大塚高司副大臣とホステスは愛人関係?老舗クラブKの場所と名前を特定!

男性

自民党の大塚高司議員(国土交通省副大臣・防災担当)が、2019年6月18日22時22分に発生した新潟・山形地震の際に、国交省へは行かずに赤坂のクラブKでホステスや後輩議員らと飲酒していたと、週刊文春が報じました。

大塚高司議員は「国交省の近くのクラブKでテレビなどで状況を確認しながら、待機していた」「この対応は適切であったと認識している」と話してます。

国民感情と大きくズレた議員が多い中、大塚高司議員もつまらない言い訳が逆効果となり、ネット上でも炎上しています。

この記事では大塚高司議員(防災担当副大臣)について、

  • 大塚高司防災担当副大臣が新潟・山形地震の際に老舗クラブKでホステスと飲酒していた件
  • 大塚高司防災担当副大臣とホステスは愛人関係?
  • 大塚高司防災担当副大臣が飲んでいた老舗クラブKの場所や名前は?

などについて、まとめていきます。

 


スポンサーリンク


 

大塚高司防災担当副大臣が新潟・山形地震の際に老舗クラブKでホステスと飲酒していた件

週刊文春は速報で以下の様に伝えています。

6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。その発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

大塚氏がこの日、竹下派の後輩議員3人と訪れたのは、行きつけだという赤坂の老舗クラブ「K」。同席者によれば、大塚氏は芋焼酎「佐藤」の水割りを飲んでいたという。

「地震が発生して、一同テレビに釘付けになり、後輩議員は『国交省に上がった方がいいんじゃないんですか?』と何度も声を掛けていました。ところが、大塚氏は『(行かなくて)大丈夫や』と繰り返すだけで、水割りを飲み続けていたのです」(居合わせた客)

だが、事態の発覚を恐れたのか、翌19日以降、「俺はあの日、飲んでないよな?」などと周囲に念押ししていたという。
引用:文春オンライン

周囲の制止とは後輩議員を指しているのですが、後輩議員から指摘されてもなおクラブKに居続け、居合わせた客の証言によると、「水割りを飲み続けていた」とのことで、大塚高司議員の証言とは真っ向から対立しますね。

こういうケースでは、大抵の場合、周囲の証言が正しいんですよね。

大塚高司議員としては「飲んでない。待機していた。」と言えば立場を守れるというメリットがありますが、「水割りを飲んでいた」と証言した客には何のメリットもないですからね。

客は嘘をつく必要がないわけです。

後輩議員が国交省へ登庁をうながしても、「大丈夫や」と言っていたのであれば、国民感情をまったく無視した発言と行動ですよね。

どんな状況でも真っ先に国交省へ登庁していれば、こんな騒ぎにはなっていなかったはずですし、大塚高司議員の行動を非難する人もいなかったでしょう。

自分の不手際を謝罪するわけでもなく、言い訳をして言い逃れようとする議員の多い事多い事・・・

今後、大塚高司議員が囲み取材などでどのような発言をするのか注目です。

 


スポンサーリンク


 

大塚高司防災担当副大臣とホステスは愛人関係?

文春デジタルには、「大塚高司議員とKの関係」という表現を使われています。

6月27日(木)発売の「週刊文春」では、大塚氏の経歴や、大塚氏とKの関係、店内での詳しい様子などについて報じている。
引用:文春デジタル

ちょっと思わせぶりですよね~

Kというのは赤坂のクラブのことですが、足しげく通っていたのでしょうか?
大人のたしなみではないですが、クラブに通ってホステスやママと仲良くなるのは一種のステータスともいえます。

クラブKのホステスと仲の良さを後輩議員に見せたくて連れて行ったんじゃないかと勘繰っちゃいます(笑)

大塚高司議員とホステスやクラブKとの関係は現時点では明らかにされていません。

週刊文春の続報を待ちましょう。

おもしろい事実がスクープされたら、こちらに追記していきますね!

 

大塚高司防災担当副大臣が飲んでいた老舗クラブKの場所や名前は?

新潟・山形地震の際に大塚高司防災担当副大臣が飲んでいた老舗クラブKの場所や名前が気になったので調べてみました。

老舗クラブK

文春デジタルによると、『赤坂の老舗クラブK』という情報がありました。

画像とワンフレーズから執念で場所と老舗クラブKの名前を見つけました!

ビル横の看板をクローズアップすると分かるのですが、大塚高司防災担当副大臣が震災のときに居た老舗クラブKは『赤坂くき田』でした。

知る人ぞ知る老舗クラブといった印象で、ネット上にもほとんど情報は出ていません。

昔、会社の社長に銀座のスナックに連れていってもらったことがあるのですが、よくこんな店知ってるなぁ~というくらい穴場な場所でした。

『赤坂くき田』もそんな老舗クラブのようです。

老舗クラブK『赤坂くき田』と国土交通省の位置関係を見ると、確かに大塚高司防災担当副大臣が言うように、「国交省の近くのクラブKでテレビなどで状況を確認しながら、待機していた」というのも納得な距離です。

 


スポンサーリンク


 

まとめ

今回は、2019年6月18日22時22分に発生した新潟・山形地震の際に、国交省へは行かずに赤坂の老舗クラブK『赤坂くき田』でホステスや後輩議員らと飲酒していたと報道された大塚高司防災担当副大臣についてお伝えしてきました。

最大震度6弱を記録し、日本中が被災地を心配している最中、防災担当副大臣である大塚高司議員は国土交通省に戻ることなく、水割りを飲んでいた(客の証言)ということで、大塚高司議員に対する非難の声が多く聞こえています。

この記事でご紹介した情報を最後にまとめておきます。

  • 大塚高司防災担当副大臣は、新潟・山形地震発生時に老舗クラブKで後輩議員とホステスと飲酒していた。
  • 後輩議員に国土交通省に戻った方が良いのでは?と促されるも「大丈夫だ」といって、水割りを飲んでいた(客証言)
  • 翌19日以降、「俺はあの日、飲んでないよな?」などと周囲に念押ししていた
  • 大塚高司防災担当副大臣とホステスの関係性に含みを持たせた文春の記事だった
  • 大塚高司防災担当副大臣が飲んでいた老舗クラブKは『赤坂くき田』と判明

余震が心配される中、今後、大塚高司防災担当副大臣の発言や対応が注目されています。

震災当日の状況など、さらに詳細情報が入りましたら、順次追記していきます。

マハロ!

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!