杉本倫孝に彼女や結婚した嫁(妻)・子供はいる?実家の家族構成は?

男性

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

北朝鮮で軍事施設やダムなどを撮影し、
スパイ容疑で拘束
された杉本倫孝(
スギモトトモユキ)
さんが開放され
日本に戻ってきました。

帰国時の様子をニュース動画で見ました
が、日本大使館の職員やマスコミに
囲まれ、単身帰国した
模様です。

中国の旅行会社のツアーに申し込み、
北朝鮮に入ったとされていますが、
場所が場所だけに、奥さん子供家族
とおぼしき人達は同行してしていません
でした。

ここでは杉本倫孝(スギモトトモユキ)
さんの、

  • 杉本倫孝(スギモトトモユキ)のWIKIプロフィール
  • 杉本倫孝(スギモトトモユキ)に彼女はいるの?
  • 杉本倫孝(スギモトトモユキ)に結婚した嫁(妻)や子供はいる?
  • 杉本倫孝(スギモトトモユキ)の実家の家族構成は?

 


スポンサーリンク


 

杉本倫孝(スギモトトモユキ)のWIKIプロフィール

杉本倫孝(スギモトトモユキ)さんの
WIKIプロフィールについては、こちら
の記事に詳しく記載しておりますので
ご覧ください。

杉本倫孝(スギモトトモユキ)の顔画像とWIKIプロフ!経歴や高校・大学を調査!

2018.08.29

 

杉本倫孝(スギモトトモユキ)に彼女はいるの?

彼女
杉本倫孝(スギモトトモユキ)さんに彼女
はいるのか調べてみたのですが、彼女が
いるような形跡はブログやTwitter上に
はありませんでした

このTwitter画像の雰囲気だけみると
彼女が居てもおかしくないように見えま
が、黒づくめのファッションセンスや
北朝鮮に行こうとする神経を考えると
ちょっと普通の恋愛は無理
な気もします
ね~

女性の皆さんに聞きたいです。

北朝鮮に行くような彼氏って欲しいです
か?^^;

今回は、政府が身代金を用意したのか
北朝鮮が言う人道的な開放だったのか、
真意の程は分かりませんが、2年以上
拘束されたジャーナリストや、記憶に
新しい、アメリカの大学生のオット―・
ワームビアさん(22)が、残忍な程の
拷問を受けて、半死状態で帰国するも
死亡するという事件があったばかり
です。

日本政府も、不用意に北朝鮮に行かない
様に、ホームページなどで呼びかけて
いたにも拘わらず、興味本位で行って
しまう神経を疑いますね

 


スポンサーリンク


 

杉本倫孝(スギモトトモユキ)に結婚した嫁(妻)や子供はいる?

家族
杉本倫孝(スギモトトモユキ)さんには
彼女はいないのではないかと考えて
いますが、当然、結婚して子供
いることもないと推測します。

もし、妻や夫が北朝鮮に行くと言ったら
あなたならどうしますか?

正直、絶対止めますよね???

家族にウソをついて行ったという可能性
も無くはないですが、ちょっと普通に
夫婦生活を送っているようには思えません

 


スポンサーリンク


 

杉本倫孝(スギモトトモユキ)の実家の家族構成は?

家族
杉本倫孝(スギモトトモユキ)さんの実家
家族は今回の件を受けて、どのように
感じているのでしょうか?

自分の子供が北朝鮮に拘束されて、最悪
の場合、命の保証もないわけです。

今回は無事開放されましたが、莫大な
税金を身代金として北朝鮮に支払った
可能性もあります。

それによって核開発を秘密裏に行い続け
ることを助ける形にもなる
訳ですから、
反省の色や謝罪くらいすべきだと考え
ます。

それが、「自分で行ったんで・・・」
の一言とは・・・

やや話がそれましたが、杉本倫孝(スギ
モトトモユキ)さんの父親母親
兄弟姉妹についての情報はありません
でした。

各局の報道陣が、杉本倫孝(スギモト
トモユキ)さんの両親にインタビューを
する可能性もありますので、その際は
こちらにも記載していきたいと思います。
 
杉本倫孝(スギモトトモユキ)の
プロフィールに関する記事は
こちらをご覧ください。

杉本倫孝(スギモトトモユキ)の顔画像とWIKIプロフ!経歴や高校・大学を調査!

2018.08.29
 

まとめ

今回は、杉本倫孝(スギモトトモユキ)
さんの彼女結婚、実家の家族など、
プライベートな面を中心にお届けして
きました。

杉本倫孝(スギモトトモユキ)さんに
ついて調べてみて、分かった事を最後に
まとめておきます。

  • 彼女はいないと思われます
  • 結婚した嫁や子供もいないと思われます
  • 実家(滋賀)の家族の情報も公開されてい
    ませんでした

 

もともと一般人に近い人物ですから、
プライベートな情報は公になっておらず
見つけ出すことはできませんでした

今回の北朝鮮に拘束され、開放された
事件を受け、プライベートな部分も
明らかになる可能性があります。

その際には、こちらに追記していきたい
と思います。

マハロ!

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!