ゾンビが来たから人生見つめ直した件|ネタバレと最終回結末!原作あらすじの見どころは?

ゾンビが来たから人生見つめ直した件

アロハ~ハワイ移住を計画中のラニです♪

2019年1月19日からNHK総合の土曜深夜ドラマ枠(よるドラ)で新たに放送される事が決まったドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』を大特集!

SNSでの口コミから評価が急上昇した映画『カメラを止めるな!』など、2018年はゾンビものの作品に注目が集まりましたけど、平成の時代が終わる直後にNHKが新感覚のゾンビドラマを制作し、大きな話題になっています。

ここでは、ドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の原作あらすじ見どころ最終回結末など、気になる情報を一気にご紹介していきます!

 


スポンサーリンク


 

ゾンビが来たから人生見つめ直した件(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の原作あらすじをご紹介します。

夫の智明(大東駿介)と離婚協議を進めているアラサー女子・小池みずほ(石橋菜津美)は、同じ平成元年生まれの同級生である君島柚木(土村芳)近藤美佐江(瀧内公美)との共同生活で何気ない日常を過ごしていました。

夫への愛情が薄れ、生きる意味を見出せなくなっていた小池みずほでしたが、外出中に立ち寄ったコンビニでゾンビに遭遇する、という非日常的な出来事に巻き込まれてしまいます。

ゾンビが出現した事で、他の街との行き来ができなかったため、物資を求める十分が町にあるただ1つのコンビニへと押し寄せる中、旧知の仲であるはずの近藤美佐江が夫・智明と仲睦まじい様子でいるところを小池みずほが目撃する事になり…。

ゾンビのせいで穏やかな生活が一変してしまったアラサー女子たちの奮闘っぷりを面白おかしく描いていく、新感覚のブラックコメディ作品です。

 


スポンサーリンク


 

ゾンビが来たから人生見つめ直した件(ドラマ)見どころ

ドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の見どころをチェックしていきましょう。

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』というタイトルの通り、小池みずほをはじめとするアラサー女子3人がゾンビと遭遇したところから、新たな生き方を見出していくまでの過程が大きな見どころになっています。

小池みずほたちが“ゾンビに○○をやってきた”というようなゾンビがテーマとなっている動画を発見した事がきっかけになり、ゾンビ襲来で絶望感漂う現状を一変させるための行動に打って出ます。

原作が存在しない作品になりますので、ストーリー自体のネタバレをする事はできないのですが、動画の内容を参考にして、ゾンビの撃退方法を思いつくかもしれませんし、小池みずほたちが率先してゾンビ動画を上げる事になるかもしれません。

とにもかくにも、SNSが浸透している現代ならではのエピソードがふんだんに散りばめられる可能性が高くなっていますから、SNSをやっている皆さんにとっては共感しやすい作品になるのでは?と期待しています。

ゾンビが来たから人生見つめ直した件(ドラマ)最終回結末

ドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の最終回結末はどのような展開になるのでしょう?

見どころのコーナーでご紹介した通り、本作は原作が存在していないオリジナル脚本の作品ですから、クライマックスの内容は最終回当日までのお楽しみ、という事になります。

ただ、主人公の小池みずほたちがゾンビに立ち向かう事で自身の生き方を見つめ直す、という作風になっていますので、3人のアラサー女子が抱える悩みを一気に解決していく最終回が用意されているのでは?と予想しています。

原作が存在していない分、ネット上にネタバレが出回る事はありませんから、最終回の内容を推測しながら、ストーリーの行方を追っていく事をおすすめします。

 


スポンサーリンク


 

ゾンビが来たから人生見つめ直した件(ドラマ)原作・脚本

原作が存在していないオリジナル脚本のドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の脚本家をご紹介します。

脚本:櫻井智也

長寿刑事ドラマ『相棒』の脚本を手掛けた実績を持ち、『ヘブンズコール』というラジオドラマで平成24年度文化庁芸術祭賞ラジオ部門・優秀賞を獲得している劇作家・櫻井智也さんが本作で地上波連ドラの脚本家デビューを果たします。

【主な脚本作品】

  • ただいま母さん(2013年2月)
  • 相棒15(2016年)
  • 越谷サイコー(2018年)

 

お恥ずかしい話ですが、連続ドラマの脚本を書くのはこれが初めてになります。
なので、ノウハウも力の抜きどころも分からず、書き進めるうちに「一人で勝手に途方に暮れる」時間というものが度々襲いかかってきまして、その都度「これはもう駄目だ」「できる訳が無い」などと思ったものですが、そんな時に文字通り「前を向かせてくれた」のは僕が書いてくる台本を面白がってくれる尾崎さんや松川さん、梛川さん、たまに中野さんと愉快な野口くんでした。

「とりあえず、あの人たち(だけ)に向けて全力で投げつけてみよう」
何が正解で何が間違ってるかなんて分からないけど、あの人達が面白がってくれればそれが正解なんだ、そこにのみ集中しよう、そう思うことで「やる事は絞られた」となりまして、なんとか最終回まで書き上げる事ができました。

だから、脚本を書いたのは僕ですけど、僕の気持ちとしては
脚本:「NHK ゾンビ班 feat. たまに中野と可愛い野口」 と記載してほしいぐらいです、ごめんなさい、やっぱり嫌です、嫌ですけど、心根はそこにあります。

内容について全く触れていませんが、僕がそこについて語るのは野暮かなと思うので、取り急ぎ心情面だけを記させて頂きました。

「僕たちの面白い」が皆さんにとっての「面白い」にも繋がりますように、それだけが今は、何よりの願いであります。

引用:ドラマのみどころ | ゾンビが来たから人生見つめ直した件

ゾンビが来たから人生見つめ直した件(ドラマ)基本情報

ゾンビが来たから人生見つめ直した件
2019年1月19日(土)スタート(全8回)
NHK総合 毎週土曜日 午後11時30分~午後11時59分

原作 :オリジナル
脚本 :櫻井智也(ドラマ『相棒』『越谷サイコー』)
音楽 :サキタハヂメ(アニメ『M3〜ソノ黒キ鋼〜』ドラマ『フランケンシュタインの恋』)
小山絵里奈(映画『のぞきめ』ドラマ『ポルノグラファー』)
演出 :梛川善郎(朝ドラ『べっぴんさん』『純と愛』)
中野亮平(朝ドラ『べっぴんさん』『あさが来た』)
野口雄大(ドラマ『恋する日本語』)
制作統括:松川博敬(ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』大河ドラマ『おんな城主直虎』)
プロデューサー:尾崎裕和(朝ドラ『あさが来た』『マッサン』)

深夜ドラマという分類でありながら、朝ドラ『べっぴんさん』を手掛けた梛川善郎さんなど、NHKの長編ドラマを担当した経験を持つキャリア豊富なスタッフが顔をそろえているところも『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の特徴になっています。

ゾンみつ(ドラマ)キャスト一覧と相関図!土村芳らが主演で主題歌は誰?

2019.01.18

マハロ♪

 


スポンサーリンク


 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

driptime ラニ

こんにちは!ドリップタイム運営者のラニです^^今回の記事はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけましたか?ドリップタイムでは、世間を騒がす最新ニュースや気になる人物、話題性のある情報など、忙しいあなたがホッと一息ついたときに、サラッと読める記事をご提供いたします。憩いのひと時をドリップタイムでお楽しみください!