トレース(ドラマ)あらすじと見どころ!原作と最終回結末は?見逃し動画はFOD!?

トレース

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

2019年1月7日からフジテレビ系列月9ドラマ枠で放送される事が決まった注目の新作ドラマ『トレース~科捜研の男~』をピックアップ!

月9連ドラ初主演を務める事になった錦戸亮さんが圧倒的な鑑定技術で難事件を解決していく科捜研の研究員役に挑戦する『トレース~科捜研の男~』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、ドラマ『トレース~科捜研の男~』の原作あらすじ見どころ最終回結末など、気になる情報を一気におさらいしながら、作品の魅力に迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

トレース(ドラマ)キャスト一覧と相関図!錦戸亮主演で主題歌は関ジャニ∞?

2018.12.01

『トレース~科捜研の男~』を見逃してしまった場合は、
FODの無料視聴をご利用ください。


>>FODの無料おためしはこちら

※紹介している作品は、2019年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。
 

トレース~科捜研の男~(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』の原作あらすじをご紹介します。

鑑定技術に絶対的な自信を持っていて、導き出された鑑定結果を基に、凶悪事件の解決にチャレンジしていく科捜研法医研究員・真野礼二(錦戸亮)が本作の主人公。

いつも事件被害者・遺族の気持ちに寄り添っている同僚・沢口ノンナ(新木優子)に対し、真野礼二は鑑定結果だけを信じる、という極端なスタイルを貫いています。

ベテラン刑事の虎丸良平(船越英一郎)をはじめとする他人のアドバイスを聞き入れず、自分のペースで鑑定を続けていく真野礼二ですが、他人とコミュニケーションを取りたがらない背景にはとんでもない秘密が隠されていて…。

己の鑑定だけを信じる真野礼二、被害者感情を誰よりも理解できる沢口ノンナ、定年間近の熱血刑事・虎丸良平、という性格が全然違う3名の男女が織り成す1話完結型のサスペンスドラマです。

 


スポンサーリンク


 

トレース~科捜研の男~(ドラマ)見どころ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』の見どころをチェックしていきましょう。

ズバリ、錦戸亮さん主演のドラマ『トレース~科捜研の男~』の最大の見どころは、鑑定結果第一のスタイルを貫く腕利きの法医研究員・真野礼二が抱えている壮絶な過去がどのような形で明らかになっていくのか、というところです。

公式ホームページでは真野礼二の過去の詳しい内容は明かされていませんけど、原作漫画の内容を見てみると、真野礼二は小学生の頃に家族全員が何者かに殺害される惨劇を目の当たりにした、という衝撃的なエピソードが出てきます。

真野礼二以外の家族が皆殺しにされた事件を担当していたのが、定年間近の刑事・虎丸良平で、真野礼二と関わっていくにつれて、虎丸良平は真野礼二が悲惨な事件の遺族だった事を知ります。

虎丸良平が真野礼二の過去を知るタイミングはもちろん、真野礼二の過去を知った沢口ノンナはどんな振る舞いを見せるのか、というところもポイントになりますから、真野礼二の過去を知る前と知った後とで3人の関係性の変化にご注目ください
 

トレース~科捜研の男~(ドラマ)最終回結末

ドラマ『トレース~科捜研の男~』の最終回結末はどのような展開になるのでしょう?

『トレース~科捜研の男~』の原作漫画はまだ最終回を迎えていない状況ですので、ドラマ版は原作漫画に存在しないストーリーを結末に持ってくる可能性が高いのでは?と予想しています。

ただ、『トレース~科捜研の男~』は主人公・真野礼二が目の当たりにした家族皆殺し事件の真相を深掘りしていく事をストーリーの本筋としていますので、家族皆殺し事件の犯人に迫っていく形のエピソードを最終回に用意する事になりそうです

詳しい情報が分かり次第、追記いたしますので、今しばらくお待ちください。

 


スポンサーリンク


 

トレース~科捜研の男~(ドラマ)原作・脚本

ドラマ『トレース~科捜研の男~』の原作者と脚本家をご紹介します。

原作者:古賀慶

『トレース~科捜研の男~』は、シリーズの累計発行部数が40万部を超えている大人気サスペンス漫画『トレース~科捜研法医研究員の追想~』が元ネタとなっていて、その原作漫画を手掛けたのが新進気鋭の漫画家・古賀慶さんになります。

古賀慶さんは、科捜研で鑑定を行った経験を持つ元研究員、という異色の経歴の持ち主で、科捜研の研究員たちがどんな思いを抱えて日々の鑑定に挑んでいるのか、というところを原作漫画で忠実に再現していますので、どうぞご期待ください。

当然のことながら、漫画は原作者一人でつくることは出来ません。多くの方々のご指導、ご協力があってどうにか連載を続けています。さらに多くの表現者の方々の力が集まってドラマが制作されることとなり、その一端を担えますことをとても光栄に思います。

脚本を読ませていただきました。スピーディーでスリリングな展開、感動的だったり、クスッと笑えるシーン。ここにさらに演出が加わり、魅力的な役者さんたちがキャラクターに命を吹き込む。そうしてドラマが完成すると想像するだけでワクワクします。一視聴者として、今から放送が楽しみです。

原作はこれから、クライマックスに向けてさらに面白くなってまいりますので、こちらもよろしくお願いします。

引用:イントロダクション | トレース~科捜研の男~ – フジテレビ

脚本:相沢友子

桐谷美玲さんが主演した『人は見た目が100パーセント』などを生み出した売れっ子作家の相沢友子さんですが、ホリプロ所属のシンガーソングライターとして活躍していた過去があります。

  • 私を旅館に連れてって(2001年4月~6月)
  • 恋ノチカラ(2002年1月~3月)
  • いつもふたりで(2003年1月~3月)
  • ビブリア古書堂の事件手帖(2013年1月~3月)
  • 人は見た目が100パーセント(2017年4月~6月)

 


スポンサーリンク


 

トレース~科捜研の男~(ドラマ)基本情報


トレース~科捜研の男~
2019年1月7日(月)スタート
フジテレビ系列 毎週月曜日 午後9時~午後9時54分

原作 :古賀慶『トレース~科捜研法医研究員の追想~(月刊コミックゼノン)』
脚本 :相沢友子(ドラマ『人は見た目が100パーセント』『ビブリア古書堂の事件手帖』)
プロデュース:草ヶ谷大輔(ドラマ『コンフィデンスマンJP』『ラヴソング』)
熊谷理恵(ドラマ『屋根裏の恋人』『ユニバーサル広告社』)
演出 :松山博昭(ドラマ『失恋ショコラティエ』『信長協奏曲』)
相沢秀幸(ドラマ『グッド・ドクター』『隣の家族は青く見える』)
三橋利行(ドラマ『コンフィデンスマンJP』『ROAD TO EDEN』)
制作 :フジテレビ

戸田恵梨香さんが主演を務めた大人気サスペンスドラマ『ライアーゲーム』など、フジテレビ系列の連ドラを数多く手掛けている松山博昭さんが『トレース~科捜研の男~』の演出を担当します。

2019年最初の月9ドラマの看板にふさわしい豪華なスタッフ陣が集結しているところも『トレース~科捜研の男~』の注目点になっていますので、どうぞご期待ください!

トレース(ドラマ)キャスト一覧と相関図!錦戸亮主演で主題歌は関ジャニ∞?

2018.12.01

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!