私のおじさん(ドラマ)ネタバレと最終回結末!原作あらすじの見どころは?

私のおじさん

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです!

2019年1月からテレビ朝日系列金曜深夜ドラマ枠(金曜ナイトドラマ)で放送される新作ドラマ『私のおじさん』をピックアップ!

『奪い愛、冬』や『家政夫のミタゾノ』など、個性的な作品を生み出している金曜ナイトドラマの最新作『私のおじさん』は、バラエティ番組で大活躍中の岡田結実さんが地上波連ドラ初主演を務める事が決まり、SNS上で大きな話題になっています。

ここでは、岡田結実さん主演のドラマ『私のおじさん』の原作あらすじや見どころ、最終回結末など、気になる情報を一気にご紹介しますので、どうぞお楽しみに!

『私のおじさん』の見逃し動画は、auビデオパスで無料視聴できます。

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

私のおじさん(ドラマ)キャスト一覧と相関図!岡田結実主演で主題歌は誰?

2018.12.14

私のおじさん(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『私のおじさん』の原作あらすじをご紹介します。

玉砕覚悟の体当たりロケを次々に企画していくテレビ番組・限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!をはじめとする幅広いジャンルのバラエティ番組を生み出しているテレドリームという名の制作会社が本作の舞台。

テレドリームに入社したばかりのAD・一ノ瀬ひかり(岡田結実)は上司に媚びてばかりのイケメンプロデューサー・泉雅也(田辺誠一)や厳しい先輩ディレクター・千葉迅(城田優)らと一緒に番組制作を進めていきます。

しかし、一人暮らししている自宅がゴミ屋敷寸前の状態になるなど、成人になってもズボラな面を解消できていない事が影響してか、結婚間近だった彼氏に突然フラれる、という衝撃的な体験を就職前にしていた一ノ瀬ひかり。

彼氏にフラれたショックを癒せず、仕事場でも毎日怒られてばかり…というもどかしい日々を送っていた中、自分の事を“妖精”と名乗る謎めいたおじさん(遠藤憲一)が一ノ瀬ひかりの目の前に現れます。

妖精のおじさんは一ノ瀬ひかりにしか見えないものの、一ノ瀬ひかりが心の奥底に秘めている周囲への不満を妖精のおじさんが暴露していった結果、いつしか一ノ瀬ひかり自身も隠していた本音を表に出すようになり…。

言いたくても言えない心の声を代弁してくれる妖精のおじさんが登場した事で、主人公・一ノ瀬ひかりが少しずつ自分らしさを取り戻す様子を面白おかしく描いた新感覚の社会派コメディーです。

 


スポンサーリンク


 

私のおじさん(ドラマ)見どころ

ドラマ『私のおじさん』の見どころをチェックしていきましょう。

ズバリ、『私のおじさん』の最大の見どころは、仕事面でもプライベート面でも思うような人生を歩めない、悩める主人公・一ノ瀬ひかりに様々な言葉を投げかけていく妖精のおじさんがどんな振る舞いを見せるのか、というところです。

“妖精=おじさん”という矛盾した公式が成り立っているだけでなく、自分の事を妖精だ、とアピールしているのに、周囲の人々にこれでもかっ!というぐらい毒舌を浴びせるなど、ピュアな印象の妖精とは程遠い振る舞いを見せていきます。

妖精のおじさんの攻撃は一ノ瀬ひかりにも飛び火する事になるのですが、人間同士の付き合いでは絶対に言えない事をズバズバ言い放っていく、という愉快痛快な振る舞いを見せる妖精のおじさんの活躍にどうぞご注目ください!

 


スポンサーリンク


 

私のおじさん(ドラマ)最終回結末

ドラマ『私のおじさん』の最終回結末はどのような展開になるのでしょう?

『私のおじさん』は原作が存在していないオリジナル脚本の連ドラになりますので、クライマックスの内容は最終回当日までのお楽しみ、という事になります。

でも、『私のおじさん』は一ノ瀬ひかりの心の声を代弁する妖精のおじさんが何者なのか、というところが大きなポイントになっていますから、最終回で妖精のおじさんの正体が明かされる可能性も十分あるのでは?と予想しています。

私のおじさん(ドラマ)原作・脚本

原作が存在していないオリジナル脚本のドラマ『私のおじさん』の脚本家をご紹介します。

脚本:岸本鮎佳

演劇ユニット・艶∞ポリスを2013年に立ち上げるなど、演劇の分野に新しい風を吹き込もうとしている34歳(1984年3月生まれ)の作家・岸本鮎佳さん。

新米ケースワーカーの奮闘を描いた吉岡里帆さん主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』以来、半年ぶりに地上波連ドラの脚本を担当する事になります。

  • Love or Not(2017年3月~)
  • 健康で文化的な最低限度の生活(2018年7月~9月)

 


スポンサーリンク


 

私のおじさん(ドラマ)基本情報

原作 :オリジナル
脚本 :岸本鮎佳(ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』『Love or Not』)
監督 :竹園元(ドラマ『指定弁護士』『悪霊病棟』)
    Yuki Saito(ドラマ『おっさんずラブ』『あなたには渡さない』)
    小松隆志(ドラマ『家政夫のミタゾノ』『奪い愛、冬』)
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(ドラマ『遺留捜査』『刑事7人』)
プロデューサー:貴島彩理(ドラマ『おっさんずラブ』『オトナ高校』)
        本郷達也(ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』『女囚セブン』)
        布施等(ドラマ『越路吹雪物語』『レディ・ダ・ヴィンチの診断』)
制作 :テレビ朝日/MMJ

『遺留捜査』や『刑事7人』といった人気の刑事ドラマはもちろん、2018年最大のヒット作『おっさんずラブ』のゼネラルプロデューサーを務めた三輪祐見子さんが『私のおじさん』のスタッフに名を連ねています。

三輪祐見子さん以外にもキャリア豊富なスタッフが集結していますので、深夜枠ではもったいないくらいのクオリティーで作品を作り上げてくれるのでは?と期待しています。

私のおじさん(ドラマ)キャスト一覧と相関図!岡田結実主演で主題歌は誰?

2018.12.14

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!