

関係者によると、東郷証券はFXを行っていた複数の顧客に対し、損失の穴埋めをした疑いがあり、補填額が数千万円に上る顧客もいるという。補填の原資は架空の外部委託費から捻出していたとみられる。
引用:産経新聞

林泰宏氏はFX取引をメインとした東郷証券の実質トップ(社長は宇佐美麻己)という立場を利用し、FXで損を出した特定の顧客に対して、架空の外部委託費という名の経費から、損失補填を行っていたという容疑が掛けられています。

東郷証券を利用してFXをしている顧客全員の損失補填では当然ありません。

林泰宏氏との関係性が濃い、会社と利害関係にある顧客に対してのみ、損失補填が行われていたことは火を見るよりも明らかです。

こういった不正な取引は、証券会社だけにととまらず、金融業界全体への不信感にもつながりますよね。

 

林泰宏のWIKIプロフィールと巨人投手時代の成績

元プロ野球選手という異色の経歴をもつ林泰宏氏ですが、巨人投手時代の成績も含めて、プロフィールを紹介します。

  • 名前 林泰宏
  • 読み方 はやし やすひろ
  • 出身地 熊本県
  • 生年月日 1961年6月16日
  • 年齢 57歳
  • 身長 183cm
  • 体重 78kg

林泰宏氏の出身は熊本県ですが、高校は兵庫県の尼崎市立尼崎高等学校を卒業しています。

尼崎高等学校時代は野球部に所属し、エースで四番を打ち、1979年の夏の甲子園地方予選で決勝まで進みますが、明石南高校に敗れ、甲子園出場の夢はかないませんでした

しかし、地方予選での好投や素質が認められ、1979年(昭和54年)のプロ野球ドラフト会議では、読売ジャイアンツからドラフト1位(外れ1位)指名を受け入団。

この年は、巨人の3位指名に岡崎郁選手、阪神1位に岡田彰布選手、南海2位にドカベン香川伸行選手、中日1位に牛島和彦選手など、その後のプロ野球界を背負って立つ名選手がプロ入りしました。

長身からスリークォーター気味に投げ込む速球とフォークやシュートを武器に、将来の巨人のエース候補といわれた林泰宏選手でしたが、コントロールが悪く、結局1軍には上がれず、1984年に近鉄にトレードされていきました。

その後も、プロ野球界では1勝もできず、ケガなどもあり、1985年オフに引退します。

 

林泰宏の経歴

※執筆中です

 

林泰宏の元嫁が可愛すぎる【画像あり】

林泰宏氏は巨人時代に、黒木真由美という元アイドルと結婚をしました。


可愛すぎる!
今でもかなりかわいい部類に入りますよね~


※中央が黒木真由美さんです

やっぱりプロ野球選手ともなるとモテるんですね!
こんなに可愛い嫁をもらえるなんて!

林泰宏氏と黒木真由美さんは、結局離婚してしまいますが、離婚理由は不明です。

娘を出産していますから、一時期は愛し合っていたと思うのですが、巨人をクビになってプロ野球選手として成績が思わしくなかったことから、金銭的にも厳しくなっていたでしょうし、その辺りが離婚の理由なのかもしれませんね。

我慢して結婚生活をしていれば、証券会社の会長夫人になっていたのに!

そうなれば、黒木真由美さんだけでなく林泰宏氏の人生も変わっていたのかもしれませんね。

 

林泰宏の娘・黒木マリナ(タレント)の現在は?


上記動画は、母親の黒木真由美さんと黒木マリナさんが二人で歌っている貴重な動画です。

コメントにも書かれていますが、双子の姉妹かと思うほど可愛らしいですよね!

林泰宏氏と黒木真由美さんの娘・黒木マリナさんは、現在もタレントとして芸能活動をしているようです。

 

黒木マリナWIKIプロフィール

  • 名前 黒木マリナ
  • 読み方 くろき まりな
  • 出身地 東京都世田谷区
  • 生年月日 1988年9月26日
  • 年齢 30歳
  • 血液型 A型
  • 身長 160cm
  • 体重 48kg
  • 父親 林泰宏(元プロ野球選手・現在は東郷証券取締役)
  • 母親 黒木真由美(元アイドル・歌手)
  • 出身高校 堀越高等学校
  • 所属事務所 大越エンタープライズ

 

黒木マリナさんは、2001年のミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎの4代目に12歳から16歳まで抜擢されていました。

テレビドラマ版のセーラームーンでは、2003年に北川景子さんが、火野レイ/セーラーマーズ役を演じています。

その後は、2006年にアニメ『おねがいマイメロディ』のOP曲「コイクル」で歌手デビューしました。

2010年以降、表立った活動はしておらず、2019年6月現在、芸能活動を続けているのかは不明です。


引用:Santos Annnaオフィシャルブログ|2010年5月30日

※写真右が黒木マリナさんです

お母さんに似て、かわいい方ですね^^

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!