パーフェクトクライム4話のあらすじネタバレと感想!明らかになる東雲の真実!

パーフェクトクライム

アロハ〜ハワイ移住を計画中のラニです♪

ドラマL『パーフェクトクライム』(テレビ朝日)4が2月9日に放送されました。

主人公・前島香織(トリンドル玲奈)は住宅メーカーに勤めるインテリアプランナー。

3では、前島香織は同僚の一流デザイナー・東雲遥斗(桜田通)と関係を深め休日デートを楽しんでいましたが、そのデート中に、上司で元不倫相手の冬木拓馬(眞島秀和)の姿を見つけます。

一緒にいた冬木拓馬の妻・冬木美和(伊藤ゆみ)を見ると、その女性は以前駅で東雲遥斗が抱き締めていた女性だったことがわかりました。

4では、東雲遥斗と冬木美和の関係が明らかになっていきます。

2人の関係は5年前のニューヨークから始まっていたのでした・・。

今回はそんな『パーフェクトクライム』4あらすじネタバレと、感想・考察について紹介します。

『パーフェクトクライム』を見逃してしまった場合は、TSUTAYA DISCASの無料視聴をご利用ください。

動画を見るならTSUTAYA DISCAS!30日間無料お試しはこちら!
 

パーフェクトクライム4話のあらすじ

東雲遥斗(桜田通)と再び一夜を共にした前島香織(トリンドル玲奈)。翌日、インテリアフェアに出かけた2人は、そこで上司の冬木拓馬(眞島秀和)と妻の美和(伊藤ゆみ)の姿を目撃する。前日に東雲と一緒にいた女性は拓馬の妻だと気づいた香織。そして、自分に仕掛けられた罠の正体を知ってしまう。東雲が香織に近づいた本当の理由とは…?それは香織にとって、あまりにも甘く、残酷なものだった。
 東雲が明かした事実に打ちのめされる香織。翌日、出社すると、元気のない香織を部下の宇佐美礼子(喜多陽子)やデザイナーの小野幸哉(落合モトキ)が気遣ってくれるが…。
 一方、香織を欺いていた東雲は、5年前ニューヨークにいた当時のことを思い出す。ニューヨーク支社で美和と出会い、付き合っていた東雲。美和を心から愛していたが、美和の心は…!
引用:パーフェクトクライム4話あらすじ

 


スポンサーリンク


 

パーフェクトクライム4話のネタバレと感想・考察

ドラマ『パーフェクトクライム』第4ネタバレ感想・考察をご紹介していきます!

3前島香織(トリンドル玲奈)東雲遥斗(桜田通)への想いは確かなものになり、休日デートを楽しむほどに。

しかし東雲遥斗の心には別の愛する女性、冬木美和(伊藤ゆみ)がいることを知ってしまいました。

4ではその事実を知り傷ついた前島香織ですが、同僚の小野幸哉(落合モトキ)から東雲遥斗と冬木美和の関係についてさらに深く知らされることになります。

一体2人の関係とはどんなものなのでしょう?

完全な四角関係、複雑すぎて気になります!!

それでは、4の詳しい内容のネタバレをお伝えします!
 

東雲遥斗の愛情とは

主人公は住宅メーカーで勤務するインテリアプランナー・前島香織(トリンドル玲奈)

上司・冬木拓馬(眞島秀和)との不倫関係を切り、その想いを全て一流デザイナー・東雲遥斗(桜田通)に向け、甘い夜だけでなく休日のデートを楽しむほどに。

しかしそのデート中に2人は冬木拓馬と妻・冬木美和(伊藤ゆみ)のデートする様子を見てしまう。

冬木美和の顔を見た前島香織は、東雲遥斗が以前駅で抱き締めていた女性と同一人物であることに気付く。

急いで前島香織の手を引き、その場から立ち去ろうとする東雲遥斗。

あまりに無理に引っ張るので階段を上る時、前島香織のハイヒールが折れて転んでしまった。

「悪い・・。すぐ近くの靴屋で買ってくる!」

焦りと優しさが混ざった様子の東雲遥斗に前島香織は言う。

「いらない!そんな嘘の優しさなんか、もういらない!

そう叫ぶ前島香織は、東雲遥斗が仕掛けた甘くて残酷な罠の正体を全て理解していたのだった。

駅で東雲遥斗と冬木美和が一緒にいた姿を見たことを伝え、問いかける。

「あなたが本当に愛しているのは、拓馬さんの奥さんだった。だったらどうして私を抱いたの?!私は、あなたに言われて拓馬さんとも別れて・・」

言葉の途中で前島香織は気付く。

「・・それが狙いだったの?あなたは、拓馬さんから私を引き離すことで、愛する人がこれ以上傷つかないようにした・・。」

(嘘だと言って欲しい・・。)

その前島香織の願いも虚しく、東雲遥斗の返事は厳しい現実だった。

「・・そうだよ。美和と冬木部長が結婚する前、俺たちは付き合ってたんだ。」

それでも冬木美和は冬木拓馬を選び、彼女が心から冬木部長のことを愛しているとわかっていても忘れられなかったこと。

取り戻すことができなくても、愛してもらえなくても、心の片隅に置いてもらえるならそれでいいって思っていたこと。

そうした葛藤があったことを話し、東雲遥斗はさらに続ける。

「でも、冬木部長はお前と関係を持った。それを知った美和は壊れていった。それでも美和は冬木部長のことを愛している。だから、美和を取り戻すことができないなら・・。」

「私を引き離して、彼女の幸せを・・?」

「そうだ。」

今までの東雲遥斗の「嫌いだ」という発言、冬木拓馬が東雲遥斗と前島香織を遠ざける理由、同僚の小野幸哉(落合モトキ)の忠告・・全てが繋がっていく。

「でも、お前も俺と同じで苦しんでいるんだってわかった。だから余計ムカついた。粉々に壊してやろうと・・」

もういい!!

東雲遥斗の言葉を遮り、折れたハイヒールを脱ぎ捨てその場から走り去っていく前島香織。

辛い真実を遂に知ってしまいましたね・・。

何が辛いって、愛情がないことはわかっていたけど、全ては他の女性への深い愛情のために行っていたことで、しかもそこには憎しみがあったというところが本当に悲しい・・。

惨めな気持ちでいっぱいでしょうね・・。

どうして前島香織はそんなにワケありな男ばっかりがいいんでしょう?!

それじゃ幸せになれないよ〜!涙

 


スポンサーリンク


 

小野幸哉の想いと東雲遥斗の憎しみ

翌日出勤すると、部下の宇佐美礼子(喜多陽子)前島香織(トリンドル玲奈)に声をかける。

「何かありました?目、何か腫れてません?」

焦った前島香織はその場を何とか誤魔化していたが、明らかに元気がない様子に周囲は気づいていた。

するとデザイナー・小野幸哉(落合モトキ)が打ち合わせを、と2人きりで話す機会を作るが、それは本当は打ち合わせではなく元気のない前島香織の様子を心配してくれていた。

「だからやめといた方がいいって言ったでしょ。」

突然の小野幸哉の言葉に驚く前島香織。

小野幸哉も以前ニューヨーク支社で働いていた時があり、東雲遥斗(桜田通)と一番仲が良かったらしく、冬木美和との関係もよく知っていた。

「ごめん。こうなったのには、俺にも責任があるかもしれない。

「・・え?小野さんに?どうして?」

「俺、東雲と美和ちゃんがまだ切れてないって知らなくて、俺の好きな人冬木部長に奪われたって言っちゃったんだよ。」

当時は小野幸哉も前島香織のことが好きだったそうだった。

衝撃的な事実だが、それよりも前島香織は東雲遥斗の話の続きが気になる。

冬木拓馬(眞島秀和)の不倫のことを知った東雲遥斗はまだニューヨーク支社にいたが本社へ自ら異動希望を出し、前島香織への異常なほどの憎しみを抱えて本社へやってきたのだった。

(そこまで彼は私を憎んでいたんだ・・。その憎しみが、あの甘い夜を生み出した・・。憎んでいる相手を、あんなに優しく抱くなんて・・彼はどれほど美和さんを愛しているんだろう・・。)

 


スポンサーリンク


 

全ての始まりは5年前のニューヨーク

5年前、ニューヨーク支社には冬木拓馬、東雲遥斗、冬木美和、小野幸哉がいた。

東雲遥斗は入社してすぐ冬木美和と出会い、年上だが子どもっぽくてでも包み込むように優しい彼女に魅せられ恋に落ちた。

東雲遥斗が告白をすると冬木美和は少し寂しそうな表情を浮かべながら、「いいよ」と答えた。

その後2人は愛し合う。

しかし、冬木美和の目からは涙がこぼれ落ちていた。

「私ね、本当は遥斗と出会う前からずっと冬木さんが好きだった。もう遥斗にも自分にも嘘つけない。ごめんなさい。」

「・・何で今そんなこと言うんだよ。」

「彼、本社に栄転になったの。私、彼と一緒に日本に行きたい・・。ごめんなさい・・。」

「・・行くな・・。行かせない!

涙を流し立ち去ろうとする冬木美和を呼び止め、無理やり愛情を表現する東雲遥斗。

しかしその後、冬木美和は東雲遥斗の前から去ってしまった。

愛する人を失った悲しみに耐え切れず、絶望する東雲遥斗。

でもそれが、全ての始まりだった・・。

ここで4は終わりです!

東雲遥斗の真実、そして全ての始まりについて明かされました!

みんな実は知り合いだったんですね〜。

冬木美和への東雲遥斗の想いがそもそも尋常じゃないくらい強く、だからこそ手に入れたと思った途端失うことになってしまってショックでたまらなかったのでしょう。

前島香織が幸せになる日はまだまだ遠いのでしょうか・・。
 

ドラマL『パーフェクトクライム』第5話のあらすじ

ドラマL『パーフェクトクライム』第5予告動画あらすじを紹介します。

東京本社に栄転となった冬木拓馬(眞島秀和)を追って帰国した美和(伊藤ゆみ)のことが忘れられず、苦しむ東雲遥斗(桜田通)。さらに追い打ちをかけるように2人が結婚したことを知る。美和を忘れるため、仕事に没頭する東雲。そんなある日、美和から連絡が入る…!

美和を諦めきれない東雲は休暇を取って帰国し、先輩デザイナーの小野幸哉(落合モトキ)を呼び出す。2人で美和のことを話していると、小野から意外な事実を告げられる。東雲を裏切った美和は、いま、冬木に裏切られているという。冬木は部下のプランナー、前島香織(トリンドル玲奈)と不倫関係にあった。

もしかすると、これをきっかけに美和を取り戻せるかもしれない。そう考えた東雲は、美和に連絡をとるが…。
引用:パーフェクトクライム5話あらすじ

 
第5話では、この東雲遥斗の過去がまだまだ明らかになっていくみたいです!

5年間、前の彼女のことを想い続けた分、前島香織への憎しみも強いんですね。

その憎しみの強さがわかる第5話、必見です!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です