小川彩佳アナが未入籍の理由はテレビ朝日がとことん嫌になったから?

女性

「news23」メインキャスターの小川彩佳アナ(34)が、テレビ朝日の退社理由にしていた一般男性との結婚について、今現在も「未入籍」であることを週刊文春が伝えています。

小川彩佳アナは、2019年4月5日にテレビ朝日を退社し、同年5月には一般男性と入籍するとされていたが、いまだに入籍していないという。

週刊文春が小川彩佳アナに直撃したところ、「未入籍」の理由として、「新居が見つからない」「相手の男性が忙しい」との回答があった。

もっともらしい理由だが、本当に結婚する気があるのなら、小川彩佳アナがテレビ朝日を退社する前には、今後の事をある程度決めていてしかるべきではないか?

小川彩佳アナは2007年にテレビ朝日に入社し、2019年4月に退社するまで12年間在籍。

2011年4月4日から古舘伊知郎のサブキャスターを7年半務め、古舘伊知郎が退任後はメインキャスターになるのではないかと噂されるも、富川悠太アナにその座を奪われ、2018年10月には地上波からも外され、インターネット配信のAbemaTVのキャスターという屈辱を味わっている。

そんな扱いを受けたテレビ朝日がとことん嫌になり、「結婚」を口実に退社を決めたのではないかと考えざるを得ない。

テレビ朝日を退社してフリーアナウンサーになり、最初の大仕事であるTBS『news23』のMCに着任したが、初日の平均視聴率が4.3%と期待外れの数字となってしまった。

テレビ朝日の『報道ステーション』の視聴率が14.2%と好調であることから、テレビ朝日への雪辱への道のりは遠い。

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!