台風13号レンレン2019のwindy米軍進路予想図!沖縄や関東への影響

台風13号進路予想図

2019年9月2日(月)、フィリピン東沖で台風13号が発生し、「レンレン」と名前が付けられました。

中心気圧1000hPa、最大瞬間風速25m/sの規模で、今後はフィリピン東沖から北北東に進路を取り、先島諸島や沖縄、九州方面に進む見込みです。

9月に入り1つ目の台風となりますが、台風14号、15号のたまごとみられる熱帯低気圧も発生しており、今後の動向には十分注意が必要です。

この記事では、台風13号(レンレン)の今後の詳しい進路について、

  • 気象庁の進路予想図
  • アメリカ米軍合同台風警報センター(JTWC)の進路予想図
  • ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図
  • ウェザーニュースの進路予想図

の4つの進路予想図の他、windy(ウィンディ)でも今後の台風の動きを見ていきましょう。

先島諸島や沖縄本土への影響だけでなく、関東・大阪などへの上陸の可能性もお伝えします。

 


スポンサーリンク


 

台風13号レンレン2019の進路予想

台風13号(レンレン)の進路について、アメリカ米軍、気象庁、ヨーロッパ、ウェザーニュース、windyの進路予想図を元に見ていきます。

アメリカ米軍合同台風警報センター(JTWC)の進路予想図と最新情報

矢印の「TD15W”LINGLING”」が台風13号(レンレン)です。

レンレンと名前の付いた台風13号ですが、アメリカ米軍合同台風警報センター(JTWC)の最新情報の進路予想図から、今後の動きを見ていきましょう。

アメリカ進路予想図

出典:Naval Oceanography Portal

※日時はZ表記(≒グリニッジ標準時≒協定世界時)で記載されているため、日本時間は時差の9時間を足した日時となります。

アメリカ米軍合同台風警報センター(JTWC)の進路予想図では、台風13号はフィリピン東の沖を北上する進路をとっており、このまま行けば先島諸島や沖縄本土への影響は免れません。

今後の動きは、さらに北上し九州の西沖を通過し、韓国に上陸する予想です。。

【アメリカ米軍合同台風警報センター(JTWC)進路予想】
2019年9月2日 午後3時 ルソン島(フィリピン)東の沖
2019年9月3日 午後3時 ルソン島(フィリピン)北東の沖
2019年9月4日 午後3時 台湾の東の沖
2019年9月5日 午後3時 沖縄本土の西の沖
2019年9月6日 午後3時 上海の東の沖(東シナ海)
2019年9月7日 午後3時 群山付近に上陸(韓国)

 


スポンサーリンク


 

気象庁の進路予想図と最新情報

気象庁の最新情報の進路予想図から、今後の動きを見ていきましょう。

2019年9月2日(月)21時 気象庁発表の進路予想図

気象庁の進路予想図

出典:気象庁

台風13号(レンレン)の気象庁進路予想図は、アメリカ米軍合同台風警報センター(JTWC)進路予想図とほぼ同じルートをたどっています。

気象庁の進路予想図を見ると、台風13号(レンレン)の進む速度は数時間遅くなっています。最新のニュースを注意してみておきましょう。

【2019年9月2日午後9時45分発表の台風13号情報】
現在地:フィリピンの東
中心気圧:998hPa
中心付近の最大風速:20m/s
最大瞬間風速:30m/s

【2019年9月3日午前9時発表の台風13号情報】
現在地:フィリピンの東
中心気圧:996hPa
中心付近の最大風速:20m/s
最大瞬間風速:30m/s

【2019年9月3日午後9時発表の台風13号情報】
現在地:フィリピンの東
中心気圧:992hPa
中心付近の最大風速:23m/s
最大瞬間風速:35m/s

【2019年9月4日午後9時発表の台風13号情報】
現在地:石垣島の南東約60km
中心気圧:985hPa
中心付近の最大風速:30m/s
最大瞬間風速:40m/s

【2019年9月5日午後9時発表の台風13号情報】
現在地:東シナ海
中心気圧:975hPa
中心付近の最大風速:35m/s
最大瞬間風速:50m/s

【2019年9月6日午後9時発表の台風13号情報】
現在地:東シナ海
中心気圧:975hPa
中心付近の最大風速:35m/s
最大瞬間風速:50m/s

【2019年9月7日午後9時発表の台風13号情報】
現在地:朝鮮半島
中心気圧:996hPa
中心付近の最大風速:20m/s
最大瞬間風速:30m/s

気象庁の進路予想では、台風13号は9月5日、6日に勢力が最大となり、その後やや勢力を弱め、朝鮮半島に上陸が予想されています。

先島諸島や沖縄本島への影響は、9月4日21時~5日21時頃が最大となる見込みです。

関東への上陸の心配なさそうです。

 

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図と最新情報

ヨーロッパ中期予報センター

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図から、今後の動きを見ていきましょう。

2019年9月2日(月)午前9時のヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

フィリピン東の海上で台風13号(レンレン)が発生。北に進路を取っています。

2019年9月3日(火)午前9時のヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

台風13号(レンレン)はフィリピン東の沖を北上し、ルソン島(フィリピン)の北東部に進路を取ることが予想されています。

2019年9月4日(水)午前9時のヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

台風13号(レンレン)は、勢力を強くし台湾の東沖に進路を取ることが予想されています。

2019年9月5日(木)午前9時のヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

台風13号(レンレン)は、沖縄県宮古島の北部へ進路を取り、東シナ海を北上することが予想されています。

2019年9月6日(金)午前9時のヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

台風13号(レンレン)は、沖縄県宮古島の北部からやや東よりに進路を取ることが予想されています。

2019年9月7日(土)午前9時のヨーロッパ進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

台風13号(レンレン)は、九州の西の沖に進路を取り、韓国に上陸することが予想されています。

 


スポンサーリンク


 

ウェザーニュースの進路予想図と最新情報

ウェザーニュースの進路予想図から、今後の動きを見ていきます。

2019年9月3日(火)のウェザーニュース最新情報

ウェザーニュースの最新情報によると、9月4日(水)午後から5日(木)の朝にかけて台風13号は宮古島を含む先島諸島を通過する予報です。

9月6日(金)午前9時には、沖縄県那覇市の西沖を通過する見込みです。

最も東に進路を取った場合は、那覇市に上陸する可能性もありますので、十分注意する必要があります。
 

Windy(ウィンディ)の風向きと海面温度

windy(ウィンディ)は風向きと強さが視覚的に見ることができ、台風や卵の状況を把握することができます。

【windy(ウィンディ)の進路予想】
2019年9月4日 午前7時 台湾の東の沖
2019年9月5日 午前7時 沖縄・宮古島の南海上(上陸間近)
2019年9月6日 午前7時 宮古島を抜け、沖縄本土の西沖
2019年9月7日 午前7時 韓国の西沖(黄海)

台風13号は、9月5日(木)午後1時ごろに宮古島に上陸することが予想されています。その後、那覇市をかすめながら進路を北北西に取り、韓国の西沖(黄海)へ移動する見込みです。

九州への直撃は避けられそうな動きをしていますが、鹿児島県や長崎県を中心に、台風13号の影響による暴風雨は心配されますので、十分注意しましょう。
 

台風13号(レンレン)の関東や大阪への影響

台風13号(レンレン)の影響は、9月4日に先島諸島を通過し、9月5日に宮古島に上陸する予報のため、大きな影響がでる見込みです。その後は進路を北北西にとると予想されており、大阪や関東への台風13号の直接的な被害は無さそうです。

台湾の南海上を通り、フィリピン、ベトナム方面へと進路を取っているため、関東や大阪への影響は受けなさそうですね。


ただし、台風13号の発生により、秋雨前線に影響を与える可能性がありますので、秋雨前線による降雨には注意が必要です。
 

まとめ:台風13号(レンレン)の進路と影響

台風13号(レンレン)について、米軍・ヨーロッパ進路予想図、気象庁やウェザーニュース、windyなど多方面から進路や影響についてお伝えしてきました。

最後にこの記事の内容をまとめておきます。

  • 台風13号の進路は、台湾の西沖を北上し、9月4日夕方から5日にかけて先島諸島を暴風域に入れながら宮古島に上陸する見込みです。
  • 関東や大阪など本土への直接的な影響はなさそうですが、秋雨前線への影響は否定できないので、大雨などには注意が必要です。

沖縄本土や先島諸島にお住まいの方は、9月4日の午前中までには買い出しなどの準備を整えておいた方が良さそうです。旅行に行く方は、9月6日のお昼以降、天気予報などで台風の位置を確認しながらご予定をおたてください。

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!