デザイナー渋井直人の休日4話のあらすじネタバレと感想! 山口紗弥加が美人女将で登場!

デザイナー渋井直人の休日

アロハ〜ハワイ移住を計画中のラニです♪

木曜ドラマ『デザイナー渋井直人の休日』(テレビ東京)の4が2月8日深夜に放送されました。

デザイナー渋井直人(光石研)、休日をおしゃれにスマートに楽しむ52歳独身。

3では若くて可愛い歌手・京川夢子(池田エライザ)のパクリ疑惑に付き合わされて炎上になったり、はたまた彼女との深い関係を期待して結局うまくいかなかったり、派手な休日でした。

今まで若い女性に振り回されてきた渋井直人でしたが、4では山口紗弥加さん演じる美人女将との運命?の出会いです。

落ち着きがあって綺麗で本当に素敵な女将なんですが、そこへ超有名デザイナーが入ってきたり、さらに徹夜の仕事が舞い込んできたり。

今話は仕事も大変な休日になりそうですよ~!

そんな『デザイナー渋井直人の休日』4あらすじネタバレ感想・考察について紹介します。
 
『デザイナー渋井直人の休日』を見逃してしまった場合は、TSUTAYA DISCASの無料視聴をご利用ください。

動画を見るならTSUTAYA DISCAS!30日間無料お試しはこちら!
 

デザイナー渋井直人の休日4話のあらすじ

渋井直人(光石研)52歳。独身。個人事務所をもつおしゃれデザイナー。仕事も恋もまだまだ現役。家の近くにある「らんちま」という創作料理のお店へと足を運んだ渋井。内装もメニューも好みで、何より女将(山口紗弥加)が美人。いいお店を見つけたと浮かれている渋井のもとに、杉浦(岡山天音)から仕事の電話が入る。
料理を少し食べて仕事に戻ろうとしたとき、常連と思わしき業界人風のチャラ男・ルカニ可児(村上淳)がお店に入ってきて…
引用:デザイナー渋井直人の休日4話あらすじ

 


スポンサーリンク


 

デザイナー渋井直人の休日4話のネタバレと感想・考察

ドラマ『デザイナー渋井直人の休日』第4ネタバレ感想・考察をご紹介していきます!

今回の渋井直人の休日は、良い雰囲気のお店を見つけた上に美人女将・町田蘭(山口紗弥加)との出会いに舞い上がります。

しかし超有名デザイナー・ルカニ可児(村上淳)が来店してきて、一緒に飲むことに!

ルカニ可児の熱い情熱に影響を受け、徹夜に励む渋井直人に追い打ちをかけるようなショッキングな出来事が起こる・・?!

 

取材でかっこつける渋井直人

主人公・デザイナー渋井直人(光石研)は、恋も仕事もまだまだ現役の52歳独身。

名声が欲しくないと言ったら嘘になる。

でも人とは比べない。

人は人、自分は自分、目の前の仕事に真摯に向き合う、ただそれだけだ。

そんな渋井直人の今回の休日は、飛行機の機内誌に載る取材から始まる。

『クリエイターの休日』という特集で、休日の過ごし方を語る渋井直人。

「休日はDJしたり、映画を観に行ったり・・」

ものすごくかっこつけながら語る渋井直人。

インタビュアーから最後に、「渋井さんの休日の流儀は?」と問われると

「仕事の話はしない。名前も肩書きも語らない。休日は、デザイナー渋井直人、休む。でしょうか。」

と究極にかっこつける。

横で取材の様子を見ていた渋井直人のアシスタント・杉浦ヒロシ(岡山天音)に感想を聞くと、

「本当に正直に言っていいなら、どうでも良いって感じですかね。渋井さんが休日にDJやってるって飛行機で知らされても、何の感情も湧かないですかね。」

と、笑いながら話されてしまった・・。

撮影場所としてお店を貸したピータードッグの店主(池松壮亮)も、「まぁねぇ・・」と半笑いで同意。

思わず固まる渋井直人。

(・・いいんだ。杉浦くんが正しい。正しいよ。・・ムカつくけど。)

4も、オープニングから渋井直人さんのかっこつけが早速空回りしていてついつい笑っちゃいます~。

このついついかっこつけオジサンになっちゃう渋井直人さんと、正直で気の利かない杉浦ヒロシくんの絡みが、理想に浸っている渋井直人さんを現実に戻してくれていて名コンビだなって思いますね!

 


スポンサーリンク


 

ついに見つけた!美人女将との運命の出会い

とある休日の夜に渋井直人は創作料理屋「らんちま」にやってきた。

内装がおしゃれで家からも近い、何より女将が素敵だ!

渋井直人のお気に入りのお店に認定された。

らんちまの女将・町田蘭が料理を持ってきて渋井直人と会話をする。

「初めてのお客さんですよね。」

「はい!でも素敵なお店なのでもうファンになりました!ここはお一人で?」

なんて楽しい会話を繰り広げながら日本酒を注いでもらうと、上機嫌になった渋井直人の妄想が始まる。

(・・やばい。ついに見つけたかも。ついに見つけちゃったかも・・!)

早速女将・町田蘭の営業トークにメロメロになっている渋井直人の携帯に、アシスタントの杉浦ヒロシから電話が入った。

渋井直人が担当している雑誌デザインがやり直しになってしまい、明日までに32ページ全部作り直さなければならない事態とのことだった。

これは今から徹夜だ・・!せっかく良い店見つけたのに・・。

ヘコむ渋井直人に町田蘭が声をかけ、カウンター席で話しながら飲むことに。

「デザイナーさん、なんですね。私あまり知らない業界なので失礼だったら申し訳ないんですけど、すごく有名なデザイナーさんなんですか?」

素敵な笑顔で明るく話しかける町田蘭。

渋井直人の頭には、機内誌の取材で答えた「休日は、肩書きや名前は名乗らない。」の記憶がよみがえる。

しかし、美人女将が知りたがっているんだし、と都合良く自分に言い聞かせてつい色々と話してしまう。

町田蘭と渋井直人のやりとりが盛り上がっているところに、常連風の男女二人組のお客が入ってきた。

女の方はモデルのIZUMI(花音)、男の方は日本NO.1デザイナーのルカニ可児だった。

ルカニ可児は業界人満載の話し方、節操なくでかい仕事ばかりやって、テレビにも出ていて、チャラチャラしていて・・そして渋井直人の同期にあたるのだ。

人は人、とは思っていても、渋井直人としてはルカニ可児がこんなにも認められていることが納得いかない部分もある。

女将の町田蘭もルカニ可児ととても仲良さそう・・知らない業界と言っていたのに、常連がルカニ可児だなんて!

(こんなところで巻き込まれたら赤っ恥だ、早く帰って徹夜だ。)

そう思って席を立つ準備をすると、

「渋井さん?渋井直人さん・・?」

まさかのルカニ可児の方から渋井直人に声をかけてきた。

ルカニ可児は渋井直人がデザインした雑誌、CDジャケット等さまざまなものを知っていて、IZUMIや女将・町田蘭にも渋井直人のデザイナーとしての仕事を紹介する。

「どうしてそんな僕のことを・・?」

店を出ようと荷物をまとめながら聞く渋井直人に対してルカニ可児は

「いやいや当たり前じゃないですか。良い仕事してる人は気になりますって!」

と言ってくれた。

渋井直人のいつもの悪い癖…。

つい気持ちが舞い上がってしまい、そのまま一緒に飲むことになってしまった。

ルカニ可児はさらに続ける。

「見ましたよ~『クリエイターの休日。』」

渋井直人が先日取材を受けた飛行機の機内誌のことだ。

そんなものまで見ているのか・・と関心していると、なんとその雑誌の表紙はルカニ可児、むしろほとんどのページが彼の特集だった。

渋井直人が載っているたった1ページ。

「休日は、肩書きは名乗らない」も晒されてしまい恥ずかしくてしょうがない・・・。

ヘコむ渋井直人にルカニ可児が問いかける。

「でも渋井さん、真面目な話、デザインがんばってない雑誌にデザイナーが載るって若干リスキーじゃないですか?」

同感する渋井直人。

すると一読者の意見としてIZUMIと町田蘭から出た言葉は、「雑誌のデザインなんか見ていない。見ているのは中身だから。」だった。

その言葉を受けたルカニ可児は熱く語り始める。

「これが世の中の、デザインに対する見方だと思います。でも、俺はそれを変えたい!!」

「デザイナーってすげぇ良い仕事じゃないですか!時には何日も何日も徹夜して・・。」

その言葉を聞いた渋井直人も思わず感激する。

「やっぱりあんたナンバーワンだよ!」

抱き合い、涙を流す二人だった。

揉めたりしちゃうのかと思いきや、ルカニ可児さんが思ったよりいい人で渋井直人さんは意気投合しちゃいましたね!

でもかたや表紙な上に特集まみれ、かたやたった1ページでは、格の違いを見せつけられてへこみますよね~。

このあと二人の友情はどんな風になっちゃうのでしょう??

 


スポンサーリンク


 

渋井直人が知る、ショッキングな事実!

帰宅した渋井直人(光石研)。

「人は人、自分は自分。」

何度もそれを口に出し繰り返しながら、自宅兼事務所でアシスタントの杉浦ヒロシ(岡山天音)と徹夜で作業に励んでいたが、「らんちま」に忘れ物をしたことを思い出し、取りに戻る。

自分とルカニ可児(村上淳)とのギャラや仕事の仕方、周囲にいる人の差を感じながらも、

(まぁいいか。俺には女将がいる!)

心の支え、「らんちま」の美人女将・町田蘭(山口紗弥加)を思い出しながら女将のいるお店へ。

ちょうど店の前にたどり着くと、あのモデルのIZUMI (花音)が帰宅するところだった。

それを見送る町田蘭とルカニ可児。

渋井直人もそこへ行こうとしたところ、町田蘭がルカニ可児に言う。

「あの子と浮気しないでよ。」

ん?

するとルカニ可児が町田蘭のことを抱き締め、愛を確かめあって店へ戻っていった。

(・・もう、あの店には行かないな。)

渋井直人は店には寄らず、自宅へ戻っていった…。

ここで4は終わりです!

 

今回の第4話は、美人女将・町田蘭(山口紗弥加)の美しさにやられちゃう渋井直人(光石研)でした。

確かに山口紗弥加さん素敵だったのですが、やっぱり綺麗な女性は既に相手がちゃんといるんですね…。

今回は恋心もですが、仕事面でルカニ可児(村上淳)との圧倒的な違いを見せられたのがつらい回でした…。

杉浦ヒロシ(岡山天音)との徹夜作業、がんばってください…!涙

 

ドラマ『デザイナー渋井直人の休日』第5話のあらすじ

渋井直人(光石研)52歳。独身。個人事務所をもつおしゃれデザイナー。
最近インスタグラムを始めた渋井。“インスタ映え”な写真ばかりアップしていると、フォロワーの若い女子、miyukibeef(内田理央)からご飯のお誘いが!デートだと浮かれるが、お洒落なお店が予約できず焦る渋井。やっとの思いでお店を予約するも…。
そして、ついにmiyukibeefと初対面のときが!遂に渋井に春が訪れるのか!?
引用:デザイナー渋井直人の休日5話あらすじ

5はインスタ映え大好き女子!

またも若い女性が相手です!

渋井直人さん早く学んで~!!それとも今回は向こうからの誘いということは、本気…?!

渋井直人さんが幸せになれる日がとうとう来るのか?!期待して観てみたいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!