黄昏流星群(ドラマ)6話のネタバレ感想!見逃し配信動画の無料視聴はFOD!

黄昏流星群

アロハ~ハワイ移住計画中のラニです!

2018年11月15日(木)に放送された
ドラマ『黄昏流星群』6のネタバレ
情報をお届けします!

第5話では、栞(黒木瞳)から完治
(佐々木蔵之介)
への電話をとって
しまった真璃子(中山美穂)

落ち込む真璃子を見て、春樹(藤井流星)
はキスします。

娘の美咲(石川恋)は、大学教授の戸浪
(高田純次)
との関係を断ち切れずにいます。

そしてついに完治は栞と抱き合い…。

まちに待った6です^^

FODへの登録はこちらから!

 

黄昏流星群(ドラマ)6話ネタバレ感想

ドラマ『黄昏流星群』話のネタバレ
含まれています。

ネタバレ感想を見ずに、黄昏流星群を
1話から最新話まで視聴したい方は
FODでご覧いただけます。

FODへの登録はこちらから!

 

両家の顔合わせ

銀行時代の同期・井上英樹(平山裕介)
の家に泊まると、妻の真璃子(中山美穂)
に嘘をつく完治(佐々木蔵之介)

栞(黒木瞳)の家で一晩過ごした完治。

次の日、栞と向かい合って朝ごはんを
食べます。

栞の作ったご飯を食べて「おいしい」
言う完治を、嬉しそうに見つめる栞。

「お葬式の次の日に、一緒にいることが
不思議。一生忘れない」と言う栞。

完治と栞は「また会社で…」と言って、
玄関で別れました。

「もう人生にこんなことはないと思って
た…」と、完治は輝く朝日を見て思います。

 

家に帰り、何もなかったように平然を
装う完治。

そんな完治を、真璃子は朝食を作って
待っていました。

二度目の朝食を食べないわけにいかない
完治。

顔が引きつっています。

真璃子は友人の水原聡美(八木亜希子)
に、完治が浮気をしていることは確実
だと訴えます。

急な外泊、そして女性からの電話…。

それでも問い詰める気はないと言う真璃子。

こんなにバレバレだと、逆にもうどう
でもよくなるのかもしれません。

その夜家に帰った完治は、週末に両家で
顔合わせをすることを聞かされます。

そこに春樹(藤井流星)から旅行で撮った
二人だけの写真が、真璃子に送られて
きました。

二人で撮った写真を見て、ドキドキする
真璃子。

 

週末になり、家族で春樹の家を訪れます。

立派な家に驚く完治。

家の中も豪華で、完治はたじたじです。

春樹の母・日野冴(麻生祐未)は、早く
孫の顔を見たいと美咲に言います。

結納の日取りをせかされ、困惑する美咲。

年内にでもどう?と聞かれた美咲は、
仕事が忙しいと答えました。

すると「結婚後は仕事はやめるつもり
なんでしょ?」と当たり前のように聞く
春樹の母。

美咲は戸惑いを隠しきれません。

「子供ができれば考えは変わるわよ」
言って、もっと美咲を困惑させます。

春樹の家を出た完治たち。

緊張から疲れがどっと出ます。

美咲に、春樹と結婚して後悔しないか
尋ねる完治。

いずれ大学教授の戸浪恭介(高田純次)
とは別れるつもりだと美咲は言います。

 

その頃、ベットに横たわる春樹の母。

最近体調がよくないと言います。

母の体調を気づかい、結納の日取りを
焦らないほうがいいと言う春樹。

そこへ携帯が鳴りました。

別の日、病院へ行った春樹。

医師から、がんの再発の可能性があると
宣告されていました

春樹の母は昨年、すい臓がんの手術を
受けたところです。

 


スポンサーリンク


 

銀行へ向かう完治

完治が会社に行くと、メインの取引先
から契約打ち切りの連絡を受けて荒れる
川本保(礼二)がいました。

困った川本は、わかば銀行に新規の融資
ができないか完治に頼みます。

「こんな時のために銀行からあなたには
来てもらってる」と言われた完治は、
仕方なく若葉銀行へ向かいます。

しかし融資は無理だと断られる完治。

計画もずさんで、返す見込みのない融資
などできないと言われました。

そこで本店に異動になった同期の井上に
頼む完治。

井上から「逆の立場ならどうする?」
聞かれた完治は、自分だったら融資を
しないとはっきり答えます。

いつもは融資を断っていた立場の完治。

いつの間にか逆転していました。

荻野倉庫に戻った完治は、融資は断られ
たことを伝えます。

それを聞いた川本は怒り出し、再び
不機嫌に。

その夜、栞と居酒屋に来ていた完治。

融資を断られる気持ちを初めて知ったと
栞に愚痴をこぼします。

栞に話を聞いてもらった完治は、少し
気が楽に。

そして栞の夢は、小さい料理の店を開く
ことだと知る完治。

FODへの登録はこちらから!

 


スポンサーリンク


 

戸浪と会う完治

家に帰ると、金沢に出張になったと美咲
が真璃子に話します。

しかしその日は、春樹と式場を決める日。

自分の代わりに真璃子に行ってほしいと
頼みます。

美咲は本当に結婚する気でしょうか?

それを聞いていた完治は、本当に美咲は
出張なのか気になりました。

心配になった完治は、次の日戸浪に会う
ために大学へ。

美咲の父親だと言って、話がしたいと
戸浪に伝えます。

すると家に来るよう誘われる完治。

家の中は足の踏み場もないくらい、物が
散乱。

妻とは別居中、面倒だから籍を抜いて
いないだけと説明する戸浪。

完治は、戸浪から美咲に別れを告げて
ほしいと頼みました。

しかし戸浪はそれはできないと断ります。

ただ美咲と一緒の時間をすごしたいだけ
だと言う戸浪を見て、まるで自分が栞を
思う気持ちと同じだと感じる完治。

何も言えません。

その頃、次の日から出張に行く美咲の
カバンの中に避妊具を見てしまった真璃子。

真璃子は出張でないことに、気付いて
しまいました。

しかし何も言わずに、次の日美咲を
見送ります。

FODへの登録はこちらから!

春樹と式場へ

同期の井上から連絡を受ける完治。

3000万円の融資を受けられることに
なりました。

完治は倉庫にいた川本に、3000万円
で何かできることをしようと言います。

しかし「たったそれだけだと話になら
ない」と川本。

それでも完治は粘り強く川本を説得。

しかし怒った川本は、完治をつきとばし
ます。

足を滑らし怪我をする完治。

 

その頃、結婚式場にきていた真璃子と
春樹。

教会のバージンロードを腕を組んで春樹
と歩きます。

次にドレスを見る春樹と真璃子。

「結婚式では白無垢を着たので、ドレス
を着たかった」と言う真璃子。

真璃子のウエディングドレス姿はきっと
素敵だと言って、春樹はドレスを真璃子
にあててみます。

まるで恋人同士の二人。

恥ずかしがる真璃子は、美咲がこれな
かったことを詫びました。

すると春樹は「美咲からほかに好きな人
がいることを告白された」と言います。

驚く真璃子に、母親のために早く結婚
したい自分も同じようなもの。

お互いそれで納得していると話します。

そして自分にも好きな人がいると言う春樹。

「僕が好きなのは真璃子さんです」と、
真っ直ぐな目で真璃子を見ます。

「私をいくつだと思ってるの?」と聞か
れて、春樹は「人を好きになるのに年齢
が関係ありますか?」と真剣な表情。

沈黙が続きます。

そこへ、完治が病院に運ばれたと真璃子
に電話がかかってきました。

急いで病院に向かう春樹と真璃子。

「足の骨にひびが入っただけだ」と完治
は元気そうです。

完治と仲良く話す真璃子を見て、切ない
春樹。

その頃、完治を心配した栞が病院に
やって来ました。

そしてそこに美咲が通りかかります。

栞を見て、ホテルのエレベーターで
会ったことを思い出す美咲。

気まずい雰囲気。

栞はそそくさと病院をあとにします。

完治の病室に入る美咲。

完治は美咲に、戸浪と一緒にいたのか
問いただします。

戸浪と一緒にいて、とっても楽しかった
と言う美咲。

本当は帰ってきたくなかったと言う美咲
に、完治はもうそろそろけじめをつける
よう説教。

美咲は「わかった…」と言い、その
代わりに完治も栞と別れるよう言いまし
た。

ここでドラマは終了です。

 

次回の予告です。

退院にした完治が会社に行くと、相変わ
らず経営状態は厳しいまま。

そこで新しいことを始めようと、完治は
一人立ち上がります。

栞と別れるよう美咲に言われ、仕事に
没頭する完治でしたが…。

FODへの登録はこちらから!

 

黄昏流星群(ドラマ)第5話 みんなの評価・評判

ドラマ『黄昏流星群』第4を見た、
みんなの反応(感想)をまとめてみました。

https://twitter.com/saika_0503r/status/1063410283471765505

 

黄昏流星群(ドラマ)見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『黄昏流星群』をリアルタイムで
視聴できなかった場合
は、以下の方法で
見逃し配信動画を見る事が出来ます。

●地上波放送終了後1週間以内
TVerで無料視聴

●地上波放送終了後1週間以上経過
FODで探す
 

黄昏流星群(ドラマ)7話のあらすじ予告

2018年11月22日(木)放送予定
ドラマ『黄昏流星群』7話のあらすじです。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲の話題になると気まずい空気になる。また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社。大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度。気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り残業をこなす毎日…。その理由を尋ねることもできないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた…。
そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになり…。
引用:黄昏流星群公式サイト

 

まとめ

春樹はついに自分の気持ちを真璃子に
伝えてしまいました。

そして春樹の母の病状は、かなり深刻な
ようです。

母を思う春樹が、今後どういった行動を
とるのか次回も楽しみです。

FODへの登録はこちらから!

最後まで読んでいただきありがとう
ございました。

マハロ!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!