北海道南部(胆振中東部)地震の震源地の震度や余震は?断層や原因を調査!

地震・震災

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

2018年9月6日午前3時8分ごろに
北海道南部(胆振中東部)を中心に、
震度6強の地震が発生しました。

一部報道によると震度7に修正される
可能性もあるとのこと。

厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、
数名の方が生き埋めになっているという
情報もあります。

詳しい震源地や各地の本震震度余震
の可能性、原因となった活断層など、
気になる点がたくさんあります。

この記事では北海道南部(胆振中東部)地震の、

  • 北海道南部(胆振中東部)地震の震源地はどこ?
  • 北海道南部(胆振中東部)地震の本震の震度はいくつ?
  • 北海道南部(胆振中東部)地震の余震はいつくる?
  • 北海道南部(胆振中東部)地震の活断層や原因を調査!

などについて、詳しくお伝えしていきます。

 

ライブカメラ映像や被害状況、電気や
ガス、携帯電波などのライフライン
現状や復旧状況については、
こちらの記事をご覧ください。

北海道胆振東部地震のライブカメラ映像!被害状況や避難所を調査!

2018.09.06

 


スポンサーリンク


 

北海道南部(胆振中東部)地震の震源地はどこ?


北海道南部(胆振中東部)地震の震源地
ついて、気象庁の発表は以下の通りです

  • 震源地 北海道中央部・胆振地方(安平町)
  • 最大深度 7
  • 震源の深さ 約37キロ(深い)
  • マグニチュード 6.7

※震度やマグニチュードは後から修正
される可能性もあります

 

地震の規模を比較するために、過去
発生した地震の震度、マグニチュード、
震源地を記載します。
※震度の大きい順

  • 震度7 M7.3 熊本県熊本地方
  • 震度7 M6.5 熊本県熊本地方
  • 震度7 M7.9 三陸沖
  • 震度7 M– 北海道厚真町鹿沼
  • 震度6強 M7.4 宮城県沖
  • 震度6強 M6.7 胆振地方中東部
  • 震度6強 M6.6 新潟県中越地方
  • 震度6強 M6.4 熊本県熊本地方
  • 震度6強 M6.0 静岡県東部
  • 震度6強 M5.8 熊本県阿蘇地方

いずれの地震も2011年以降に発生して
おり、近年大規模地震の発生がいかに
多発しているか
が分かります。

今回の、北海道南部(胆振中東部)地震は
過去5番目に大きな地震
と言え、非常に
大規模な震災が発生してしまいました。

※その後の追加情報で、厚真町鹿沼
震度7を記録していたことが判明しました。

※震度やマグニチュードは修正される
可能性もあります

 


スポンサーリンク


 

北海道南部(胆振中東部)地震の本震の震度はいくつ?

北海道南部(胆振中東部)地震の各地の
本震震度をお伝えします。

震度
厚真町鹿沼

震度6強
安平町
厚真町京町
鵡川町穂別

震度6弱
千歳市

震度5強
札幌市北区、苫小牧市、江別市、恵庭市
長沼町、新ひだか町

震度5弱
函館市、室蘭市、岩見沢市、登別市、
伊達市、北広島市、石狩市、新篠津村、
南幌町、由仁町、栗山町、白老町など

複数の地点で震度計が壊れ、気象庁へ
震度データが送られてきていない箇所
があります。
そういった地点で、強い震度を記録して
いる可能性があります。

 

震源地とされる安平町

北海道安平町の位置関係をお伝えします。

安平町の西端から新千歳空港までの
距離は4~5km
と近く、新千歳空港の
運行状況もマヒしている状態です。
※9月6日正午現在

最大震度7を記録した厚真町鹿沼


厚真町鹿沼は、震源地とされる安平町の
南東に位置
し、新千歳空港まで直線で
約23kmの距離となります。

 

北海道南部(胆振中東部)地震の余震はいつくる?

北海道南部(胆振中東部)地震の余震
いくるのか非常に気になる所です。

既に震度4クラスの余震が何度か発生
している状況ですが、本震並みかそれ
以上の余震は、通常1週間以内の発生
する可能性が高い
と言われています。

今回の北海道南部(胆振中東部)地震に
ついても同様に言われていますので、
充分にご注意ください。

 


スポンサーリンク


 

北海道南部(胆振中東部)地震の活断層や原因を調査!

北海道で超巨大地震の発生が心配されて
いるのが、千島海溝沿いの活断層です

北海道の十勝沖から択捉島沖まで、
北海道の南東部を斜め走る活断層です。

今回の北海道南部(胆振中東部)地震は、
千島海溝を震源とした地震とは異なる
と見られています

今回の北海道南部(胆振中東部)地震は
中央に集まる力により、断層がせり上が
『逆断層型』と言われる地震で、
震源地の西側を縦に延びる、石狩低地
東縁断層
の影響
も考えられますが、
9月6日正午現在、直接の原因は確定
できていません

 

まとめ

今回は、北海道南部(胆振中東部)地震
についてお伝えしてきましたが、
調べてみて分かった事をまとめておきます。

  • 発生時刻は、2018年9月6日午前3時8分
  • 震源地は、北海道中央部・胆振地方
  • 最大深度は、6強(安平町)
  • 震源の深さは、約40キロ(深い)
  • マグニチュードは、6.7
  • 余震の可能性は、1週間以内に同等規模
    の余震の可能性があります
  • 地震の型は、『逆断層型』
  • 本震の原因は、確定されていないが、
    石狩低地東縁断層の影響も考えられる

 

まだまだ予断を許さない状況ですが、
現地のライブカメラ映像や電力・ガス
などライフラインの実情などの最新情報
をまとめた記事はこちらをご覧ください。

※作成中

マハロ

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!