記憶捜査(ドラマ)1話のあらすじネタバレと感想!主題歌はToshi!北大路欣也の記憶が鍵!

記憶捜査~新宿東署事件ファイル~

アロハ〜ハワイ移住を計画中のラニです♪

金曜ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』(テレビ東京)の1が1月18日に放送されました。

鬼塚一路(北大路欣也)は、新宿東署に勤務する刑事。

新米時代と定年間際の二度、この新宿東署に配属されている鬼塚。

その経験から、「昭和」と「平成」二つの時代を通して培ってきた新宿の街の記憶を持つ

貴重な記憶とベテランの推理力を活用して、誰もが見逃してしまいそうな事件を解決していく!

今回はそんな『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』第1あらすじネタバレ感想・考察について紹介します。

 


スポンサーリンク


 

記憶捜査~新宿東署事件ファイル~1話のあらすじ

定年間際の刑事・鬼塚一路(北大路欣也)は、早稲田通りで通り魔事件発生の一報を受けて現場へ急行する。鬼塚は人並み外れた土地勘の持ち主で、「昭和」と「平成」二つの時代の街のイメージを詳細に記憶し、自在に呼び起こすことができる。鬼塚は土地勘と敏腕刑事の嗅覚を生かして見事に犯人を確保する。だが、格闘中に負傷し、腰椎損傷の重傷を負ってしまう。
1年後、両足の機能を失い車椅子生活となった鬼塚は、新宿東署の刑事課司法係長として再任用される。着任早々、鬼塚は自分が刺されたビルの屋上から男が転落死した事案を不審に思い、部下の咲(上白石萌音)、刑事官の啓太郎(風間俊介)と共に捜査を始める。
歩けなくなった鬼塚が、「昭和」と「平成」ふたつの時代の街の記憶から、犯行現場を「記憶の街」として脳内に描き出し、事件の謎を解き明かす!
引用:記憶捜査 新宿東署事件ファイル1話あらすじ

 

記憶捜査~新宿東署事件ファイル~第1話のネタバレと感想・考察

ドラマ『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』第1ネタバレ感想・考察について紹介します。

鬼塚一路、新宿に現る!

舞台は東京都新宿区の新宿東警察署。
捜査一係に勤める栗田史郎(石黒賢)は昼食のことで同僚とふざけ合っている。

そこへ
「まーたやってるのかい?」
とにこやかに入ってくる刑事が一人。

主人公の鬼塚一路(北大路欣也)だ。
彼はあと数日で定年退職を迎える予定である。

そこへ無線連絡が入った。

「警視庁から各局!無差別殺傷容疑の通報あり!」

新宿東署の管轄だ。
連絡を聞いた鬼塚は署を飛び出して現場へ向かった。

現場は早稲田通りから馬場口の間。
早稲田大学のすぐそばである。

現場の刑事によると、被疑者1名、被害者は10名を越える通り魔事件とのこと。

「あの脇道から、甘泉園方面へ逃走中です。」

刑事が鬼塚へ情報を伝える。
すると、その言葉だけで鬼塚の頭の中にはこの街の映像が一気に浮かぶ。

「住宅街か。小学校もあるな。住宅街を抜けて新目白通りか。」

鬼塚は新米時代と現在の二度、新宿東署に配属されているのだ。
頭の中には「昭和」と「平成」のこの街がしっかりと記憶されている。

それも「地図」ではなく、「映像」でだ。

 

一方、今回の事件の捜査本部では、警視庁・捜査一課長・十河正美(宅麻伸)が自ら指揮をとる。

十河も鬼塚の名前をよく知り、優秀な刑事であると認めている。

現場では土地に詳しい鬼塚一路が走り回り、頭の中で推理。
捜査本部では防犯カメラで本物の映像を見ながら十河正美が全体指揮。

連携すると素晴らしい武器だ。

互いに連絡を取りながら鬼塚は通り魔犯を追い詰めたが、取り逃がしてしまう。

とあるビルの前で立ち止まる鬼塚一路。

「サクラビル」

鬼塚の記憶では、このビルの屋上には柵がない。

もし通り魔犯である被疑者に自殺願望があったとしたら、自殺にはもってこいの場所だ。

すると鬼塚の予想は的中。
屋上で犯人を追い詰めた。

犯人は田沼行雄という男。

その場にいた女性を人質にとられ、助ける時に取っ組み合いになったとき、鬼塚は田沼に腰を刺されて重傷を負ってしまう。

直後応援が来て田沼は逮捕。
鬼塚は現場に倒れ込む。

その側には犯人が落とした金のペンダントが光っていた。

 


スポンサーリンク


 

1年後、警視庁に再任用!

腰を刺された後、一命を取り留めた鬼塚一路は療養・リハビリをしていたが、1年後に車椅子の姿で退官式の場に現れた

巡査部長だった鬼塚は、これまでの功労を認められ「警部補」として退任した。

しかし退任したその場で警視庁・副総監から勧められたのは、退職した刑事がもう一度警察で働く「再任用」であった。

鬼塚はそれを引き受け、もう一度新宿東署へ。
復帰後の鬼塚の新しいデスクは「司法係 係長」であった

そこは管内で認知された事件を記録した書類「認知票」を警視庁に送信する、犯罪統計の基礎である。

新しいそのデスクのそばには若い女性が一人。
司法係・遠山咲(上白石萌音)である。

刑事に憧れを強く持つ。

これからの鬼塚にとって、新しい仲間の一人だ。

 

あの「サクラビル」で新たな事件!

後日、鬼塚一路が司法係で認知票の整理をしていると、ある認知票が目についた。
それは、その日の朝起きた自殺の認知表だ。

死亡した男の名前は塚串治臣。

場所はあの、「サクラビル」だ。

死因は転落死で、屋上には塚越の靴が揃えられており、遺書はない。
自殺に見えるが鬼塚はどうも気になる・・。

調べていくと、塚串の名前、写真が出ているサイトを見つけた。

そこでは塚串は「賠償金支払いの未払い人」としてネットに晒されていた。

塚串のネットでの情報はこうだ。

  • 昭和64年1月7日 当時19歳 西早稲田で人を殺し、10年間服役
  • 出所後被害者遺族への1億円以上の賠償判決を受けた
  • 未だ1円も払っていない

 

この記事は1ヶ月ほど前から掲載されている。

20年ずっと賠償金を払ってなかった男を、なぜ今ネットに晒すのか。

調査のために、鬼塚に対して一目置いている新宿東署刑事課・鑑識係長・木地本淳子(余貴美子)と遠山咲の2人で「サクラビル」屋上へ。

屋上の下足痕を調べたが、どう見ても塚串は自殺の足跡とのことだった。

しかし、屋上に揃えられていた塚串の靴を今一度調べたところ、靴には塚串の血がついていた。

恐らく塚串は靴を履いたまま転落し、その後何者かが塚串から靴を脱がせ、自殺に見えるように屋上に並べておいた誰かがいる。

鬼塚一路はそう読み、これはやはり自殺ではないとして推理を始めた

あの「サクラビル」で新たな事件が動き出す・・・!

 


スポンサーリンク


 

明らかになる塚串の過去の罪

捜査本部を設置し、事件として操作開始。
指揮は一年前と同じように捜査一課長・十河正美だ。

鬼塚一路は遠山咲に対し、31年前の塚串の被害者遺族の元へ行くよう命じる。

そこへ新宿東署の刑事官として配属されてきたキャリアで、元警視庁捜査一課・管理官・神啓太郎(風間俊介)が現れる。

勉強のために、と鬼塚の捜査をしっっかりと見させてもらう。と。
何だか圧の強い若者だ。

 

一方、被害者遺族の元にいる遠山咲。
塚串に殺された緑川宏夢の母、緑川江津子が話をしてくれた。

緑川宏夢は18歳の時、当時「サクラビル」の真裏にあった雑居ビル「立浪ビル」から転落死している。

緑川宏夢と塚串は、その「立浪ビル」に入っていたとあるお菓子の会社に一緒に勤めていた。

その取引先に塚串の恋人だった女がいて、その恋人を緑川宏夢がとった、と塚串が因縁をつけ転落死させられたということだった。

しかし事実は、緑川宏夢と女の間には何の関係もなく、当時塚串と別れたかったその女がついた嘘だった。

人を殺したのに刑務所でなく少年刑務所で服役し、たった10年で出てきた。
緑川江津子は納得がいっていない様子だった。

 

一方、死亡した塚串の手のひらに、小さな傷があることがわかった。
鑑識で調べたところ、杉の木の繊維が見つかった。

しかし近くに杉の木はない。
これは一体何なのか・・。

 

塚串殺害の犯人は本当に緑川江津子?

塚串のサイトは、以前緑川江津子の夫の介護士をしていた飯村勇斗という介護士がアップしたということがわかった。

緑川江津子から事情を聞き、何か手助けをしたいと思ったそうだ。

 

一方、「サクラビル」近くの防犯カメラで緑川江津子の姿が見つかり、取り調べをしたところ、緑川江津子が塚串殺害の犯行を認めた。

しかし、鬼塚一路は納得がいかない。

どうやって呼び出したのか。
年老いた緑川江津子に塚串を転落させられるだろうか。

そこで遠山に、塚串の妹の元へ事情を聞きに行った。

緑川江津子が「塚串の妹に、塚串の電話番号を借りた」と供述したからだ。

塚串の妹に聞いてもそれは事実であった。

緑川江津子が塚串を殺した犯人である証拠が揃っていく。

本当にそれで正しいのか・・・。

 

塚串殺害の犯人は本当に緑川江津子?

後日、遠山咲と神啓太郎の二人が鬼塚一路の元へ連れてきたのは、介護士・飯村だった。

「塚串を殺害した犯人は君だね?」

防犯カメラにも映っていない。
緑川江津子の供述でもない。

「だとしたら何故僕が犯人だって・・?」
驚く飯村。

塚串の落下は屋上ではなく、屋上に近い階段の窓だった。
そこに飯村の指紋があったのだ。

その他にも逃れられない証拠を突きつける鬼塚。

ついに飯村は正直に語り始める。

「介護利用者の家族を殺した男に会ってみたかった。昼は利用者の介護をして、夜はその家族を殺した男に会う。ほら、何か、テンション上がるでしょ?」

飯村は興味本位という理由だけで、飲み屋で少しずつ塚串に接触していった。

そこから顔見知りになり、殺害に及んだ。
ということであった。

正気の沙汰ではない事実であった。。

 

緑川江津子の真意は?

塚串を殺害した真犯人は飯村だった。

では何故、緑川江津子は自分が犯人だと言っていたのか。

息子の仇を討った母親になりたかった。
本当に殺すつもりで塚串のあとを尾けていた。

しかしその直前で、緑川宏夢の姿が見えた。

だから、殺害することを止めることができた。

生きてはいなくても、緑川宏夢の魂は一緒に緑川江津子と生きているのだ。

こうして、無事に事件は解決された。。
一息ついていた新宿東署へ、新たな謎の電話が入る・・・。

続きは2話へ。

 

刑事ドラマ、普段はあまり観ないのですがこの冬は珍しく観てみました。

思っていた以上に面白い!複雑な展開や仕掛けがたくさん隠されているんですねぇ。

しかもこのドラマの舞台は新宿区。
余談ですが、私が学生時代に住んでいた昔の家が映っていてテンションが上がりました!

あの辺りはたくさんの人がいる場所だから、みなさんが見たことがある場所も映っているかもしれませんね!

北大路欣也さんの渋くてかっこいい刑事姿が素敵でした〜♪
 

ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の主題歌


ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の主題歌を紹介します。

歌手:Toshi(X Japan)
曲:幸せのちから

この曲はToshiさんのオリジナルではなく、2008年に和田アキ子さんがリリースした曲をカバーしたものです。


 

ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の視聴率

ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の第1話視聴率は、
8.3%
でした。

同じ時間帯(木曜20時)に放送されている、『刑事ゼロ』(主演・沢村一樹)の第1話視聴率が14.7でしたので、やや物足りない視聴率ではありますが、主演が沢村一樹さんと北大路欣也さんの違いが出た格好ではないでしょうか。

このまま安定して8%~9%を保っていけば、まずまずの合格ラインだと思います。
 

ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』第2話のあらすじ

鬼塚(北大路欣也)と親交のあった磯島質店に、人骨が入った壺が送られてきた。その直後、愛住町の公園からも白骨死体が発見された。同じ管内で同時に見つかった2体の白骨。鬼塚は、質屋に送られた人骨は、5年前に亡くなった前店主の遺骨ではないかと疑うが、息子は「墓じまい」のため、遺骨は海に散骨したと話す。
そんな中、新大久保の施錠されたコインロッカーから、49体分の人骨が発見される!
引用:記憶捜査 新宿東署事件ファイル2話あらすじ

次回2では、鬼塚一路(北大路欣也)さん宛に届いたあの一本の電話がキーなのでしょうか?

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!