北尾光司の死因や結婚した嫁・子供(娘)の今現在は?双羽黒事件とは?

格闘技・格闘家・男

元横綱でプロレスデビューも果たした北尾光司(双羽黒)さんが、2019年2月10日の午前7時30分に死去されていたことが分かりました。

北尾光司(双羽黒)さんといえば、横綱までなった人物ですが、甘やかされて育ったため、稽古で嫌なことがあるとすぐに「故郷に帰ります」といって帰ってしまうほどでした。

今回は、破天荒な人生を送った北尾光司(双羽黒)さんの

  • 北尾光司(双羽黒)の死因・病名は?
  • 北尾光司(双羽黒)のWIKIプロフィール
  • 北尾光司(双羽黒)の結婚した嫁や子供(娘)の今現在は?
  • 双羽黒事件とは?騒動の真相は?
  • 【動画】北尾光司のプロレスデビュー戦は八百長だった?

などについてお伝えしていきます。

 


スポンサーリンク


 

北尾光司(双羽黒)の死因・病名は?

元横綱・双羽黒こと北尾光司さんが55歳の若さで死去されましたが、死因となった病名が気になります。

死因となった病名は、『慢性腎不全』でした。

数年前から患っていたそうで、入院、治療、療養をしていたようですね。

かんたんに慢性腎不全という病気について触れておきます。

【慢性腎不全とは】
腎臓は血液内の老廃物をろ過する機能をもっていますが、慢性腎不全を患うことによって、ろ過機能が低下し血液の酸性度が高くなってしまいます

通常は透析を行うことで対処します。

慢性腎不全が進行すると、動脈硬化がすすみ、脳梗塞脳出血心筋梗塞などの病気を発症しやすくなり、それらが直接的な死因になることがあります

北尾光司さんも慢性腎不全から他の命に係わる病気を発症し、亡くなったのではないかと考えられます。
 
※北尾夫人がコメントを発表しましたので、全文を掲載いたします。

北尾光司は、6年間の闘病生活ののち、2月10日慢性腎不全のため、千葉県内の病院で他界いたしました。葬儀は生前からの本人の希望で娘と私だけの家族葬としました。

何かと世間をお騒がせしましたが、主人は曲がったことが大嫌いな、とてもピュアな人でした。

この場をお借りしまして、主人を応援してくださった皆様に厚く御礼申し上げます。
引用:朝日新聞デジタル

闘病生活が6年ということですから、2013年頃から闘病されていたんですね。

入院していた病院は千葉県内の病院とのことでしたが、千葉県内で腎臓内科のある大病院をピックアップしてみました。

  • 千葉大学医学部附属病院
  • 日本医科大学千葉北総病院

日本医科大学千葉北総病院は、山下智久さんや新垣結衣さんが出演するドラマ『コード・ブルー』のドクターヘリの監修をしている病院です。

 

北尾光司(双羽黒)の経歴・WIKIプロフィール

北尾光司(双羽黒)さんの経歴プロフィールをご紹介します。

  • 本名 北尾光司
  • 読み方 きたお こうじ
  • 四股名 双羽黒 光司(ふたはぐろ こうじ)
  • 出身地 三重県津市
  • 生年月日 1963年8月12日
  • 年齢 享年55歳
  • 職業 力士→スポーツ冒険家→プロレスラー→部屋付きアドバイザー(大相撲)
  • 肩書 第60代横綱
  • 所属部屋 立浪部屋
  • 身長 199cm
  • 体重 151kg
  • 趣味 パソコン、模型作り

 

北尾光司さんは父親の影響もあり柔道を習っていましたが、通っていた津市立敬和小学校に土俵が作られたことを機に、相撲の楽しさを知り熱中するようになります。

地元商店街でおこなわれた子供相撲で優勝したことが嬉しく、中学に入ってからも相撲を続けていました。

高校進学を願った両親に「5年で関取になれなかったら帰って来る」といい、立浪部屋の門をたたき、角界入りします。

入門後の北尾光司さんは、お騒がせ行動が目に余り、トラブルが絶えない相撲人生を歩みます。

※騒動については、後段で詳しくお伝えします。

 


スポンサーリンク


 

北尾光司(双羽黒)の結婚した嫁や子供(娘)の今現在は?

家族
北尾光司さんのプライベートも気になりますが、北尾光司さんが入院時にお世話になった女医さんと結婚しています。

怪我や病気の多い北尾光司さんですから、妻が医師だと心強いですよね!

奥様の名前は、北尾淑恵(きたお よしえ)さんです。

淑恵夫人との間には子供が一人います

一人娘で、北尾光司さんは子煩悩な父親だったといいます。

相撲界や世間に対しては、わがままでアウトローなイメージがある北尾光司さんですが、家族に対しては良き夫であり、良き父親だったようですね^^

それだけに、55歳という若さでこの世を去ることになり、家族の悲しみは深いでしょうし、北尾光司さん自身も無念だったでしょうね。

 

双羽黒事件とは?騒動の真相は?

世間で言われる「双羽黒事件」とはどのような事件・騒動だったのでしょうか。

双羽黒事件は1987年12月27日、年の瀬におきました

もとより、立浪親方のいう事に反発していた双羽黒(北尾光司)でしたが、この日、双羽黒は部屋のちゃんこの味に文句を言います。

「こんなちゃんこ、まずくて食えるか!」

それを若い衆から聞いた立浪親方と大ゲンカになり、止めに入った女将さんを突き飛ばし「二度と戻らない!」と言い放ち、部屋を飛び出してしまいます

その後、立浪親方は新聞記者らに「女将が暴力を振るわれた」と言ったり、女将が関係各所に電話して双羽黒が出ていったことを連絡したことで事が大きくなり、『双羽黒事件』といわれるほどまで事が大きくなってしまったのです。

北尾光司さんが後年バラエティ番組に出演した際に、『双羽黒事件』の真相を語っていましたが、北尾光司さん曰く、「ちゃんこが不味くて食えない」と言ったのではなく、ちゃんこもまともに作れないほど若い衆らがだらしなく、そのことを立浪親方から注意して欲しかったが、逆に若い衆に謝るようにいわれたことに納得いかず、部屋を飛び出したと言っています。

女将さんに対しても決して暴力を振るったわけではなく、ちょっと振り払っただけだと言っています。

たしかに、巨体の北尾光司さんが女将さんに暴力を振るったのなら、大怪我を負わせていますよね。

決してそんなことは無かったので、北尾光司さんがいう「振り払っただけ」だったのだと思います。

北尾光司さんとしては、自身で借りていた近くのマンションで頭を冷やして戻るつもりだったそうですが、女将さんらが各所に電話しまくったことで、大騒動になってしまったと話しています。

双羽黒事件の真相は案外ちょっとした行き違いが原因だったのかもしれませんね!

 


スポンサーリンク


 

【動画】北尾光司のプロレスデビュー戦は八百長だった?

北尾光司さんのプロレスデビュー戦の相手は、全身タトゥーでインパクトのあったクラッシャー・バンバン・ビガロでした。

ビガロさんはアメリカのプロレスラーですが、2007年1月19日に薬物大量摂取によって45歳の若さで亡くなっています

クラッシャー・バンバン・ビガロさんとのデビュー戦は、決して八百長などではなく、ギロチン・ドロップで北尾光司さんが勝利しています。

「北尾光司」で検索すると「八百長」と出てくるのは、こちらの試合が原因でした。


動画を見ていただければわかりますが、試合の途中でなんか対戦相手と口論してますよね(笑)

結論からいうと、訳わかめなのは北尾光司さんなんですよね(汗)

最初はそれなりにプロレスをしていますが、途中のテンタコールあたりから北尾光司さんが不貞腐れはじめます(笑)

途中から対戦相手のジョン・テンタ(元・琴天山)に対して、二本指で目を突く仕草をしきりに見せる北尾光司さん

動画でもお分かりいただける通り、目潰し攻撃(反則技)で威嚇する北尾光司さん、それにクレームを付けるテンタ選手。

膠着状態になり、レフリーが北尾光司さんに注意を促すと、レフリーを蹴り飛ばしてしまいます

その後もリング中央で膠着状態となり、キレた北尾光司さんはリングから降り、机をリング内に投げ入れるなど暴挙にでます。

そしてリングアナのマイクを奪い取り、「八百長野郎、この野郎!八百長ばっかりやりやがって!」とテンタ選手に言い放ち、さらには観客に向かって「お前ら、こんな(八百長試合)見ておもしろいのか!」と叫びます。

当時のプロレスを見ている子供たちは、本気の闘いだと信じてみていましたからね~

今みたいにプロレスをショーとして見るファンも少なかったので、「八百長」という言葉は一種の禁句でした。

その禁句を叫ぶだけ叫んだ北尾光司さんは、試合後に「どうだ、おもしろかっただろうw」と悪びれる様子もなく語っていました。

これが、「北尾光司」で検索すると「八百長」と出てくる理由です

 

まとめ

今回は、慢性腎不全で死去された北尾光司(双羽黒)さんをご紹介してきました。

北尾光司(双羽黒)さんについて調べてみて分かった事を最後にまとめておきます。

  • 北尾光司さんの病名は慢性腎不全ですが、直接の死因は未発表です。
  • 三重県津市出身で享年55歳
  • 中卒で角界入り
  • 結婚して医者の嫁さんと娘がいる
  • 北尾光司さんが主張する双羽黒事件の真相は、若い衆のだらしなさを注意せず逆に自分が怒られたことに怒り、女将さんを突き飛ばす形で部屋を出ていったことだと話している
  • プロレスデビュー戦の相手はクラッシャー・バンバン・ビガロ
  • ジョン・テンタ戦で「八百長」発言を連発

 

わがままな性格が災いしてか、波乱万丈でトラブルの多い人生でしたが、プライベートでは奥さんと娘を愛し、家庭環境は円満だったと言われています。

55歳の若さで亡くなった北尾光司さん。

ご冥福をお祈り申し上げます。
 
【その他の話題のニュース】

勝海麻衣(銭湯絵師)の読み方とWIKIプロフ!出身高校・大学や彼氏・家族を調査!

2019.03.29

冨田リカの若い頃の顔画像!今現在も美人だが元夫の子供がいる?

2019.03.29

習志野サイン盗みの動画はコレ!真相やランナーは誰?美爆音問題も!

2019.03.28

エリカ・コイケ(ニコラスケイジ結婚相手)の顔画像や年齢は?国籍は日本人?

2019.03.26

マハロ

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!