黄昏流星群(ドラマ)5話のネタバレ感想!ストーリーがドロドロで視聴率回復?

黄昏流星群

アロハ~ハワイ移住計画中のラニです!

木曜夜10時放送スタートのフジテレビ
ドラマ『黄昏流星群』5です!

第4話では、完治(佐々木蔵之介)
(黒木瞳)
がのったホテルのエレベーター。

そこには、娘の美咲(石川恋)がいました。

しかも美咲は、中年の男性(高田純次)と一緒。

真璃子(中山美穂)春樹(藤井流星)
から聞いた、美咲の話が気になります。

まちに待った5です^^

FODへの登録はこちらから!

 


スポンサーリンク


 

黄昏流星群(ドラマ)5話ネタバレ感想

ドラマ『黄昏流星群』話のネタバレ
含まれています。

ネタバレ感想を見ずに、黄昏流星群を
1話から最新話まで視聴したい方は
FODでご覧いただけます。

FODへの登録はこちらから!

 

美咲を心配する完治

ホテルのエレベーターで娘の美咲(石川
恋)
と鉢合わせした瀧沢完治(佐々木
蔵之介)

気まずい空気の中、完治はエレベーター
を降りて、栞(黒木瞳)と一緒にホテル
の部屋に入ります。

キスをする完治。

栞と抱き合いますが、娘のことが気に
なり集中できません。

動揺を隠しきれず、ベットで呆然とする
完治。

「無理をしないで」と栞は言います。

何もしない完治に栞はショックを受けます。

女性として自分はやっぱりもうだめなの
かな?と思います。

 

春樹(藤井流星)と映画を見て、家に帰った
真璃子(中山美穂)

美咲を探しますが、まだ帰っていません。

「美咲に他に好きな人がいるのでは?」
と言った、春樹の言葉を思い出しました。

 

春樹も家に帰ります。

春樹の母親・日野冴(麻生祐未)
ベットから起き上がり、今年は一緒に
旅行に行けないと言います。

春樹の母は、体が弱いようです。

そして今年は美咲と言ってきたら?と
春樹の母親。

 

次の日の朝、美咲と顔を合わせた完治。

気まずい空気…。

家では真璃子がいるので、昨夜のことは
話せません。

外に出て、美咲を待ちます。

「不倫をしているのか?」と美咲に言う
と、「お父さんもでしょ」と言われて
しまう完治。

そして「結婚と恋愛は別!」と言い、
美咲は去っていきました。

 

会社でも美咲のことで頭がいっぱいの完治。

その日の会社帰り、完治は栞と待ち
合わせをします。

しかしお互い気まずく、なかなか会話が
始まりません。

完治はホテルでのことを謝り、栞も
「無理するのはやめよう」と言い、山に
来週連れて行ってほしいと頼みます

完治も山登りを約束。

 

しかし家に帰ると、美咲が春樹と家族で
温泉旅行に行こうと誘います

「来週は予定が…」と言う完治に、
「週末に仕事なんてないでしょ」
にらむ美咲。

その夜、完治は栞に山にいけなくなった
ことを電話で伝えます。

家族で旅行に行くことを知った栞は
しょんぼり。

そして一人寂しく家でご飯を食べます。

せっかく楽しみにしていたのに、
さみしいですね。

 


スポンサーリンク


 

家族旅行

週末、春樹と完治達は温泉に行きます。

美咲と春樹がいちゃつくところを、見て
いられない完治。

家族でつかの間の旅行を楽しみます。

夕食の時間、美咲に電話がかかって
きました。

席を立つ美咲が気になる完治は、美咲を
探します。

美咲は電話で嬉しそうに誰かと話をして
いました。

その時に「先生」と美咲が言っているの
が聞こえた完治。

完治は、「旅行まで来て、何をしている
んだ」と説教。

しかし「お父さんは、お母さんをもっと
大事にして」と逆に説教されてしまいます。

 

食事の部屋で二人きりになった、春樹と
真璃子。

記念に二人で写真を撮りました

 

その頃、栞は老人ホームで栞の母・目黒
悦子(岩本多代)
に、好きな人がいる
ことを告白。

「でも好きな人には家族がいて、今頃
家族と一緒だと思うと悲しいの」と栞。

それを聞いて「あなたには私がいる」
栞の母。

栞はそれを聞いて元気を取り戻します。

しばらくして栞が気が付くと、母の意識
がありません。

FODへの登録はこちらから!

 

栞からの電話

旅館の部屋に戻った完治と真璃子。

完治は、美咲が世話になっている先生は
誰か真璃子に尋ねます。

「大学の戸浪先生のこと?」と真璃子。

その頃、栞の母が亡くなり呆然と立ち
尽くす栞。

栞はさみしくなり完治に電話をします。

しかし完治は部屋に携帯を置いたまま
温泉へ。

携帯は鳴り続けます。

なり続ける携帯に、気になった真璃子は
ついに出ました

真璃子の声を聞いて、驚く栞。

「そして間違えました」と言って切って
しまいました。

明らかに不自然です。

完治が浮気をしていると、確信する真璃子。

 

その頃、旅館のパソコンで「戸浪」と検索。

すると美咲とエレベーターに乗っていた
中年の男性がヒットしました。

戸浪(高田純次)は大学教授で、年は
完治よりも16歳年上の66歳、既婚者

完治は美咲に戸浪の話をします。

美咲は戸浪のことが好きで、別れられ
ないと言います。

そして不倫なら完治もしていると言われ
てしまい、返す言葉がない完治。

こんな親子の会話ちょっと嫌です。

そのやりとりを見てしまった春樹

 

真璃子は一人、旅館の外を散歩します。

そこへ春樹が来て、一緒に散歩。

「美咲が春樹のような優しい人と出会っ
てよかった」と言う真璃子。

しかし真璃子の頭の中は、栞からの電話
のことでいっぱいです。

混乱している真璃子を見て、春樹は突然
キス

 

次の日、いつもと変わらない春樹の態度
に、真璃子は少し悲しくなります。

キスしておいて、普通にされるとちょっ
と戸惑います。

完治は栞から連絡がこないことを不思議
に思いますが、家族を裏切っていること
に少し引け目を感じていました。

 

翌日、会社に行った完治。

食堂に行くと、栞はいません

栞の母親が亡くなったことを知り、
メールをする完治。

しばらくすると栞から「もう私には、
かかわらないでください」と返信。

その頃、家で友人の水原聡美(八木
亜希子)
に最後にキスをしたのはいつ?
と聞く真璃子。

そんな真璃子を水原は不審がります。

 

一方春樹は、家で真璃子と二人で撮った
写真を眺めます。

それを後ろから見ていた春樹の母。

春樹の母親は完全に子離れしていません。

ちょっと怖い…。

 

家に帰った完治は、喪服に着替えます。

真璃子は完治の携帯にかかってきた電話
を思い出しますが、何も言わず送り出し
ました。

 


スポンサーリンク


 

ついに結ばれた二人

栞の母親の葬儀へ行った完治。

そのまま居酒屋に一人で立ち寄ります。

不倫ってなんなのか?と居酒屋の店主に
問う完治。

「栞のことが大事で、何かあれば駆け
 つけて力になりたい。でも何も
できなかった…」と反省する完治。

すると店主から「自分がどうしたいか、
ただそれだけだ」と言われ、席を立ち
急いで栞のもとに向かいます。

 

葬儀は終わり、栞は家で泣き崩れます。

そこへ完治登場。

自分にできることは何かないか聞いて、
家にあがります。

力になれず悪かったと謝る完治。

私のことかわいそうだと思ってます?

そう言って、母親が亡くなったことで
楽になったと強がる栞。

栞は完治の旅行中に電話をかけて
しまったことを詫び、真璃子が電話に
出たことを伝えます。

真璃子にばれてしまったと謝る栞は、
完治に帰るよう促します。

しかし完治は栞を抱きしめ、そのまま
二人は抱き合います。

ここでドラマは終了です。

 

次回の予告です。

栞と一夜を共にしてしまった完治。

真璃子には言い訳しますが、完全に信用
していません。

そんな時、会社でトラブルがあり…。

FODへの登録はこちらから!

 
 

黄昏流星群(ドラマ)第5話 みんなの評価・評判

ドラマ『黄昏流星群』第4を見た、
みんなの反応(感想)をまとめてみました。

ドロドロ不倫劇には否定派?が多いようですが、
黒木瞳さん演じる栞が、可哀そうであり、
可愛くもありますね。
 
 

黄昏流星群(ドラマ)見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『黄昏流星群』をリアルタイムで
視聴できなかった場合
は、以下の方法で
見逃し配信動画を見る事が出来ます。

●地上波放送終了後1週間以内
TVerで無料視聴

●地上波放送終了後1週間以上経過
FODで探す
 

黄昏流星群(ドラマ)6話のあらすじ予告

2018年11月15日(木)放送予定
ドラマ『黄昏流星群』4話のあらすじです。

目黒 栞(黒木 瞳)とついに一晩過ごした瀧沢完治(佐々木蔵之介)。真璃子(中山美穂)には、銀行の同期と飲んでいたらタイミングを逃したので、井上英樹(平山祐介)の家に泊まると電話した。そんな完治を栞は心配そうに見ていた。

翌朝、栞と朝食を共にし、清々しい朝を迎えた完治。しかし、帰宅する完治を送り出し、洗濯物を干し始めた栞は体に異変を感じる。一方、家に帰ったもののすぐに出社する完治の姿に途方に暮れる真璃子は、水原聡美(八木亜希子)に夫の浮気は確定的だと打ち明ける。思わず出てしまった完治の携帯電話から聞こえてきた知らない女性の声、表示された目黒栞という名前、そして明らかにおかしい昨晩の外泊…。ここまでハッキリ浮気と分かってしまうと逆に問いただす気にもなれないと真璃子は嘆く。

美咲(石川 恋)と日野春輝(藤井流星)の結婚を進めるため両家で顔合わせをすることになり、日野家に出向いた完治たちは、豪華な邸宅や春輝の母・冴(麻生祐未)の厳しい目、凜とした物言いに気圧される。特に、早く孫をと望む冴のプレッシャーに窮屈そうな美咲。帰り道、完治は美咲に戸浪恭介(高田純次)とは別れるのか問い質す。きちんと別れるから心配しないでと答える美咲。

完治が荻野倉庫に出社すると、川本 保(礼二)が荒れていた。メインの取引先から契約を打ち切られた、という。完治は融資を頼みにかつての勤め先、若葉銀行へと赴くが…。
引用:黄昏流星群公式サイト

 

まとめ

今回は家族旅行で楽しく過ごすはずが、
それぞれぎくしゃくしていました。

そして美咲の浮気相手は、大学時代の
教授だったんですね^^

66才で美咲と付き合えるなんて、やり
ますね。

そして栞の母が、急に亡くなり驚き
ました。

本当に突然の出来事でびっくりです。

栞もショックで立ち直れません。

そしてそんな時にそばにいない完治。

さみしくなった栞が電話をかけてしまい
ました。

気持ちわかります。

しかしその電話に出たのは真璃子。

真璃子は完治の浮気が、確信へと
変わった瞬間でした。

しかし何も言わない真璃子。

真璃子も旅行中に、春樹にキスされて
いましたね。

この家族は、どうなるのでしょうか…。

完治も栞と関係をもってしまい、後に
引き返せなくなります。

これから完治も真璃子も美咲もどうすの
か、この家族から目が離せません。

次回が楽しみです。

FODへの登録はこちらから!

最後まで読んでいただきありがとう
ございました。

マハロ!

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!