大塚雄介(コインチェックCOO)のWIKIプロフ!経歴や出身高校・大学を調査!

仮想通貨・ビットコイン

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

コインチェックが580億円相当の
仮想通貨ネム(XEM)を不正に出金された
被害を受け、緊急記者会見が開かれて
いました。

その際、メインで説明に当たったのは
コインチェック社長の和田晃一良さん
ではなく、今回ご紹介する、
大塚雄介コインチェック取締役COO
でした。

大学院で量子理論物理学を学ぶ一方、
音楽イベントでDJとしても活動して
いる大塚雄介コインチェックCOOって
一体どのような人物なのでしょうか?

大塚雄介コインチェック取締役COOの

  • WIKIプロフィール
  • 大塚雄介の経歴
  • 出身高校や大学はどこ

などについて調べてみました。

 


スポンサーリンク


 

大塚雄介WIKIプロフィール

  • 本名 大塚雄介(おおつか ゆうすけ)
  • 出身地 群馬県
  • 生年月日 1980年
  • 年齢 37歳(2018年1月現在)

 

大学院を卒業後、(株)ネクスウェイ
入社し、営業、事業戦略、開発設計など
の仕事に従事していました。

その後、現在のコインチェック(株)の
前身であるレジュプレス(株)
創業メンバーとなり、現在では、
コインチェック取締役COOとなって
います。

 

出身高校や大学はどこ?

出身高校や大学
大塚雄介コインチェック取締役COOの
出身高校は、

  • 群馬県立太田高等学校

です。

 

群馬県内ではトップクラスの高校で、
男子校で文武両道の学校という口コミが
目立ちましたので、熱い雰囲気の高校の
ようですね!

太田高校の偏差値は67で、
群馬県内189校中第4の偏差値と
なり、東京6大学への進学者も多数
います。

大塚雄介コインチェック取締役COOは
太田高校でどんな高校生活を送ったので
しょうかね。

地元でトップクラスの高校に進学した
訳ですから、小学校・中学校時代から
成績優秀で、勉強熱心な学生だったので
しょうか。

 

大塚雄介コインチェック取締役COOの
出身大学院は、

  • 早稲田大学大学院

です。

 

早稲田大学院では、量子理論物理学を
専攻
していました。
仮想通貨のセキュリティレベルと
量子コンピュータの処理速度は、
仮想通貨の安全性を図る上で重要
ですし
大学院での量子理論の知識も、業務で
活かされているのでしょうね。

 


スポンサーリンク


 

大塚雄介の経歴

父親の職業
大塚雄介コインチェック取締役COOの
経歴をご紹介します。

2006年
株式会社ネクスウェイ入社
入社後は、
法人営業(ネット広告の新規開拓)1年
新事業創出プロジェクトを3年
新規事業の企画、設計、副責任者 3年

2012年
レジュプレス株式会社の創業メンバー
ここでは、ビジネス提携、広報、
マーケティングの仕事をしています。

大学院卒業後、他社で7年間しっかり
ビジネス経験を積んでの起業ですから
真面目で理想的なステップだと思います!

 

コインチェックの関連記事は
こちらにまとめていますので、
是非、ご覧ください。

 

大塚雄介コインチェック取締役COO
以外の若き新鋭起業家の記事は、
こちらにまとめています!

 

まとめ

今回は、コインチェック取締役COOの
大塚雄介さんをご紹介しました。

調べてみて分かったことを、
簡単にまとめておきます。

  • 群馬県出身37歳
  • 出身高校は、群馬県立太田高等学校
  • 出身大学院は、早稲田大学大学院卒業
  • 経歴は、株式会社ネクスウェイ勤務後
    コインチェックの前身会社である
    レジュプレス株式会社の創業メンバーに

 

記者会見での印象や、これまでの
インタビュー記事、Facebookなどを
読んでみた感想としては、
「悪い人ではない」ということですね。

今回のコインチェック580億円流出は
セキュリティ面での認識の甘さ、
対応の遅さが原因
ですので、責められ
ても仕方ない部分はありますが、
社員や社会への想いをもって、
良い経営者になりたいという意思は
伺えます。

今後、コインチェックがどうなって
しまうのか、まだまだ分かりませんが
会社の動向と共に、大塚雄介さんの
動向にも注目していきたいと思います!

マハロ!

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!