住吉都と小平奈緒や心屋仁之助の関係!ブログやソチオリンピックの成績は?

スケート

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

平昌オリンピックで、スピードスケート
小平奈緒選手が500mでメダル
取り、翌日の記者会見で今は亡き盟友
住吉都選手への想いを涙ながらに語り
ました

住吉都選手の死因は公表されていません
が、「自室で死去」という報道から、
自殺だったのでは?という声も多く
あります。

住吉都選手と小平奈緒選手は、信州大学
の同級生
で同じ競技をしていることから
親交も厚かったようです。

また、住吉都選手は幼少期からの選手と
してのプレッシャーやストレスに
悩まされていて、心理カウンセラーの
心屋仁之助さんの考えに共感
していた
そうです。

ここでは、

  • 住吉都選手と小平奈緒選手の関係
  • 住吉都選手と心屋仁之助さんとの関係
  • 住吉都選手のソチオリンピックでの成績
  • 住吉都選手の母親・父親・兄弟姉妹

などについて、お伝えしていきます。
 

住吉都WIKIプロフィール

住吉都選手のWIKIプロフィールは、
こちらの記事で詳しくご紹介しています
ので、是非、ご覧ください!

住吉都の死因は自殺か病気?理由・病名や結婚した旦那や子供が気になる!

2018.01.23
 

住吉都選手と小平奈緒選手の関係は?


先述の通り、住吉都選手と小平奈緒選手
は、信州大学時代の同級生
であり、
スピードスケートの500m、1000mで
小平奈緒選手とはライバル関係

ありました。

ライバル関係と言っても、切磋琢磨する
良い関係ですよ^^

「大学4年間、一緒にやってきた。1番
近くで一緒にやってきた仲間がこういっ
た形になってしまい、私自身信じられな
い思いがあります」と、涙。「本当に
信州大の入試の時から思いきりがよく
て、私なんかは『落ちたら人生が決まっ
ちゃう』って緊張してたけど、『やるし
かない』って、住吉は言ってました。
お互いに入学できて、1番近くで高め合
いながら、スケートを極めてこれた」
引用:デイリー

小平奈緒選手は、
長野県茅野市の伊那西高等学校出身
で、
住吉都選手は、
北海道釧路市の釧路北陽高校出身
です
から、同じ学校に通うのは信州大学から
ということになります。

それでもお互い、インターハイで競い
合った関係
で、当然交流もあり、大学
入試前には話をしていた仲だった
ようですね。

やはり、学生時代からの友人は特別な
存在ですよね・・・

10代を共に過ごした友人、ましてや
厳しい競技で共に戦ってきた同志です
から、住吉都選手を亡くしたことは、
小平奈緒選手にとって、辛すぎる現実
だったと思います。

そんな状況での金メダル獲得。

「生前、『奈緒が金メダルを取ったら、
私が取ったのと同じだと思う』と話して
いたと聞いて、救われたような気持ち
だった」
引用:livedoor NEWS

小平奈緒選手も、住吉都選手と心の中で
金メダルを掛け合っていることでしょう。

 


スポンサーリンク


 

住吉都選手と心屋仁之助の関係は?

住吉都選手と心理カウンセラーの
心屋仁之助さんとの関係
ですが、
直接的な面識はないようですね。

ただ、住吉都選手のブログには、
心屋仁之助さんの心屋塾のオープン
カウンセリングに参加した話など、
心屋仁之助さんのカウンセリングに
頼っている感じが強く伺えます

心屋に行って
冷たいと思っていた私は
優しいところもあって
人のことが好きで、
人のために何かしてあげたいと思ったり

そんなに興味がなかった海が好きになって
屋外が好きになって
晴れが好きになって
「明るい」が好きになったりした。

~中略~

わたしは、もともと
計算高く、
自分にとって不利益なことは嫌だし、
他人にはあまり興味がない

その人の立場になって、とか
マジで知らねーし

周りを感動させられるような人になりたい、って
何の疑いもなく言えちゃう同級生に
引いていた。

でもそれが眩しくて
羨ましくて
そうなれない自分が悔しくて
自分はそこにはふさわしくない存在なんじゃないか、って
苦しかった

母のために、
父のために、
社会のために、
人のために、

そんな価値観を無意識に
握りしめて
進んでいたのかも知れないと思った。

そんなもの、いらない。
夢も、希望も、いらない。
引用:自分を生きる。自分を愛する。

 

母や周りの期待に応えることや、結果を残すために競技を続けている自分に
疑問
を持ちながら、
自分のやっていることを胸を張って「好き」と言えない自分に自信が持てないまま、
競技を続けてきました。
自分のダメな部分、できないこと、失敗を許すことができなくて
とにかく頑張る、をやっているうちに
自分のことも嫌いになり、周りも嫌な人や嫌な出来事ばかりでした。

「自分の人生を生きたい」
「もっと自分のことを好きになりたい」
「自信を持ちたい」
「人と仲良くやっていけるようになりたい」
と、心屋仁之助さんの心理学を学び、

いろいろなことを「辞め」てみて
「手放」してみて
「休ん」でみて
新しく見えたものがあり、
大好きな仲間と自分自身に出会い、
これまでも実は変わらずそこに「あった」ものの素晴らしさに気づけるようになりました
引用:自分を生きる。自分を愛する。

以前のわたしなら、
や、というか今もちょっと気を抜いたら?
失敗も許せなくて
凹んだり怒ったりしちゃっていたのだけど、

それって多分、
損したくないから。

成功しかしたくないから。

正解しかやりたくないから。なのだと思いました。

やっぱね、
うまくいかせたい、って気持ちがあるから
狙いに行くのですよね。ガツガツと。

だから外すとモーレツに悔しいわけです。

泣いちゃうくらい。笑

そんで自分責めが起こって
体も疲れてる、心は悲しい、でチーン。。てなる。
何もしたくなくなる。

~中略~

わたしが今よりもっと幸せになるためにできることやってやる!って決めました。
何をしたかはまた今度。

その中で、
「今の仕事を楽しめば、もっと楽しい仕事に巡り会えるよ」という
心屋仁之助さんのワードを見て。

そうだなぁっと思ったのです。
引用:自分を生きる。自分を愛する。

 

他にもまだまだありましたが、
住吉都選手は、相当自分に真面目で
厳しい人
だったことが伝わってきますね。

その厳しさの根源に、母親や父親から
愛されたい
という想いが伝わって
きます・・・

こちらの記事にそんな思いが込められて
います。

これら、住吉都選手のブログを読むと
「ちゃんとしてる自分」
「輝いている自分」
「オリンピックでメダルを獲った自分」
そうでなければ、父親や母親から愛され
ない!

そんな強い気持ちが伝わってきます。

そう考えると、平昌オリンピックの
代表になれなかった事で、自分を責めて
しまったのではないか
と思ってしまい
ますよね・・・

大抵の親は、ダメダメな息子・娘でも
文句を言いながらでも、結局は愛して
くれているんですけどね・・・
 

また、住吉都選手のブログには、度々
心屋仁之助さんの名前が出てきますが
思い悩んだときに、心屋仁之助さんの
本を読んだり、オープンカウンセリング
に行ったりして、心が壊れそうな自分を
守っていたんでしょうね

わたしは心屋仁之助さんの事は
テレビで何回か見た程度しか知らない
のですが、一度本を読んでみたいなと
思いました。

一体どんな事が書いてあるんだろう・・・

 

住吉都選手のソチオリンピックでの成績

2014年ソチオリンピックでの
住吉都選手の成績をご紹介します。

スピードスケート女子500m
1回目:38秒644 13位
2回目:38秒62 13位
合計:77秒26 14位
※小平奈緒選手は、75秒61 5位入賞

スピードスケート女子1000m
決勝:1分17秒68 22位
※小平奈緒選手は、1分16秒45 13位

500mが14位
1000mが22位

という結果は、住吉都選手にとっては
納得のいく結果では無かったと思います。

大学時代はインカレ総合3連覇を達成
し、まさに輝かしい成績を残し、両親も
喜ばれた
と思いますが、社会人になって
からは今一つ成績を伸ばすことが出来ず
苦しんでいました

ソチオリンピックでも、思うような結果
が出ずに、落ち込んだことと思います。

それだけに、平昌オリンピックに落選
したショックは計り知れないものが
あると推察されます。

 


スポンサーリンク


 

住吉都選手の母親・父親・兄弟姉妹は?

住吉都選手の家族構成は、

  • 父親
  • 母親

4人家族です。

父親や母親、姉の名前などの個人情報は
出ていませんでした

住吉都選手がスケートを始めたきっかけ
は、がスケートをしていたから、
小学1年生のころに始めました。

お姉ちゃんがすることを自分もして
みたい年頃ですよね^^

住吉都選手は、父親や母親の愛情を
独り占めしたい、とブログで語っています。

「わたしのことを優先して」
「わたしを一番に考えて」
「独り占めしたい」

最近出てきた心の声です。
引用:自分を生きる。自分を愛する。

もしかしたら、成績優秀で社会人として
も立派に自立したお姉さんで、自分と
比較してしまったのかもしれません
ね。

母親に対しては、ブログで

母親からの価値観、植え付けは
徐々に解除されてきていると思ったけど
まさか、父も、とは。
引用:自分を生きる。自分を愛する。

お母さんは
お父さんのために「尽くし」ている部分があって
「お父さんが働いてくれているから
こうやって生活できている」とお父さんを立てていた。

朝起きて
出されたご飯を食べて
仕事に行って帰ってきて
また出されたご飯を食べて
休みの日はずっとテレビを見て
そんな単調な日々を毎日繰り返すお父さんの
どこがすごくて
どこが偉いんだろう。
何を楽しみに毎日過ごしているんだろうと思っていたけど、

母の発言のおかげか?
父への反抗期はなかった。

引用:自分を生きる。自分を愛する。

昭和初期を思わせるような、夫を立てる
妻だったようですね、住吉都選手の
お母様は。

これは凄く素敵な事だと思います。
子供に対して、父親を尊敬するように
教育しているわけですから。

ただ、住吉都選手の受取り方は少し
違っていたようで、「いい子でいなきゃ」
と思ってしまったようです。

そして、親子なのに当たり障りのない
関係になってしまい、「もっと深い部分
で繋がれていたかった」
という想いを
ブログで綴っています。

とても素敵な親であり、子供だったと
思うのですが、それぞれの想いが上手く
伝わっていなかったような気がしてなり
ません。
 
住吉都選手の関連記事です。
こちらも読んでみてください!

小平奈緒が可愛い!彼氏や結婚は?太ももトレーニングは自転車で?

2018.02.15

住吉都の死因は自殺か病気?理由・病名や結婚した旦那や子供が気になる!

2018.01.23

平昌オリンピックで人気沸騰!
カーリング女子・藤澤五月選手
の記事はこちらです!

藤澤五月の出身高校や大学はどこ?移籍理由や似てる姉を調査!

2018.02.17
 

まとめ

今回は、スピードスケートで
ソチオリンピックにも出場した
住吉都選手について、お届けして
きました。

平昌オリンピックの落選後、「自室で
亡くなっていた」
という衝撃的な報道
もあり、さらには平昌オリンピックで
金メダルを受賞した小平奈緒選手が
記者会見の場で、盟友・住吉都選手に
ついて質問され、涙ながらに答えていた
ことから、大きな注目を集めました。

とても辛い出来事ですが、
周りの人たちは特に、住吉都選手を
忘れずにいて欲しいと思います。

マハロ

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!