黄昏流星群(ドラマ)4話のネタバレ感想!娘の美咲がまさかの不倫!?

黄昏流星群

アロハ~ハワイ移住計画中のラニです!

木曜夜10時放送スタートのフジテレビ
ドラマ『黄昏流星群』4です!

第3話では、栞(黒木瞳)からの突然の
キスに、驚く完治(佐々木蔵之介)

真璃子(中山美穂)は夫の不満を春樹
(藤井流星)
に話すうちに、涙します。

その涙を、優しくハンカチでぬぐう春樹。

今回はついに動き出した栞と完治の恋が
どう進んでいくのか、楽しみですね。

まちに待った4です^^

FODへの登録はこちらから!

 

黄昏流星群(ドラマ)4話ネタバレ感想

ドラマ『黄昏流星群』話のネタバレ
含まれています。

ネタバレ感想を見ずに、黄昏流星群を
1話から最新話まで視聴したい方は
FODでご覧いただけます。

FODへの登録はこちらから!

 

春樹と初めて会う完治

日野春樹(藤井流星)にやさしい言葉を
かけられた瀧沢真璃子(中山美穂)は、
泣いてしまいます。

そっと春樹にハンカチで頬を押さえられ
びっくりしてそのままトイレに駆け込む
真璃子。

ハンカチには「H・H」の刺繍がして
ありました。

今日のことは、娘の瀧沢美咲(石川恋)
にだまっておいてほしいと言う真璃子。

春樹に、日ごろの不満を言ったことを
娘には知られたくありません。

「弁護士なので、約束は守ると」言って
春樹が笑います。

 

次の日の朝食。

今度の日曜に、春樹を連れて来るという
美咲

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の出向を春樹
には話したが、春樹の母親・日野冴
(麻生祐未)
がどう思うかはわからない
と言います。

日曜になり、完治は落ち着きません。

そこへ春樹がやって来ます。

父親の威厳を見せようと、意気込む完治

春樹を上から下まで眺めます。

春樹から受け取った名刺を見て、弁護士
事務所の話、給料、住んでいる場所など
細かく聞いていきます。

それにてきぱきと答える春樹。

娘や真璃子が、みっともないと言います。

しかし春樹は、何でも聞いてくださいと
堂々と答えます。

春樹は自分はお金持ちではないと説明

父親は18歳の時に亡くなり、母親が
ピアノの教師をして自分を育ててくれた
と言いました。

だからマザコンだったんですね。

そして帰る春樹を玄関で見送った後、
「あのたいどはなに?」と美咲が突然
怒り出します

「上から目線で偉そう、人を見下して。

お父さんは経歴で人をすぐ馬鹿にする。」

だんだんエスカレートする美咲。

「だから文句を言えない人を選んで、
連れてきたのに!」と言って、美咲は
自分の部屋に走っていきました。

娘にここまで言われて、落ち込む完治。

完治は美咲の部屋へ行き、あやまります。

泣いて無視する美咲。

その頃、真璃子は春樹のハンカチの刺繍
を見て、春樹のことを考えます

娘の彼を相手にドキドキして、どうか
していたと思う真璃子

 

一方、家で刺繍をする春樹の母親

ハンカチの刺繍は春樹の母親のお手製でした

春樹は完治の出向を伝えていました。

それを聞いて春樹の母は、春樹がそれで
いいなら結婚すればいいと言います。

 


スポンサーリンク


 

社員との確執

次の日、荻野倉庫で完治は昼食に食堂へ
向かいます。

その時、社員の机に無造作に置かれた
大切な書類を見つけました。

食堂へ行くと、社員の川本保(中川家
礼二)
達も昼食中。

川本たちと同じテーブルに座り、先ほど
見た書類の話を完治はします。

そして、大事な書類が入った引き出し
には、鍵をかけてからオフィスを出る
べきだという完治。

しかし川本は、これまで通りすると言い
不機嫌です。

その後社員から、お茶も入れてもらえ
なくなる完治。

 

会社帰りに、目黒栞(黒木瞳)に会います。

完治の癒しの時間です。

二人で居酒屋へ。

社員たちとは色々あるが、出向して
よかったと言う完治。

「栞さんにも会えたし…」と言います。

二人で歩きながら、来週はどこに行くか
完治が聞きます。

栞は先日のキスで、完治をその気にさせ
てしまったことを謝ります。

しかし完治は「あなたと会えるだけで
良い。色々な付き合い方があるから、
僕は我慢できます」

それを聞いて、「我慢って」と笑う栞。

 

その頃、お風呂から出た美咲は首にある
アザを見てうれしそうです

それを見てしまった真璃子。

春樹がつけたものなのか…真璃子は気に
なります。

馬鹿なことを考えるのはやめようと、
布団に入る真璃子。

しかしその夜、春樹にキスされる夢まで
見てしまい、ドキドキドキ。

もう頭の中は春樹の事ばかりです。

 


スポンサーリンク


 

戸惑う栞

休日、完治は鏡の前でおしゃれして、
山に登ります。

そわそわと浮かれていく完治。

誰がどう見ても浮かれすぎです。

完治の登山用の靴を出す、優しい真璃子。

美咲は真璃子に「山登りに女の人と普通
は行かないから、安心して大丈夫じゃ
ない?」と言います。

しかし完治は、栞と山に来ていました。

山に登ろうとすると、栞に電話がかかっ
てきます。

栞の母親の目黒悦子(岩本多代)
車いすから落ちて、骨折したとの電話
でした。

一緒に病院に行こうと完治。

病院につくと、栞は医者と病室の外で
話をします。

その間、完治は栞の母親と病室で二人
きりです。

そして栞の母に足をさするよう言われた
完治。

病室に戻った栞はびっくり。

栞の母と完治を引き離そうとします。

すると、急に栞の母が叫びました。

驚く完治に、栞は今日はもう帰るよう
お願いします。

 

落ち込み、家に帰った完治。

「山は楽しかった」と言う完治の靴を
見ても土はついていません

しかし真璃子は、そのことについて何も
聞きません。

事なかれ主義の真璃子。

次の日完治は、食堂へ行き栞と目があい
ますが無視されます。

その日の夜、栞が母の足をさすっている
と母親が「前に夫が来た」と言います。

しかし栞の父親は亡くなっています。

栞の母は、完治と父親を勘違いしたのでした

 


スポンサーリンク


 

春樹とのデート

病院で完治からのメールを見る栞。

完治は母親のことを心配してくれていま
した。

その頃、家に公衆電話から着信が。

真璃子が出ると、電車に携帯を忘れたと
いう美咲。

今日は春樹と映画を見る約束したが、
行けなくなったので、代わりに行って
ほしいと言います

夜になり、真璃子は春樹が待つ場所へ
行き、美咲が来れなくなったと伝えます。

帰ろうとする真璃子の手を引っ張り、
一緒に映画を見ようと誘う春樹。

暗い映画館で、春樹のことをちらちら
見る真璃子。

映画のシーンで抱き合うシーンがあると
ドキドキしてしまいます。

少しの間、若返った気持ちでデートを
楽しもうする真璃子

帰り道、映画の話をする二人。

すると突然、美咲は他に好きな人がいる
のでは…と言いだす春樹

それを聞いて真璃子は驚きます。

 

その頃、完治と栞はレストランで食事を
していました。

結婚をしていない栞は、自分に自信が
ありません。

「こうやって自分の人生は終わって
しまうのかな。」と栞は涙声で言います。

その栞の手を、握る完治。

そのまま二人でホテルへ行き、部屋に
向かいます

エレベーターに乗ろうとすると、そこに
娘の美咲が年配の男性と乗っていました

驚く完治と美咲。

ばつが悪い…。

嫌な空気が流れます。

美咲は栞のことをちらちら見て、完治は
美咲のことを横目で見ます。

ここでドラマは終了です。

 

次回の予告です。

ホテルへ行った完治でしたが、美咲の
ことが気になり、そのまま栞とは関係が
もてませんでした。

真璃子は美咲に他に好きな人がいるの
では?といった春樹の言葉が気になります。

そして美咲は春樹と家族で、家族旅行へ
行こうと言い出し…。

FODへの登録はこちらから!

 

黄昏流星群(ドラマ)第4話 みんなの評価・評判

ドラマ『黄昏流星群』第4を見た、
みんなの反応(感想)をまとめてみました。

https://twitter.com/Jp1sxTahGTxF4pf/status/1058195439667691520

まさかの美咲の不倫発覚!
その展開に驚きの声が多く寄せられて
いますが、相手が高田純次だったこと
への反応も多くありましたね^^
 

黄昏流星群(ドラマ)見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『黄昏流星群』をリアルタイムで
視聴できなかった場合
は、以下の方法で
見逃し配信動画を見る事が出来ます。

●地上波放送終了後1週間以内
TVerで無料視聴

●地上波放送終了後1週間以上経過
FODで探す
 

黄昏流星群(ドラマ)5話のあらすじ予告

2018年11月8日(木)放送予定
ドラマ『黄昏流星群』4話のあらすじです。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と目黒 栞(黒木 瞳)の関係は、先へ進もうとしていた。しかし、二人で入ったホテルで、完治は娘の美咲(石川 恋)と会ってしまう。美咲の隣には婚約者の日野春輝(藤井流星)ではなく完治よりも年上と思わしき男(高田純次)。あの男は誰なのか。その場は無言ですれ違う父娘だったが、完治は美咲のことで頭がいっぱいに。結局、栞と結ばれることが出来なかった。

その頃、春輝と映画を見てきた真璃子(中山美穂)が帰宅。まだ、美咲は帰っていない。真璃子は美咲には他に好きな人がいるのでは? と言った春輝の言葉が引っかかっていたが打ち消していた。次の朝、完治と美咲は通勤途中で落ち合う。昨晩の事を問い質そうとする完治だが、逆に美咲から栞のことを尋ねられ、答えに窮する。私は春輝と結婚する、結婚と恋愛は別、と言い放つ美咲に完治は二の句が継げなかった。

出社した完治は栞と会い、昨晩の事を詫びる。完治と一緒にいるだけで楽しいと答えた栞は週末に山に連れて行って欲しいと頼む。完治は喜んで約束。だが、家に帰った完治に思わぬ出来事が。美咲が春輝も一緒に家族旅行に行こうと言うのだ。完治は栞に電話して山へ行く約束をキャンセル。明るく答える栞だが、その声に完治は寂しさを感じる。

週末、春輝の運転で温泉旅行に出かける完治たち。何事もなかったかのように春輝と話す美咲に完治は苦虫を噛み潰したかの表情。そして、この旅行は瀧沢家の溝をさらに深めようとしていた…。
引用:黄昏流星群5話ストーリー

 
FODへの登録はこちらから!

 

まとめ

栞とは会えるだけで幸せだと言っていた
完治でしたが、大人の恋にそれはありえ
ません。

そしてまさかホテルのエレベーターで、
娘とばったり会うなんて…

気まずすぎます。

しかも相手の年配の男性は、どう見ても
高田純次さんでしたww

高田純次さんもやりますね!
 

その一方で、真璃子は山へいく完治の
靴を出したり、靴を磨いてあげたりする
いい奥さん。

素敵な奥様です。

しかし真璃子も春樹への思いが強く、
夢にまで見てしまいました。

真璃子の春樹への気持ちが届く日は近い
のでしょうか?

次回が楽しみです。

FODへの登録はこちらから!

 

最後まで読んでいただきありがとう
ございました。

マハロ!

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!