パーフェクトクライム5話のあらすじネタバレと感想!トリンドル玲奈が憎まれる理由!

パーフェクトクライム

アロハ〜ハワイ移住を計画中のラニです♪

ドラマL『パーフェクトクライム』(テレビ朝日)5が2月16日深夜に放送されました。

主人公・前島香織(トリンドル玲奈)は住宅メーカーに勤めるインテリアプランナー。

4では、前島香織が想いを寄せる同僚の一流デザイナー・東雲遥斗(桜田通)の過去の恋愛の一部が明らかになりました。

5では、東雲遥斗と元恋人・冬木美和(伊藤ゆみ)のその後についてもっと詳しく描かれます。

冬木美和は東雲遥斗の元から去ってどこへ行ったのか。

東雲遥斗は何故あんなにも前島香織のことを憎んでいるのか。

そこには意外な人の存在がありました・・!

今回はそんな『パーフェクトクライム』5あらすじネタバレと、感想・考察について紹介します。

『パーフェクトクライム』を見逃してしまった場合は、TSUTAYA DISCASの無料視聴をご利用ください。

動画を見るならTSUTAYA DISCAS!30日間無料お試しはこちら!
 

パーフェクトクライム5話のあらすじ

東京本社に栄転となった冬木拓馬(眞島秀和)を追って帰国した美和(伊藤ゆみ)のことが忘れられず、苦しむ東雲遥斗(桜田通)。さらに追い打ちをかけるように2人が結婚したことを知る。美和を忘れるため、仕事に没頭する東雲。そんなある日、美和から連絡が入る…!
 美和を諦めきれない東雲は休暇を取って帰国し、先輩デザイナーの小野幸哉(落合モトキ)を呼び出す。2人で美和のことを話していると、小野から意外な事実を告げられる。東雲を裏切った美和は、いま、冬木に裏切られているという。冬木は部下のプランナー、前島香織(トリンドル玲奈)と不倫関係にあった。
 もしかすると、これをきっかけに美和を取り戻せるかもしれない。そう考えた東雲は、美和に連絡をとるが…。
引用:パーフェクトクライム5話あらすじ

 


スポンサーリンク


 

パーフェクトクライム5話のネタバレと感想・考察

ドラマ『パーフェクトクライム』第5ネタバレ感想・考察をご紹介していきます!

4前島香織(トリンドル玲奈)は、東雲遥斗(桜田通)の愛する女性が冬木美和(伊藤ゆみ)であることを知り、東雲遥斗と冬木美和の過去が明らかになっていきます。

5はその過去の話の続き。

東雲遥斗と一度は付き合った冬木美和でしたが、冬木拓馬(眞島秀和)のことが好きだと言って彼女は東雲遥斗の元を去ってしまいます。

それでも冬木美和のことを忘れられずにいた東雲遥斗は、同僚の小野幸哉(落合モトキ)から、衝撃的な事実を知らされます。

どうしても冬木美和を幸せにしたい東雲遥斗は深すぎる愛から生まれた憎悪によって復讐を始めます。

それでは、5の詳しい内容のネタバレをお伝えします!
 

元カノ冬木美和が結婚することを知る

主人公は住宅メーカーで勤務するインテリアプランナー・前島香織(トリンドル玲奈)

職場の上司・冬木拓馬(眞島秀和)と不倫関係にあったが、ニューヨークから来た一流デザイナー・東雲遥斗(桜田通)から不倫をやめるように言われながら関係を持つように。

前島香織は言われた通り冬木拓馬とは別れ、いつしか東雲遥斗に夢中になっていた。

しかし東雲遥斗の心には、前島香織と関係を持ちながらも他に愛する女性・冬木美和(伊藤ゆみ)がいることを知る。

冬木美和と東雲遥斗は5年ほど前ニューヨークで付き合っていたが、冬木美和は冬木拓馬のことが好きだと言って東雲遥斗の元を去っていってしまった。

5はその続きから。

冬木美和のことで頭がいっぱいで、ロクに仕事に手がつかなかい東雲遥斗。

その様子を見かねた同僚の小野幸哉(落合モトキ)は東雲遥斗を飲みに行こうと誘う。

「俺、日本に帰ることになったんだ。」

日本の支社は今デザイナーが足りないらしく、冬木拓馬、冬木美和に続いて小野幸哉まで行くことに。

「またすぐ戻ってくるかもしれないしさ。」

と言う小野幸哉の言葉を聞いた東雲遥斗は、冬木美和もニューヨークに戻ってくるかもしれない、という儚い願いを抱いていた。

しかしそんなある日、日本にいる小野幸哉から東雲遥斗へ電話が入る。

美和ちゃんと拓馬さんが結婚するって。お前には招待状行かないだろうけど一応知らせておこうと思ってさ。まぁ、お前ならすぐあれだよ・・。」

と励ます小野幸哉。東雲遥斗は

「これで良かったんですね。やっと忘れられます。」

と本心ではない返事をしていた。
 

冬木美和との再会

冬木美和を失い、仕事に没頭するしかない東雲遥斗。

夢中になって働いていたところ、突然冬木美和から電話がきた。

「今友達に会いにニューヨークに来てるから、良かったら飲みに行こうよ

残酷な誘いだったが、それでも東雲遥斗は嬉しくて、そしてまた冬木美和に触れたいという思いが芽生えてきていた。

東雲遥斗は冬木美和と2人きりで会うと気持ちを抑えきれず、冬木美和を抱き締める。

「私、結婚してるんだよ!」

と抵抗する冬木美和だったが、その言葉を聞いても東雲遥斗はやめることなく、そのまま恋人だった頃のように冬木美和を愛した。

しかしどれだけ東雲遥斗が冬木美和を求め、愛しても冬木美和の身の回りには常に、冬木拓馬へ誓った愛が消えることはなかった。

(愛しても愛しても、美和は冬木さんを愛している。俺ができることはない。それでも俺は彼女を愛していた・・。)

 


スポンサーリンク


 

冬木拓馬の裏切り

東雲遥斗が休暇をとって日本へ来た。

小野幸哉と会い、様々な話をする。

「こっちで何か予定あんの?」

と聞かれると、すぐに浮かぶの冬木美和の顔。

(美和に会いたい。)

すると小野幸哉から衝撃の事実を知らされる。

「美和ちゃんは、今冬木部長に裏切られてる。社内で不倫だよ。」

そこで初めて東雲遥斗は、前島香織の存在を知る。

「プランナーに前島香織って子がいるんだけど、センスも良くて仕事もすげぇがんばってんだよ。」

小野幸哉も前島香織のことが好きだったが、前島香織は冬木拓馬に憧れていたのもあり、どちらから誘ったかはわからないが現在不倫関係にあるということだった。

しかし東雲遥斗は、前島香織が言い寄ったのだと理解し、一つの作戦を思い付く。

(もしかしたらこれを知った美和は離婚するかもしれない。)

浅はかな考えから冬木美羽に連絡を取り、2人は会う約束をした。
 

“結婚”の意味の重さ

郊外のカフェで会った冬木美和(伊藤ゆみ)東雲遥斗(桜田通)

冬木拓馬(眞島秀和)の不倫のことを伝えると、

「話はそれだけ?」

という答えだけだった。想像とは違う冬木美和の反応に東雲遥斗はムキになる。

「いいのかそれで!部下に手出すような男なんか別れて戻ってこいよ!」

「何言ってるの。拓馬さんはちゃんと毎日帰ってきてくれるし、いつも私を大切にしてくれる。私は彼を信じてる。

冬木美和は笑顔で答えるだけだった。

しかし後日、冬木美和から突然泣きながら電話がかかってくる。

「遥斗・・。私、どうしたらいいのかな・・。もう死にたい・・。

不倫が事実であることを知ってしまったのだった。

急いで冬木美和の元へ行くと、あまりのショックに自殺を図っていた。

「美和!何やってんだよ!死ぬなんて何考えてんだよ!死ぬくらいなら別れろよ!なんでそこまで冬木にしがみつこうとすんだよ!」

「彼を失うくらいなら今私はここで死ぬ!」

もはや冬木美和は自分を見失っていた。

「遥斗にはわからない。結婚も離婚も、一時の感情だけでできるものじゃないの!」

「俺とは、一度も(結婚を)考えなかった・・?」

聞きたくない答えが来ることはわかっていたがそれでも聞く東雲遥斗。

「遥斗は大事な、友達・・。」

冬木美和はそう言って、冬木拓馬の元へ帰って行った。

(俺はあまりにも浅はかだった・・。結婚というシステムなんて簡単に壊せると思っていた。俺は浅はかで愚かだった・・。)

 


スポンサーリンク


 

恋愛と仕事の憎しみ

ニューヨークへ戻った東雲遥斗は仕事に打ち込むしかなく、冬木美和のことは忘れることにしていた。

そんなある日、会社でロッキングチェアのデザインのコンペが行われることになった。

デザイナー以外も出展可能だが、ほぼデザイナーの賞取り合戦だ。

周囲の期待もあり、優秀賞をとる自信があった東雲遥斗だった。

しかし最優秀賞をとったのは、自分でもなく、本社のデザイナーでもなく、インテリアプランナーの前島香織(トリンドル玲奈)だった。

小野幸哉(落合モトキ)から名前を聞いてはいたが、顔写真付きで社内で表彰されているのを見た東雲遥斗。

冬木拓馬と不倫関係になったことで冬木美和を苦しめ、仕事において東雲遥斗を苦しめる前島香織に強い憎しみが生まれた。

決心した東雲遥斗は本社への短期間の異動の希望を出し、半年間東京へ。

(なぁ。美和。お前を幸せな生活に戻してやるよ。前島香織を俺が潰してやる。粉々に・・。)

前島香織を潰すためなら、心さえ失ってもいい。

東雲遥斗はそう固く決意していた。

 
ここで5は終わりです!

東雲遥斗はとにかく冬木美和のことを愛しているんですね〜。

ただでさえその愛が深すぎるのに、そこに仕事の恨みも入ってきてしまい色んな感情が憎しみに変わったということです。

女の恨みも怖いですが、男の恨みってかなり怖い!!
 

ドラマL『パーフェクトクライム』第6話のあらすじ

ドラマL『パーフェクトクライム』第6予告動画あらすじは、公開され次第、こちらに掲載いたします。

しばらくお待ちください。

6では、いよいよ東雲遥斗と前島香織が出会うところから始まります!

これまでは前島香織目線で様々なことが起きていましたが、東雲遥斗目線で明かされることによって、今までの疑問や謎がわかることを期待したいですね!

6は見逃せません!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です