節約ロック5話のあらすじネタバレと感想!ロックな松本タカオ復活?!

節約ロック

アロハ〜ハワイ移住を計画中のラニです♪

シンドラ『節約ロック』(日本テレビ)5が2月18日深夜に放送されました。

主人公の松本タカオ(上田竜也)30歳は、ロックを愛するサラリーマン。

4では、松本タカオの母からお見合いをするように迫られましたが、節約に対して本気であることが伝わり、何とかお見合いは避けられました。

5は、元カノ・大黒マキコ(藤井美菜)に改めてきちんと告白しますが、貯金がないとダメだと言われてしまい300万円の貯金を目指すことに。

しかし松本タカオの憧れの上司・桑田ケイゾウ(宇梶剛士)に誘われたことをきっかけに、これまで積み重ねてきた節約ロックがパァになってしまいます。

今回のロックの神様はなんと今話題のあの超有名バンドのヴォーカリストです!

今回はそんな『節約ロック』5あらすじネタバレと、感想・考察について紹介します。

節約ロックを見逃してしまった場合は、
huluの無料視聴をご利用ください。


>>huluの無料トライアルはこちら

※紹介している作品は、2019年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。
 

節約ロック!5話のあらすじ

節約に励むタカオ(上田竜也)は、元カノ・マキコ(藤井美菜)にやり直したいと伝えるが「貯金もなく、将来が見えない」とあっけなく玉砕。諦めきれず、貯金300万円を達成してもう一度迎えにくることを宣言する。しかし月給手取り20万円のタカオにとってそれは遠い道のり……。頭を抱えるタカオに、桑田(宇梶剛士)から「俺の会社に来ないか?」と誘いが。なんと給料は今の3倍!新しいタワーマンションのキャッチコピーという課題を与えられ、終業後のオフィスで早速作業に取り掛かるタカオ。そこに恋と節約のライバル・稲葉(重岡大毅)がやってくる。2人きりのオフィスで、稲葉がタカオに近づいて……
引用:節約ロック5話あらすじ

 


スポンサーリンク


 

節約ロック5話のネタバレと感想・考察

シンドラ『節約ロック』第5ネタバレ感想・考察をご紹介していきます!

4で主人公・松本タカオ(上田竜也)は元カノ・大黒マキコ(藤井美菜)への強い想いを確信し、もう一度やり直したいと告白します。

5はその告白の答えが返ってきて、松本タカオは300万円の貯金を目指すことに。

節約ロックにさらに力が入る松本タカオでしたが、上司の桑田ケイゾウ(宇梶剛士)から誘われ、その気持ちが揺らいでしまうことに・・。

恋のライバル・稲葉コウタ(重岡大毅)もやってきて松本タカオとの距離がかなり近づきます。

2人の関係、松本タカオの運命はどうなるのでしょう?!

それでは5の詳しい内容のネタバレをお伝えします!
 

大黒マキコとやり直すには300万が必要!

主人公・松本タカオ(上田竜也)は、ロックを愛するサラリーマン30歳。

散財生活に愛想を尽かして出て行ってしまった元カノ・大黒マキコ(藤井美菜)を取り戻すために節約生活に励む。

そんな中、松本タカオは大黒マキコの元へ行き、節約を本気で頑張るからやり直してほしい、と伝える。

しかし大黒マキコからのOKはそう簡単には出なかった。

「結婚ってなると、色々考えなきゃいけないことがあるんだよ!」

そう言われた松本タカオは貯金がいくらあればいいのかと尋ねるが、大黒マキコの反応から、必要な貯金額は300万ということが判明した。

今の手取りが21万、月々3万貯金したとしたら300万まで・・9年くらい?

(遅い遅い〜〜〜!!)

焦った松本タカオは社長に給料アップを頼んでみるが、月々900円しかアップしなかった・・。

給料が悪くてへこんでいると、上司の桑田ケイゾウ(宇梶剛士)が声をかけてきた。

「タカオちゃんに一つ提案。桑田のカンパニー、来ない?!給料だってここの3倍はペイするよ!

と、3倍の給料を払える桑田ケイゾウの会社で雇ってくれると言い出した。

その会社で雇われるためには、桑田ケイゾウが今やっている、豊洲のタワーマンションのキャッチコピー案を出すテストに合格することが条件だった。

 


スポンサーリンク


 

重岡大毅の二人っきりの節約教室!

松本タカオは退勤時刻後も遅くまで残ってキャッチコピーを考える。

するとそこへ突然、恋のライバル・稲葉コウタ(重岡大毅)が現れた。

通りかかったら明かりが点いていたので、と言う稲葉コウタ。

もはやすっかり仲良し友達のような関係にイライラしつつも心の何処かでは喜びもある松本タカオ。

そして今日も稲葉コウタの節約授業が始まる

鉛筆とシャーペンでは鉛筆の方がずっと芯が長持ちすること、

“TSUNAGO”という鉛筆削りを使えば二本の短くなった鉛筆が一本の長い鉛筆となってまた使えること、

ボックスティッシュを長持ちさせる方法などなど、今日もタメになる情報ばかりだ・・。

「これ以上仕事の邪魔しちゃ悪いので、節約グッズに囲まれた最高の環境で、松本さんにしか書けないコピー、生み出してください!

そう言ってたくさんの節約グッズを残し、稲葉コウタは帰っていった。

(俺にしか書けないコピー・・・)

稲葉コウタにもらった鉛筆やティッシュなどの節約グッズに囲まれながら書き始めると、さっきまで完全に行き詰まっていたキャッチコピー案がどんどん閃いてくる。

それとともに頭に鳴り響くのはいつもの節約ロックの音・・しかしそれは「チャリン」とは違う、諭吉さんが降り注ぐ「パサッ」という音たちだった!

 

桑田ケイゾウの衝撃的な反応・・!

翌日松本タカオ(上田竜也)は大量に考えたコピー案を桑田ケイゾウ(宇梶剛士)に提出した。

「すごいね〜、これ全部タカオちゃんが・・。」

と感心する桑田ケイゾウ。松本タカオは、

「僕にできることはとにかくたくさん提出することだと思って・・。」

(と、謙遜してみたが、全て自信作だと言える・・!)

「オーーーール、ケチくさ〜い!

節約ロックに目覚めた松本タカオが考えたキャッチコピーは『最悪、東京駅から歩ける』『東京駅からタクシーでギリ1,000円』など全てケチくさかった。

「タカオちゃん、自分への投資怠ってるんじゃないの?

靴下の穴を隠すために塗りつぶしていたり、会社のコンセント使っていたこと、全て桑田ケイゾウはお見通しだったのだ・・。

桑田ケイゾウは、松本タカオに以前の「ロックなタカオ」を取り戻してチャンスを与えたそうだった。

「悪いけど・・キミには幻滅だ・・。

 


スポンサーリンク


 

今までとは違うロックの神様・フレディマーキュリー

(俺は愚かだ・・。節約グッズに囲まれた状態で、豪華なタワーマンションのコピーなんて考えられるわけがないじゃないか・・。)

今の会社では300万なんて到底無理だと思い知り、大黒マキコ(藤井美菜)のための節約がうまくいかない自分に絶望する松本タカオ。

自宅に帰ると、謎の音が聴こえてきた。

振り返るとそこにはロックの神様・フレディマーキュリー(野性爆弾・くっきー)の姿があった。

「あんなに大切な先輩を裏切ってたら、そりゃ怒られるで。」

今回のロックの神様は、いつもとは何かが違う・・。

今までのロックの神様は、節約はロックだって言っていたのに・・。

「節約がロックやて?笑わせんな!他人と同じこと言ってて、それロックやないやろ。

「俺は昔から金なんか一銭も残さん。金なんかバッチバチに使い切るようなそんな男やったんやで。」

松本タカオの心にはフレディマーキュリーの言葉が徐々に浸透していく。

散財こそロック。無駄遣いこそロック。二つ合わせてロックンロールや!!

この言葉を聞いた松本タカオは思わず家を飛び出した!

(フレディの言う通りだ!節約がロックだなんて、大間違いだ!!

そのまま楽器店へ走り込み、勢いのままギターを買い路上で弾き荒らす。

偶然そこを通りかかった同僚の椎名リン(アヤカ・ウィルソン)が松本タカオのその姿を見つめていた。

そしてその頃、告白をされた元カノ・大黒マキコは松本タカオの部屋に立ち寄っていたのだ・・。

 
ここで5は終わりです!

今まで一生懸命節約に励んできた松本タカオだったのに、結局散財生活に戻ってしまいそうです・・。

しかも最後には元カノ・大黒マキコも来てしまいました〜!

こんな状態を見られたら、大黒マキコを取り戻すなんて到底できなくなってしまいます・・。

300万円コツコツ貯めようよ〜!汗
 

シンドラ『節約ロック』第6話のあらすじ

「散財こそロックだ!」と、タカオ(上田竜也)が高級シャンパンで泥酔して帰宅すると、運悪くそこには呆れ顔のマキコ(藤井美菜)が。憧れの桑田(宇梶剛士)からも冷たくあしらわれ、落ち込むタカオ。そこへ、後輩のリン(アヤカ・ウィルソン)から突然自宅への招待が。ギターをかき鳴らすタカオを見て好きになったというリンは、大金持ちのアメリカ人IT社長を父に持つ超お嬢様で、一人暮らしする家も超大豪邸!仕事もやめてここで暮らせばいいという甘い誘惑にタカオの心は揺れる。「節約をやめないで!」という稲葉(重岡大毅)の悲痛な叫びを振り切って、タカオはダークサイドへ堕ちてしまうのか……
引用:節約ロック 6話あらすじ

6は今まであり得なかった、椎名リンとのまさかの展開ですね!

これは逆玉の輿を狙えるチャンス・・!

でも大黒マキコのことはいいのでしょうか。

6は新展開に期待です!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です